「ダークエンジェル」メレディス・アン・ピアス

Catégories: / /

4150201021.jpg [amazon]
ダークエンジェルは、若く美しい乙女をさらって花嫁にしては、その魂と血を抜き取るという吸血鬼。その13番目の花嫁となったのは、エイリエルの美貌の主人・エオドゥインでした。エイリエルと一緒に、従姉妹の結婚式のための花を山の上に摘みに行った時、ダークエンジェルに攫われたのです。一旦山を降りるものの、エイリエルはエオドゥインの復讐をするため、もう一度山を登ることに。そして13人の魂を抜かれた花嫁の侍女としてダークエンジェルに攫われることになるのですが...。

まー、なんて可愛らしいお話なんでしょー。本の感想にはあまり書かないようにしてるんですが、まさに「少女漫画みたい」という言葉がぴったりの作品でした... ものすごーく絵にしやすそう。しかもちょっと昔の少女漫画に実際にありそうな雰囲気。でもライオンが出てきたり湖の白い魔女と戦ったりという部分はナルニア的だし、ヴァンパイアが羽を持って空を飛ぶことからイカロスと呼ばれていたり、湖の魔女がローレライと呼ばれてるところは、なんだかタチの悪いパロディみたい...
なんて思いながら読み進めてたんですが、途中でこの世界の成立ちや神々について書かれている部分があって、そこを読んだ途端、印象が変わりました。オケアヌスと呼ばれる星(多分地球... でもって、この世界の舞台は月)から炎の車に乗ってやって来たラヴェンナと呼ばれる古き神々が地上に空気や水、そして生命をもたらしたこと、このラヴェンナが星馬や太陽のライオンなど世界の守護者を創り出したこと、しかしオケアヌスでは大いなる戦いと疫病が起こり、そのため炎の車は来なくなったこと、そのためこの世界の環境は次第に変わり始めたこと、ラヴェンナはドームの街に入り、そこは封じられて外の世界との接触が絶たれたこと... なかなか興味深かったです。これは未来の地球の物語でもあるのでしょうか。これこそが、メレディス・アン・ピアスとしてのオリジナルな部分なんでしょうね。(メインの部分はユングの患者の幻覚からインスピレーションを受けてるそうだし、あまりオリジナリティがないと言ってもよさそう) この辺りをもっと前面に出してくれればいいのにな。
アメリカではこの作品が好評で、早速3部作として続編も書かれたのだそう。続編では一皮剥けているのかな? 一歩踏み出すだけで、ものすごく魅力的な世界を見せてくれそうな気配が感じられるので、もしそうなら読んでみたいものです。どうやら日本語には訳されてないようですが...。(ハヤカワ文庫FT)


+既読のメレディス・アン・ピアス作品の感想+
「ダークエンジェル」メレディス・アン・ピアス
「炎をもたらすもの」「闇の月」「夏星の子」メレディス・アン・ピアス

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ダークエンジェル」メレディス・アン・ピアス へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

吸血鬼ものなのに可愛らしいだなんて、なんか不思議~。
妖しさ指数は如何ほどですか?
有名どころからアイテムを拝借してるかと思えば、
世界設定は案外きちんとしてるんですね。
「少女漫画みたい」ということは、
イメージしやすくて読みやすそうなのかな。
早速「My吸血鬼ものリスト」に追加しなくちゃ( ..)φメモメモ

うん、ものすごーくイメージしやすいです。
絵がどんどん浮かんできます。下手したらコマ割も。(笑)
これ、中学とか高校の頃に読んでたら、もっと楽しめたんじゃないかなあ。
ええと、妖しさ指数はあまり高くないと思うんですが(吸血鬼は絶世の美少年ですが!)
sa-kiっちは吸血鬼物お好きだし、そういう意味では一読の価値があるかも。

それより井辻朱美さんの訳者あとがきが…!
漫画家さんは、本を読みながら必ずリアルに視覚化するので、常に映画を見てる感覚なんだそうですが
井辻さんはそれを知って仰天して、苦労してそういう読み方を身に着けたのだとか。
…その「仰天して」「苦労して」に、逆にびっくり。
私も常に脳内映画状態なんですけど…(逆に映画状態にならない作品が苦手とも言えるかも)
井辻さんがそういう読み方じゃなかったなんて!
他のジャンルならともかく、ファンタジーなんですよ!
作品そのものより、その辺りのインパクトが強かったです。(笑)

おぉ、絶世の美少年!(じゅるりっ)
妖しさ指数が多少低くても、美少年ならOKです。

井辻さんの「読み方を身に着けた」話はびっくり!
それも苦労してだなんて。
私も常に脳内映画状態ですねぇ。
たまーに脳内漫画状態のこともあるけど。
作家さんの描写力が一定のレベルに達していれば、
読者側は意識しなくてもそうなっちゃうものだと思ってました。
もしかして、井辻さんって映画やTVアニメを
あまり見ない子供だったとか?

うふふ、やっぱり美少年ですね。^^
でもあんまり期待しすぎないようにして下さい。(笑)

ねね、井辻さんの話、びっくりでしょ!
やっぱりsa-kiっちも常に脳内映画状態ですよね。うんうん。
あー、映画とかTVアニメとか、そうかもしれないですねえ。
…私はアニメは全然見てなかったんですけど、その分漫画を読んでたし?(笑)

井辻さんの作品は十分映像的なのに。だから尚更不思議なんですよねえ。
(あら、こんなところに「フシギとあやし」が・笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.