「中世騎士物語」ブルフィンチ

Catégories: / /

 [amazon]
子供の頃から「ギリシア・ローマ神話」でお馴染みだったブルフィンチ。神話関係で有名な人なので、ずっとイギリス人か、そうでなくてもヨーロッパの人なんだろうと思っていたんですけど、実はアメリカ人だったんですねー。「ギリシア・ローマ神話」「中世騎士物語」、あと「シャルルマーニュ伝説」(近々読む予定)の3冊は、どうやらイギリス文学を読もうと考えているアメリカ人のために書かれた本のようです。必要な知識を手っ取り早く得るための本だったのか。道理で、幅広く分かりやすく網羅しているはずです。確かにヨーロッパの文学を読む時は、神話とか英雄伝説といった基礎知識があった方が絶対いいですものね。あと聖書も。...本書の訳者の野上弥生子さんも、この本や「ギリシア・ローマ神話」を訳したのは、「西欧の芸術文化を理解するにあたって、なくてはならない知識を一般に与えたいためであった」と書かれていました。確かに騎士道物語や英国における英雄伝説に関する幅広い知識が得られる本書は、入門編にぴったり。

以前、同じブルフィンチの「新訳アーサー王物語」を読んだ時は、その浅さに正直がっくりきたんですが、これはなかなか面白かったです。まず冒頭には、中世英国の歴史。社会的な状況や当時の騎士に関する簡単な説明があって、シェイクスピアで有名なリア王なども登場。次はアーサー王伝説。これが本書の中心ですね。明らかにマロリーの「アーサー王の死」を元にしたと思われます。そして、アーサー王伝説も登場する中世ウェールズの叙事詩「マビノジョン」。「アーサー王の死」はもちろん、「マビノジョン」も去年読んでいるので(記事)、特に目新しい部分はなかったんですが、それでも楽しめました。そして最後に「英国民族の英雄伝説」の章では、「ベイオウルフ」「アイルランドの勇士キュクレイン」「油断のないヘレワード」「ロビン・フッド」という4人が簡単に取り上げられています。この章に関してはごくごく簡単な取り上げ方なので、特にどうということもないのですが... ウォルター・スコットの「アイヴァンホー」にロビン・フッドが登場してると知ってびっくり。そうだったんだ! 迂闊にも全然知りませんでした。うわー、ロビン・フッド大好きなんです。これはぜひとも!読んでみたいと思います。(岩波文庫)


+既読のトマス・ブルフィンチ作品の感想+
「中世騎士物語」ブルフィンチ
「シャルルマーニュ伝説」トマス・ブルフィンチ

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「中世騎士物語」ブルフィンチ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.