「笑う招き猫」山本幸久

Catégories: /

 [amazon]
ヒトミとアカコは漫才コンビ。大学の時に出会ってから8年、コンビを組んで2年。半年前、売れない芸人たちと一緒に喫茶店でライブをしていた時にスカウトされて、プロに転向。その日の若手お笑いたちのクリスマス・ライブが初舞台でした。しかし2人ともすっかりあがってしまい、客席の凍りつくような無反応に撃沈してしまいます。

第16回小説すばる新人賞を受賞したという、山本幸久さんのデビュー作。山本幸久さんは「幸福ロケット」(感想)がとても良くて、こっちも読んでみようと思ってたんですけど、随分遅くなってしまいました。
アカコやヒトミは有名人になりたくて、その手段として漫才を選んだのではなくて、2人で漫才をやるのが本当に好きで漫才をやっているというコンビ。途中多少波風は立つものの、基本的に自分たちのことがよく分かってるせいか、自分たちの進むべき道に悩むわけでもなく、才能の壁にぶち当たるわけでもなく、芸人の世界のドロドロとした部分に巻き込まれてにっちもさっちも行かなくなるわけでもなく... 初舞台こそ撃沈しますけど、全体を通して見れば、順調すぎるほど順調なんですよね。2人が本調子を出してしっかりやりさえすれば、それだけ客に受けるようになるという感じなのが、ちょっと綺麗事すぎるような気もしましたが...。でも2人のお互いに対する暖かい友情や、マネージャーの永吉や、アカコの祖母の「頼子さん」、自衛隊上がりのヘアメイクアップアーティストの白縫といった面々の暖かい視線に包まれて、気持ち良く読める作品でした。

作品の中で一番印象に残ったのは、終盤、マネージャーの永吉がテレビに出ていた2人についてコメントする場面。やっぱりテレビの方が映える人間、舞台の方が映える人間というのはいるんでしょうね。以前吉本の舞台を見に行った時は、テレビでも見る芸人さんが、舞台でもそのまんまなのにちょっと驚いたんですけど、永吉が言ってる部分は、やっぱり舞台から先に見ないと気がつかない部分なんでしょうねー。ちょっとその辺り、見比べてみたいという興味が...(笑)(集英社文庫)


+既読の山本幸久作品の感想+
「幸福ロケット」山本幸久
「笑う招き猫」山本幸久

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「笑う招き猫」山本幸久 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

お写真の「笑う招き猫」という本を最近ずっと読んでいます。 女の子二人の漫才コンビの話って設定に惹かれて買ったんだけど、 よみはじめてどんどんひきこま... » Lire la suite

Commentaires(2)

四季さん、こんにちは^^

この作品、大好きなんですーっ。
アカコのキャラが最高に好きでした。
あと、この本を読んだ当時
私もこの辺りに住んでいたので
近所のことが出てきたりして
そのあたりも楽しめました^^

かなめさん、こんにちは~。
アカコ、可愛いですね。私は頼子さんが好きだったんです。
アカコと頼子さんもいいコンビでしたよね。

近所が登場すると嬉しいですね! 
土地勘がある場所が登場すると、ぐっと親近感が湧いちゃう。
こういう作品なら、一層楽しめますね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.