「魔術師の帝国」上下 レイモンド・E・フィースト

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
1年が終わり、新しい年が始まる夏至の日は、少年たちが1つ歳を取る日でもあり、14歳になった少年たちが大人への第一歩を踏み出す徒弟選びの日でもありました。クライディーのボリク公爵のお城に住む孤児・パグや、パグと兄弟のように育ったトマスも14歳。トマスは武術長官のファノンに指名され、パグは魔法使いのクルガンの弟子となり、それぞれに修行に励むことになります。そして、それから1年半余りがたったある日のこと、トマスとパグは難破船と異国人を見つけます。それは異次元世界・ケレワンのツラニ帝国から、この世界を侵略しようとやって来た人間だったのです。

リフトウォー・サーガシリーズの第1弾。物語は、2つの世界が舞台となっています。1つはパグやトマスが住んでいるミドケニア。そしてもう1つは、侵略者たちが住むツラニ帝国のあるケレワン。2つの世界の行き来は、空間に作られた「裂け目(リフト)」から。

まず感じたのは、「指輪物語」の影響の大きさ。森に住む妖精はエルフそっくりですし、小人もドワーフそのもの。ゴブリンやトロルや竜もいます。力の指輪的な物も存在しますし、その持ち主だった邪悪な存在や、いつから生き続けているのか分からない謎の多い魔法使いも登場。正直、あまりオリジナリティは感じられませんでした。
ただ、「指輪物語」と違うのは、舞台がミドケニアとケレワンという異次元同士の2つの世界ということ。そしていいなと思ったのは、ミドケニアとケレワンがそれぞれに独自の文明を持って発展していて、特に能力差があるわけではないということ。言ってみれば、ミドケニアが中世ヨーロッパ、ケレワンが中国みたいな感じですね。(実際にはちょっと違いますが) どちらが劣ってるとか野蛮人だとか、そういうのではないんです。しかもどちらも普通に人間。どちらにも悪人もいれば善人もいて、それぞれに事情もあって... と書いてると、本当に2つの異次元の世界という設定にする必要があったのか? なーんて思えてきたりもするんですけど(笑)、2つの世界の魔法のあり方なんかはまるで違うので、その辺りも面白かったです。というか、ミドケニアだけで話が進んでた時はそれほどでもなかったんですが、ケレワンの世界が描かれ始めてから俄然面白くなりました。やっぱり異世界ファンタジーは、その世界にどれだけ厚みと奥行きを持たせられるかというのが重要ポイントですね。(ハヤカワ文庫FT)


+既読のレイモンド・E・フィースト作品の感想+
「魔術師の帝国」上下 レイモンド・E・フィースト
「シルバーソーン」上下 レイモンド・E・フィースト

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「魔術師の帝国」上下 レイモンド・E・フィースト へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.