「サー・オルフェオ」アンシア・デイビス再話 エロール・ル・カイン絵

Catégories: / /

 [amazon]
ある日、りんごの木の下で昼寝をしていたオルフェオ王の王妃・ヒュロディスは、突然悲鳴を上げて目を覚まします。夢の中に不気味な大王が出てきて、明日王妃を大王の世界へと連れて行くと宣言したというのです。オルフェオ王は早速選りすぐりの騎士たちに王妃を守らせることに。しかし騎士たちに囲まれ、オルフェオ王に手を握られていても、王妃は結局忽然と姿を消してしまうのです。最愛の王妃を奪われたオルフェオ王は、家老に国を任せると、竪琴だけを持って城を後にすることに...。勇敢で慈悲深く、竪琴のたいそう上手だった古のサー・オルフェオの物語。

ケルトの伝承の中に伝えられるサー・オルフェオの物語を絵本にしたもの。ケルトとは言っても、元はどうやらギリシャ神話のオルフェウスのエピソードのようなんですけどね... そういえば、オルフェオとオルフェウス、名前も一緒ですね。2人とも竪琴だけを持って、異界にまで妻を捜しに行きます。違うのは、こちらの王妃は本当に死んだわけではないということ(一応)、そしてハッピーエンドで終わること。(だから私はこちらの方が好き) サー・オルフェオの物語は、色んなところに載ってると思いますが... 例えばJ.R.R.トールキンの「サー・ガウェインと緑の騎士」の中でも読むことができます。
絵柄に特有の縄目模様などが使われて、そこここにケルトの香りがすると思えば、エロール・ル・カインは、アイルランドに伝わるケルトの文様で装飾された古い手書きの聖書「ケルズの書」から、模様や構図を借りているのだそう。道理で、クラシックな雰囲気が素敵なはずです。(ほるぷ出版)


+エロール・ル・カイン作品の感想+
「アーサー王の剣」エロール・ル・カイン
「サー・オルフェオ」アンシア・デイビス再話 エロール・ル・カイン絵
「キューピッドとプシケー」エロール・ル・カイン
「イメージの魔術師 エロール・ル・カイン」

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「サー・オルフェオ」アンシア・デイビス再話 エロール・ル・カイン絵 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.