「新世界」柳広司

Catégories: /

 [amazon]
その日訪ねて来たのは、アメリカの出版代理人だと名乗る男。男が分厚い英語の原稿を取り出し、日本で出版したいと言い出したのを見て、柳広司は苦笑します。てっきり自作の小説を英語で出版する話を持ってきたのだと思い込んでいたのです。男の説明によると、その原稿は、「原爆の父」ロバート・オッペンハイマーが、親しかった友人の眼を通して書いたという遺稿。1945年8月、終戦に沸くロスアラモスの町で開かれた戦勝記念パーティの後、1人の男が殺された事件について書かれたものだったのです。

お初の柳広司作品。頂き物です。ありがとうございます~。
原爆が生まれたという砂漠の町・ロスアラモスの名前は知ってましたが、名前を知ってる程度だったので、すごく興味深く読みました。へええ、こんな風にして原爆は作られたのですかー...。あ、もちろんこの作品は原爆や戦争を肯定するものではないですし、ナチスによる人体実験ももちろん認めてないんですけど、それでもやっぱり新しい知識や発明に対する科学者(医学者でも)の情熱(狂気)って、そこに通じるものがありますよね。怖い。人間として何が正しくて何が正しくないのかという命題は、やっぱり科学の進歩とは相容れないものなんだなあ、なんてしみじみ思ってしまいます。なので「面白かった」とは簡単に言いがたいんですけど...(気持ち的にね) 読み応えのある作品だったし、原爆を作り出した人々の中には、ナチスを逃れてアメリカに亡命せざるを得なかったヨーロッパ出身の物理学者たちも多く含まれていたということを認識しただけでも読んだ甲斐がありました。...あ、でも一応殺人事件は絡んでるんですけど、ミステリ部分は脇役ですね。主役はあくまでもあちらかと...(角川文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「新世界」柳広司 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.