「風の王国 臥虎の森」毛利志生子

Catégories: /

 [amazon]
ツァシューへと向かう翠蘭は、途中、ロ・バクチェ・イーガンが治めるエウデ・ロガに滞在し、ここでリジムやラセル、朱瓔らと合流。毎年エウデ・ロガに薬草摘みにやって来るリュカも現れます。翠蘭やリジムを屋敷に残し、イーガンはリュカや朱瓔、サンボータらと薬草摘みに出かけるのですが、その帰り道に森の民に襲われ、朱瓔とサンボータは崖の下へと転落してしまい...。

「風の王国」シリーズ9冊目。
翠蘭は、今までのような無鉄砲な行動が許されなくなる体調なので、今回はじっと我慢。でも翠蘭が動かないおかげで、逆に周囲の人々の動きに焦点が当てられていて、いつもとは違う楽しみがありました。サンボータと朱瓔にスポットライトが当たっていますし、森の民ヴィンタク族の長・ホルクや巫子・ラミカも魅力的。エウデ・ロガの良民には優しい領主・イーガンの二面性やその原因も、今回は悪役は悪役と切って捨てられないところがいいですね。翠蘭とリジムの周囲で、様々なドラマが同時進行しているという印象でした。いつもみたいな、当時のチベットでの風習で「へええぇ~」と思う部分はあまりなくて残念だったんですが、やっぱり楽しかったです。 (コバルト文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「風の王国」1~4 毛利志生子
「風の王国 月神の爪」毛利志生子
「風の王国 河辺情話」毛利志生子
「風の王国 朱玉翠華伝」毛利志生子・増田メグミ
「風の王国 目容の毒」毛利志生子
「風の王国 臥虎の森」毛利志生子
「風の王国 花陰の鳥」毛利志生子
「風の王国 波斯の姫君」毛利志生子・増田メグミ
「風の王国 初冬の宴・金の鈴」毛利志生子
「風の王国 嵐の夜」上下 毛利志生子
「風の王国 星の宿る湖」毛利志生子

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「風の王国 臥虎の森」毛利志生子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

はじめまして☆
私も風の王国にすごくのめりこんでます(・ω・)
今回は朱瓔とサンボータが婚約と、めでたいですねb
次巻も楽しみですv ゚゚ v

り-あさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
朱瓔とサンボータ、すごく素敵なカップルですよね~。
私もこのシリーズは大好きです。
と言いつつ、「星の宿る湖」から読んでないんですけどね…
一段落つくのを待ってるところです。(で、一気読み~^^)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.