「タイタス・グローン」「ゴーメンガースト」マーヴィン・ピーク

Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
石造りの城・ゴーメンガーストの周囲には<外>の民のあばら家が、貝がらのようにびっしりと張り付いており、それがこの世界の全て。そのゴーメンガーストの現当主は76代目のセパルクレイヴ。城での生活は、数限りない儀式によって支配されており、老書庫長のサワダストだけがただ1人、それを理解し取り仕切っていました。そしてその日の朝、77代目伯爵となる菫色の瞳をしたタイタスが生まれます。

先日「行方不明のヘンテコな伯父さんからボクがもらった手紙」の感想で読みかけだと書いたゴーメンガースト3部作、最初の2冊をようやく読み終わりました。
これはトールキンの「指輪物語」と並んで、20世紀のファンタジーの最高峰と言われている作品なのだそう。でもその雰囲気は、正反対と言ってもいいほど違うんですね。「指輪物語」は、その後のファンタジー作品に多大な影響を与えてるし、実際追随する作品がとても多いんですけど、こちらの作品はとにかく独特。並大抵の作家じゃあ、こんな作品に追随する作品なんて書き上げられないんじゃないかしら。全編、陰鬱で重厚な雰囲気。暗くて重苦しいゴーメンガースト城の情景が、質感も含めて、周囲に浮かび上がってくるよう。しかも登場人物たちがまた、揃って個性的... というかアクが強いんです。どうやら美しい人間は1人もいないようで、それぞれに醜さが強調されてるんですけど、それが作品の雰囲気と相まって、ものすごく印象的なんですよね。マーヴィン・ピーク自身による挿絵も異様な雰囲気を醸し出してました。そしてこの作品、展開がとても遅いです。シリーズを通して、主人公は多分タイタスだと思うんですけど、1冊目が終わった時点で、まだ2歳ですから。(笑) でもその展開の遅さが逆に、ゴーメンガースト城をめぐる悠久の時の流れを感じさせます。
きっと絶賛する人は絶賛するんでしょうねー。という私は、絶賛というほどではなかったです。が、それでも読んでから時間が経てば経つほど、場面ごとの印象が鮮明になりそうな作品ではありました。でもとにかく読むのにパワーが... 本当は3冊まとめて感想を書きたかったんですけど、3冊目はやっぱりもうちょっと時間を置いてから読むことにします。ちょっとぐったり。(創元推理文庫)


+既読のマーヴィン・ピーク作品の感想+
「行方不明のヘンテコな伯父さんからボクがもらった手紙」マーヴィン・ピーク
「タイタス・グローン」「ゴーメンガースト」マーヴィン・ピーク

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「タイタス・グローン」「ゴーメンガースト」マーヴィン・ピーク へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

この作品は、ぜんぜん知らなかったです。
わりと古い作品なんですね。

検索してみると、2000年からBBCが映像化して、それがとても評判が高いらしく、リバイバルも起きてる模様。
面白そうなんで、DVDから入ってみようかな。

あらすじからすると、ファンタジーというより、大河物語と呼ぶべきようなもののように思えました。

四季さんが読んでおられる本たち。
じつは、見えない新ジャンルを形成しているなあといつも思います☆
この世界とは異なる、ひとつの世界…ある原理に基づいて、マクロからミクロまで出来上がった世界…そこで栄枯盛衰する人々と出来事。

まだ名づけられず、明確に指摘されてもいないジャンルですが、
「語り」の新しい手法として確立しつつあるように思われます。
たぶん、映画というジャンルが出現して、「語り部」をカメラに置き換えたことと、何か関係がある、新しい語りの手法。
「小説」の次に来るもの(すでに来ているものw)。

あ、そうなんです、結構古い作品なんです。
「指輪前」「指輪後」なんて言葉が作れそうな指輪物語と比べると、日本ではあまり知名度は高くないみたい。
多分ね、日本では扱いに困ったんじゃないかなって思うんですよ。
一応ファンタジーに分類されてるようですが、特にファンタジー的要素があるわけでもないですし…
そうそう、DVDもあるようですねー。
でもこの作品って、まずゴーメンガースト城ありきなんですよね。
いったいあの重厚で陰鬱で壮大な城の雰囲気をどこまで再現できるんだろう…と、ちょっと考えてしまいます。
と言いつつ、やっぱり見てみたいのですが。(笑)

えっ、見えない新ジャンルですか!?
>この世界とは異なる、ひとつの世界…ある原理に基づいて、マクロからミクロまで出来上がった世界…そこで栄枯盛衰する人々と出来事。
確かに、こういう作品はものすごく好きなのです。
overQさんが仰ってるのは、いわゆるハイ・ファンタジーとはまた違うんですよね?
わー、そのお話、もう少し詳しくお聞きしたいです。
そんな風に見えてるとは、想像もしてなかった。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.