「アーサー王の剣」エロール・ル・カイン

Catégories: / /

 [amazon]
昔々ブリテンの国に、アーサーという王さまがいました。ある日アーサー王は、湖の姫から、魔法の剣エクスカリバーを授かります。これは何でも願い事の叶う魔法の剣。しかしアーサー王の姉モルガナがその剣を盗みだしたのです。

エロール・ル・カインの描いたアーサー王物語。これは27歳の時の作品で、これがデビュー作となって一流の絵本作家として認められるようになったのだそうです。
湖の姫にもらった剣エクスカリバーに魔法の力があるというのはよくある話ですが(私としては、剣そのものよりも、鞘に魔法の力があるという話の方が好きなんだけど)、ここまで分かりやすい魔法の力があるという話は初めて! なんとアーサー王が命じれば、道も教えてくれるし、雨が降れば雨傘代わりにも、日差しが強ければ日よけにもなるし、時には船にもなってくれるんです。そしてなんと宴席では、つまようじに...! エクスカリバーが楊枝代わりに使われてるなんていやーん。(笑)
落ち着いた色調の絵がとても雰囲気を出していて素敵でした。(小学館)


+エロール・ル・カイン作品の感想+
「アーサー王の剣」エロール・ル・カイン
「サー・オルフェオ」アンシア・デイビス再話 エロール・ル・カイン絵
「キューピッドとプシケー」エロール・ル・カイン
「イメージの魔術師 エロール・ル・カイン」

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「アーサー王の剣」エロール・ル・カイン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

? エロール・ル・カイン 「イメージの魔術師 エロール・ル・カイン 」 ほるぷ出版 さくらももこさんの「憧れのまほうつかい 」を読んで... » Lire la suite

Commentaires(2)

四季さん、こんばんはー。
これはまた変わった色調ですね。綺麗だけど、紫と青と黒って、ちょっと暗め?
でも、そこが四季さんも仰るように、落ち着いてていいのかな。
エロール・ル・カインについて書かれた本の記事をトラバしました。
つまようじになるエクスカリバー、楽しそうですね。笑

つなさん、こんにちは~。
うん、暗いですよね。他の作品とは雰囲気が全然違うし
使ってる色数もタッチも、ほんと別人の絵みたいなんです。
でも、この話にはよく合ってたんじゃないかと。
私が子供の頃一番最初に読んだアーサー王物語の挿絵の雰囲気に少し似てるんですよね…
…って、結局それが大きかったりしてぇ。(笑)

エクスカリバーのつまようじは、「イヤーッ」!!でした。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.