「梅安冬時雨」「梅安料理ごよみ」池波正太郎

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
「仕掛人・藤枝梅安」シリーズ、読み終えてしまいました。7巻「梅安冬時雨」は「シリーズ白眉の長編完結を目前に、著者が急逝した痛恨の作品」だそうで、「そろそろ、こちらの仕掛をしてもいいころだ」「いつでもようござんすよ」という、すごーくいいところで終わってしまってます。うわーん。それに、この巻に浅井新之助という往年の剣客が登場するんですが、これが秋山小兵衛に「近世の名人、それも希代の名人は、ただひとり、浅井為斎先生あるのみじゃ」と評されたという人物。既にちょっとした活躍をしてるんですが、この後にもまだ重要な役回りをすることになっていたんじゃないかと思うんですよね。それほど前面に出てないのにものすごく存在感があるので、その辺りが読めないのがすごく残念。シリーズとしてすっごく面白かっただけに、もっともっと読みたかったですー。

「梅安料理ごよみ」は、「剣客商売包丁ごよみ」と同じく、作中に登場する様々な料理を紹介した本。とは言っても「剣客商売包丁ごよみ」のように池波正太郎氏自らが紹介してるわけではなく、佐藤隆介・筒井ガンコ堂両氏によるものだし、レシピも写真も、ましてや絵もないんですが、作中の文章を抜き出して、そこに書かれた料理を紹介するというのは同じ。(私の場合、直接写真を見てしまうよりも文章で読む方がそそられるので、写真がないのは無問題) 「剣客商売」と同じ頃の料理なのに、料理はそれほど重なってないのかな? 新鮮な魚介類が美味しそうでした。海の海水と川の淡水が混ざり合う江戸湾で取れた魚介類には、独特の風味があったのだそうで、それが「江戸前」なんですって。知らなかった。それにはまぐりなんて今じゃあ高級品になっちゃってますけど、アサリとかはまぐりはこの頃は庶民の味だったんだとか。池波正太郎さんのインタビューを読んでいても、ほんと江戸時代のことをよく知ってた人なんだな... というよりもむしろ、江戸時代と地続きで生きてた人なんだなって思いますね。

剣客商売が全19冊、鬼平シリーズが全24冊、梅安シリーズは7冊と、梅安シリーズだけが妙に少ないんですが、これについては池波氏ご自身が語ってらしたようです。「乱れ雲」のあとがきで引用されていました。

「やはりね、そう殺せないわけですよ、金もらって殺すのがね。毎月毎月書くっていうわけにはいかないものねえ。毎月毎月ね、金もらって人殺してることになりますからねえ。そこが書きづらい...。」
「うーん、とにかく書いている小説で、これがいちばん難しいですよ、『鬼平』よりも『剣客商売』よりも。」

なるほどねえ。(講談社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「殺しの四人」「梅安蟻地獄」池波正太郎
「梅安最合傘」「梅安針供養」池波正太郎
「梅安乱れ雲」「梅安影法師」池波正太郎
「梅安冬時雨」「梅安料理ごよみ」池波正太郎

+既読の池波正太郎作品の感想+
お正月休みの間に読んだ本(7冊) (「剣客商売」1~4)
「剣客商売」5~8 池波正太郎
「剣客商売」9~12 池波正太郎
「剣客商売」13~16+α 池波正太郎

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「梅安冬時雨」「梅安料理ごよみ」池波正太郎 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

仕掛人シリーズも「あっ!!」という間に読了しちゃいましたね。さすがです。

このシリーズが絶筆になっているのを知らずに読んだので、あそこで終わってるのを読んで身悶えしちゃいましたよ。なんであんないいところで終わるんかなぁ…殺生な仕打ちです。
池波さんの死が悔やまれてなりません。

隆慶一郎の「花と火の帝」も読みたいのですが、こちらも絶筆なので10年以上様子見しています(^_^;

>江戸時代と地続きで生きてた人
一連の作品は、池波さんが料理と吉原に詳しいからこそ書けたんですよね。言葉で知っているのと自分でそれに近い体験をしてきたのでは天と地ほどの差がありますから。

ちなみに鬼平は持っていませんが、集める気はあります(笑)

あっこさん、こんにちは!
うわー、絶筆と知らずに読んでたら、それはツラいですね…
そう知ってて読んでも十分キツイ場所ですもん。あともうちょっとだったのに。
絶筆の作品は、ほんと手を出しづらいですね。
でも10年以上様子見って… それは、いっそのこと読んでしまった方がいいのでは。(笑)

江戸時代を知ってるのと知ってないのとでは、時代小説の書き方はもちろん、読み方も変わりそうですね。
でも、今調べてみたら、池波正太郎って大正12年生まれなんですね。うちの祖母より下じゃん…
今生きてても全然おかしくない年代なのに! 60代で亡くなってるなんて、早すぎです…。

おー、「鬼平」集めますか!
その時はまた… って、気が早いというより厚かましいですね。^^;
えへへ。

小説家が、殺せないなんて、そんな事言ったら、僕の好きな大藪先生なんて、どうなるの?(笑)

あの人ってば、小説の中で、世界で一番人を殺しているとか、、、<人類滅亡モノとかを除いて。。。

で、実は、僕自身にはモデルがいまして、野獣シリーズの主人公が、それで(笑)、あれほどハンサムでもアレでもありませんが、結構成りきる為のトレーニングは、こなしましたね。ええ。(^^♪

いやー、普通に殺すだけだったらいいんですよ。
仕掛人の場合、「コイツは死んだ方が世の中のため」というヤツを殺すという大前提があって
殺人=悪のはずなのに、一応正義の側とも言える存在なので、その辺りがちょっと複雑なんだと思います。

それにしても、大藪春彦さんってそんなに殺してるんですか?(笑)
私は大藪作品は全然読んだことがなくて、でも、あっと思う作品が大藪春彦賞を受賞してたりしたので
そこから逆に、大藪春彦ってどんな人だろう?なんて気になったりしたんですが…
野獣シリーズですか。読んでみたいような、読むのが怖いような…
(だってなんとなく、内容が想像できるような気がして・笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.