「終わらざりし物語」上下 J.R.R.トールキン

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
「指輪物語」の世界にまつわるJ.R.R.トールキンの遺稿を、息子のクリストファー・トールキンが編纂したもの。
決して完全なものではないですし、むしろ断片的で矛盾を感じる部分も沢山。あの完全主義のトールキンのこと、生きている間だったらまず発表しないような段階ですし、実際クリストファーも、父親が生きていたら「本書に載せた物語のうち比較的仕上がっているものでも、さらに十分な手を加えた後でなければ、人目にさらすなど思いもよらなかっただろう」と書いています。でもそういう矛盾点すら、その神話的世界の真実味を増しているように思えるんですねえ。というのは、ファンの欲目でしょうか。(笑)
上巻は「シルマリル」の時代の物語が多くて、実際「シルマリルの物語」で読んだものと重なる部分も多かったんですが、下巻になると「指輪物語」に直結するエピソードが多くなります。そもそもガンダルフがなぜビルボに目をつけたか、という「ホビットの冒険」の裏話のような話があったり、裂け谷でのエルロンドの会議でガンダルフが語った指輪の歴史をもっと詳しくしたものがあったり。さらにガンダルフやサルーマンといった「イスタリ」(魔法使い)についてや、遠くを見ることができる石「パランティーア」についての文章も。

小説として読むには断片的すぎると思いますが、これを読むと「指輪物語」世界がさらに広がり、深くなります。刊行された当初は、あまり読む気がしなかったんですけど、やっぱり読んで良かった。あ、先に「シルマリルの物語」は読んでおいた方がいいと思いますし、「シルマリル」を楽しめた人限定でオススメなんですけどね。ということで、トールキンはコンプリート。指輪物語関連は、あと1冊関連本を読もうと思ってますが、それで一区切りかな。やっぱり楽しいです、この世界は♪(河出書房新社)


+既読のJ.R.R.トールキン作品の感想+
「農夫ジャイルズの冒険 トールキン小品集」J.R.R.トールキン
「妖精物語の国へ」「妖精物語について」J.R.R.トールキン
「シルマリルの物語」上下 J.R.R.トールキン
「ビルボの別れの歌」「指輪物語『中つ国』のうた」J.R.R.トールキン
「ブリスさん」「サンタ・クロースからの手紙」J.R.R.トールキン
「仔犬のローヴァーの冒険」J.R.R.トールキン
「ホビットの冒険」上下 J.R.R.トールキン
「指輪物語」J.R.R.トールキン
「サー・ガウェインと緑の騎士」J.R.R.トールキン
「終わらざりし物語」上下 J.R.R.トールキン

+既読の指輪物語関連作品の感想+
「トールキン神話の世界」赤井敏夫
「トールキンによる『指輪物語』の図像世界」W.G.ハモンド/C.スカル
「トールキン指輪物語事典」デヴィッド・デイ
「図説 トールキンの指輪物語世界 神話からファンタジーへ」デイヴィッド・デイ

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「終わらざりし物語」上下 J.R.R.トールキン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.