「田園幻想譚」ハンス・ファラダ

Catégories: / /

[amazon]
市の参事官・アージオの書記として、朝から晩までせっせと書類を書き写しているグントラム・は、毎日の味気ない仕事の連続にうんざり。そんなある日、グントラムは年上の書記・ブーボに話しかけられて驚きます。ブーボは天涯孤独だと思い込んでいたグントラムに、実は裕福な親類がいることを明かし、窓から入ってきたスズメをグントラムの姿に変えてグントラムの仕事をさせると、グントラムにスズメの姿になって田舎の親類の元まで飛んでいくようにと勧めたのです。

登場人物たちが、本物の人間なのか本当は鳥なのか分からなくなってしまう可愛らしいファンタジー。以前読んだ「あべこべの日」(感想)は、正直あまり面白くなかったんですけど、こちらは結構楽しかったです。正義が勝つわけでもなく、努力する者が報われるわけでもなく、だからといってハッピーエンドにならないわけでもなく、ファンタジーやおとぎ話の文法を無視したような、あと一歩捻るのか捻らないのか予測不能な展開がいいのかも。...とはいえ、読み終わった途端に忘れてしまうような話でもありましたが...。(ハヤカワ文庫FT)


+既読のハンス・ファラダ作品の感想+
「あべこべの日」ハンス・ファラダ
「田園幻想譚」ハンス・ファラダ

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「田園幻想譚」ハンス・ファラダ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.