「梅安乱れ雲」「梅安影法師」池波正太郎

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
雨宿りに飛び込んだ小屋で、かつての恩師の死のきっかけとなった男を見かける短編「梅安雨隠れ」、梅安を裏切り者として制裁しようとする白子屋菊右衛門が大坂から江戸に仕掛人を送り込み、自らも江戸へ赴くことになる「梅安乱れ雲」、白子屋残党が各方面から梅安を狙う「梅安影法師」。

短編の「梅安雨隠れ」は「梅安乱れ雲」の冒頭に収められているんですが、これだけは独立した作品で、その後からが長編。この「梅安乱れ雲」が、このシリーズのクライマックスですね! 白子屋菊右衛門との因縁の対決。そして「梅安影法師」がその余韻。この辺りはずっと話の続いている長編のような感じでもあります。なんで「雨隠れ」をここに入れたんだろう? 前の巻に入れてしまえば良かったのに... と思ったら、前の巻「梅安針供養」も長編だったのでした! そうそう、話はここからもずっと続いていたんでしたね。...まあ、それを言ったら、シリーズ全作品続いているとも言えるのだけど。(笑) でもこの辺りは長編ならではの話の絡み具合と盛り上がりぶり。いや、いいですねえ。特に「乱れ雲」の緊迫感はもう堪らないー。
それにしても、白子屋菊右衛門が考え出した仕掛の方法は、梅安の最大の弱点を突くもの。闇の世界は正々堂々となんてしてられないから仕方ないんですが... これはツラい。そして白子屋が「梅安は仕掛人の掟を破った」という理由で殺そうとしているうちはまだ良かったんですが、「藤枝梅安というやつ、表向きは鍼医者をしているが、裏へまわると強欲非道な奴でのう。こいつ、生かしておけば、世のため人のためにならぬ」と言い始めた時はぞぞーっ。色んな意味で怖い台詞...。(講談社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「殺しの四人」「梅安蟻地獄」池波正太郎
「梅安最合傘」「梅安針供養」池波正太郎
「梅安乱れ雲」「梅安影法師」池波正太郎
「梅安冬時雨」「梅安料理ごよみ」池波正太郎

+既読の池波正太郎作品の感想+
お正月休みの間に読んだ本(7冊) (「剣客商売」1~4)
「剣客商売」5~8 池波正太郎
「剣客商売」9~12 池波正太郎
「剣客商売」13~16+α 池波正太郎

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「梅安乱れ雲」「梅安影法師」池波正太郎 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.