「妖精の騎士タム・リン」スーザン・クーパー再話

Catégories: / /

 [amazon]
スコットランドの王女・マーガレットは、お城の塔のてっぺんの部屋で毎日朝から晩まで、貴族の娘たちと一緒に刺繍をする日々にうんざりしていました。娘たちはただお行儀良くおとなしく座って、身分の高いお金持ちの男性が結婚を申し込みにやって来てくれるのを待っているだけなのです。マーガレットはお城の外に出て、わくわくするような冒険をしてみたくて堪りませんでした。そんなある日、ばあやのお説教にうんざりして部屋から走り出たマーガレットは、そのままカーターヘイズの森へ。この森は、若い娘に出会う呪いをかけて戻れなくしてしまうという伝説の妖精の騎士・タム・リンの森。森に着いたマーガレットが赤い薔薇の花を摘んでいると、そこにはタム・リンが現れます。

スコットランドに古くから伝わるバラッド(民間伝承の物語詩)の1つ「妖精の騎士 タム・リン」をスーザン・クーパーが再話、ウォリック・ハットンの絵で絵本にしたもの。物語そのものは、妖精に囚われていた騎士を1人の娘が救い出すというオーソドックスなものなんですけど、マーガレットとタム・リンの出会いの場面がとても素敵でした。

「なぜ、バラをつむのだ、マーガレット。わたしの許しもなしに」
「カーターヘイズの森はスコットランド王の領地、そしてわたしは王の娘。行きたいところに行き、したいことをするのに、だれの許しもいらない。むろん、バラをつむことにも」

ウォリック・ハットンの絵の色彩が淡いだけに、このバラとか、この後マーガレットがタムから渡されるリンゴの赤い色がとても印象的なんです。妖精の女王が全然魅力的じゃなかったので、ちょっとがっかりしたんですけど、この場面があっただけでなんだか満足♪ スーザン・クーパーは、アーサー王絡みの物語も書いてるようなので、いずれ読んでみるつもり。
ちなみにこの物語では、妖精の女王からタム・リンを救い出すのは夏至の夜の騎馬行列でのこと。普通はハロウィーンかと思ってたんですけど、ここでは違うんですね。救い出す娘の名前も、ここでは「マーガレット」ですが、一般的には「ジャネット」みたいです。(小学館)


+既読のスーザン・クーパー作品の感想+
「妖精の騎士タム・リン」スーザン・クーパー再話
「コーンウォールの聖杯」スーザン・クーパー

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「妖精の騎士タム・リン」スーザン・クーパー再話 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.