「暗黒神のくちづけ」C.L.ムーア

Catégories: / / /

4150101396.jpg [amazon]
ジョイリーの女領主・ジレルが征服者ギョームに敗北を喫します。兜を取ったジレルの美貌に見とれたギョームにくちづけを強いられ、怒りに駆られるジレル。ギョームを倒す武器を手に入れるために地下牢を抜け出し、城の地下からひそかに通路が通じている地獄へと向かうことに... という表題作「暗黒神のくちづけ」他4編の連作短編集。

ハヤカワ文庫SFに入ってるんですが、これはSFではなくファンタジー作品ですね。舞台となっているのは中世のヨーロッパ。5つの短編のそれぞれで、主人公が超常的で、人間の力の及ばない場所に行き、それでも何とか自分の力で切り抜けていくというパターン。ヒロイック・ファンタジーならぬヒロイニック・ファンタジーです。
ヒロインのジレルは、どうやらスタイルはいいみたいなんですけど、あんまり女っぽくありません。赤毛の短い髪と金色に燃える眸、男に負けない大柄な体、そして男以上の獰猛さを持つ女性とあるので、かなり迫力の怖いおねーさんですね。男なんて全然目じゃないので、「暗黒神のくちづけ」では無理矢理キスされて怒り狂ってます。だからといって、いきなり地獄にまで行かなくても... なんですが、地獄の情景はとても良かったです! 3編目や4編目で訪れる魔法の国や暗黒の国の描写もとても魅力的。こういう描写が素敵な作家さんなんですねー。...ただ、無理矢理キスされて、逆にその相手がなんだか気になってきたわ~的な展開は、ちょっと気になったんですが... それに全編通してキスぐらいしか出てこないのに、妙にエロティックな雰囲気なのはなぜ。
思った以上に面白かったんですが、イラストが松本零士氏なんですよね。この方のイラストの女性って、どうしてこんなに全部メーテルなんだろう? ジレルとはイメージがちがーう。しかもジレルの髪は短いってあるのに、相変わらずの長い髪の女性の絵なんです。なんだかなあ。(そういやこの表紙の絵は誰なんだ?)(ハヤカワ文庫SF)

| | commentaire(5) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「暗黒神のくちづけ」C.L.ムーア へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(5)

うへへ。ついにそこに到達したか。。。早川のほかの松本先生が挿絵書いてるのを探しては?その時代の早川は訳者に訳者がそろってまして、あとがきとかかなり笑えるかと。。。(^^♪

訳者に役者だ。。。連投すまそ。(ーー;)

師匠、レスが遅くなってしまってごめんんさいー。
えっ、「ついに」ですか? そういう位置づけになる作品?(笑)
本当はSFの方にはそれほど手を伸ばしたくないんですけど
ハヤカワ文庫FTができる前は、ファンタジー作品もSFの方に入ってたみたいですね。
おっ、訳者に役者が揃ってるというのは気になりますねえ。
でもこの方の絵は実はとても苦手なので… 今回もとにかく絵がツラかったです。(^^ゞ

C・L・ムーア&松本零士と言えば、やっぱり『大宇宙の魔女』のシャンブロウですよ。

あっちは、エロチックな内容とちょっとチープなスーペースオペラな設定が、松本氏のいつものあの絵に以外にマッチしていましたよ。

みすもとさん、こんにちはー。
C.L.ムーア&松本零士の組み合わせってかなり多いんですか?
いや、この人の作品を読んだのは初めてなもので…(^^ゞ
アマゾンで見てみると「大宇宙の魔女」は、SFでもファンタジー色が強そうですね。
ということは、私にも読めそうです。探してみますねー。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.