「騎士(シヴァルリ)の息子」上下 ロビン・ホブ

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
「技」とよばれる力を持った遠視者一族が治める六公国。地方の貧しい農夫の家で生まれ育った「わたし」は、実は六公国の跡継ぎ・シヴァルリ(騎士)王子の私生児。6歳の時に、その地を訪れたヴェリティ(真実)王子に託されて以来、「わたし」は王家の庇護の下で生きることになります。しかし「わたし」が王都に到着する前に、私生児のことを聞いたシヴァルリ王子は王位継承権を放棄し、子供のいない妻と共に宮廷を去っていたのです。そして、それまで名前のなかった「わたし」につけられた名前は、「フィッツ(私生児)」。祖父でもあるシュルード(賢明)王に対して絶対的な忠誠か死の二者択一を迫られたフィッツは忠誠を選び、昼は厩舎の仕事を手伝いながら読み書きや武術を教わり、夜は密かに暗殺者としての技を伝授されることに。

ファーシーア一族のシリーズ第1弾です。
この本を読みたくなったのは、積読山脈造山中のうさぎ屋さんのこの記事がきっかけ。「影のオンブリア」も「デイルマーク」も読んでるんですけど、「ファーシーアの一族」って、何? 初耳!状態だったんです。「影のオンブリア」(大好き~~)と一緒に挙げられてるなんて、それだけでも気になっちゃうじゃないですか。調べてみたら「騎士(シヴァルリ)の息子」「帝王(リーガル)の陰謀」「真実(ヴェリティ)の帰還」の3部作で全6巻が刊行済のようだったので、とりあえず「騎士の息子」2冊を購入。

いやー、面白い。こんな面白い作品があったのに、題名すら知らなかったとは迂闊。 ...や、言われてみれば、この本が出た時に書店で平積みになってるのを見たような気もするし、他のサイトさんで感想を読んだことがある気もするんだけど... ファンタジー好きとは言っても、また読み始めたのってここ2~3年のことだし、新刊はあまりチェックしてないんですよね^^;。
フィッツがいかにも薄幸な少年のせいか、それとも少年時代を思い起こしている今のフィッツが幸せそうじゃないせいか、全体的に雰囲気は暗いし重いし、「技」とか「気」といった力はあるんですけど、まあこれは基本的にテレパシーのようなものなので、それほど派手さもないんです。冷静に考えてみると、権謀術数渦巻く宮廷に投げ込まれた孤独な少年、なんてそれほど目新しい設定でもないんですけど、でもやっぱりこれはイイ! 面白い! でも、どこがいいか書こうとしても、もうほんとありきたりの言葉になっちゃうのがもどかしーい。重厚でリアルな世界観? 個性的な人物たち? 日々の生活の細やかな描写? そういうのももちろんあるんですけど、一番肝心のところを全然言い表せてないような...。
新年明けてから面白い本ばかりなんですが、没頭度ではこれが一番だったかも。続きも急いで買ってこなくっちゃ。(創元推理文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「騎士(シヴァルリ)の息子」上下 ロビン・ホブ
「帝王(リーガル)の陰謀」上下 ロビン・ホブ
「真実(ヴェリティ)の帰還」上下 ロビン・ホブ

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「騎士(シヴァルリ)の息子」上下 ロビン・ホブ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

おおお!「ファーシーアの一族」も読まれたのですね。
これ、四季さんも書かれてる通り暗いイメージがあってどうもわたしの好きな雰囲気じゃないのですが、面白いです。
言葉で言い表せない雰囲気・・・ありますあります!
続編も読もう読もうと思いつつ、引越しやらなにやらでうやむやに読みかけのまま図書館に返しちゃった。
この記事で思い出しました。
・・・こうやって読みたい本がうずたかくなっていく~。あわあわ。

nineさんも読んでらっしゃったんですね~。
いや、ほんと面白いです! こんなに面白いとは思いませんでしたよ。迂闊~。
結局続編を買いに走って、順調に読み進めてます。
思い出したのをいい機会に、nineさんもぜひご一緒に♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.