「アーサー王妃物語」ローレル・フェラン

Catégories: / /

 [amazon]
ある晩、自分がグウィネファーと呼ばれる女性になった夢をみたローレル・フェラン。その頃、不眠症治療のために過去世退行セラピーを受けていたこともあり、ローレルはグウィネファーがアーサー王妃グイネヴィアであり、自分の過去世がグイネヴィアその人であることを知ることに。そして数年後、ローレルはグイネヴィアの過去を改めて辿ることになります。その体験の中で知ったグイネヴィアは、思っていたような温和で愛らしい女性ではなく、自尊心の強い、エネルギーが全身にいきわたったような強い女性でした。

アーサー王妃・グイネヴィアの生涯を、自分の過去世として辿ることによって描き出したという異色の物語です。過去世退行セラピーなんていうのも初耳だったし、読み始めた時は、なんかヤバい本買っちゃったかと思いましたが...。(笑)
通常のアーサー王伝説では、グイネヴィアは良くも悪くも女性らしい女性として描かれていて、正直あまり好きじゃないんですが(コイツさえいなければ!と思ってしまうことも多い)、ここに登場するグウィネファーは男まさりの強さと賢さで、自分の中の「女性」を拒否するような女性。指揮官として戦うべく育てられてしまったため、女性としての幸福を知ろうともしません。男性からみたら、ほんと可愛気がなさそうです。でも本当は自分では心の鎧を脱ぐことができなくなってしまっただけの、不器用で真っ直ぐな女性なんですよね。

今までにないグイネヴィアという面が面白かったし、グイネヴィアの生まれ育ったケルトの文化と、アーサー王のキリスト教文化の慣習の違いが興味深かったです。でも、物語そのものには、実際に自分の目で見たリアルな力強さがあるんですけど(やっぱりそのセラピーで追体験したのかなあ?)、肝心のグウィネファーの造形にはあまり深みを感じられず... ランスロットとモーガンに至ってはまるで魅力が感じられないままに終わってしまいました。やっぱりこの辺りは、本職の小説家じゃないからでしょうかー。残念。
ちなみにグウィネファーとは、従来のケルト語、ブリトン語の発音に基づいた読み方をしたグイネヴィアのこと。ランスロットはランシラス、ガウェインはガルウェインという名前で登場しています。...この本には 「グイネヴィア」と表記されてたのでそれを使いましたが、私としては「グィネヴィア」がしっくりきます。細かい。(笑)(角川文庫)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「アーサー王妃物語」ローレル・フェラン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

グウィネヴィアに限らず,アーサー王伝説に登場する女性は苦手です(苦笑)。
皆,情が深すぎる故に,不幸を招いている気がしてなりません。
『アヴァロンの霧』の影響でモルガン・ル・フェイは大好きなんですけどね。

確かに情が深すぎる女性が多いですねー。
ランスロットの周辺は特に、でしょうか? いい男はツライですね。(笑)
でも私も森山さんと同じく「アヴァロンの霧」の影響で、モーガン・ル・フェイは大好き!
「アヴァロンの霧」を読んでしまったから、尚更グィネヴィアがどうしようもなく見えてしまうという面もありますよね。
いや、たとえ読まなくても、グィネヴィアは十分アレ(ってドレ)なんだけど…(笑)

やっぱり名作ですね~。>「アヴァロンの霧」

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.