「キューピッドとプシケー」エロール・ル・カイン

Catégories: / /

 [amazon]
あまりのプシケーの美しさに、人々はプシケーに祈りを捧げるようになり、ヴィーナスの神殿はないがしろにされてしまいます。怒ったヴィーナスは息子のキューピッドに、プシケーをその身分に相応しくない恋の奴隷にするように言いつけるのですが...。

エロール・ル・カインの絵本が続きますが、これは打って変わって違うタッチ。全て白黒のモノトーンで、まるでピアズリーの絵を見ているようです。カラーの絵も綺麗ですけど、これも美しい...。モノトーンにはやっぱり独特の美しさがありますね。白黒写真には独特のニュアンスを感じるし、映画なんかでも、古い白黒の映画の女優さんの美しさには何とも言えないものがありますものね。
ギリシャ神話のエピソードとして有名ですが、出所は多分アプレイウスの「黄金のろば」のはず。(感想) 「プシュケー」は、大学の頃、古代ギリシャ語の授業で一番最初に覚えた単語でした... 「魂」という意味。姉の言いなりで大切な夫の言いつけにそむいたり、自分の美しさを呪っていたはずのプシケーが小箱を覗いてしまうところなど、いかにも浅はかであまり賢くない娘なんですけど、それでもプシケーはなんか可愛くて憎めないんですよね。(ほるぷ出版)


+エロール・ル・カイン作品の感想+
「アーサー王の剣」エロール・ル・カイン
「サー・オルフェオ」アンシア・デイビス再話 エロール・ル・カイン絵
「キューピッドとプシケー」エロール・ル・カイン
「イメージの魔術師 エロール・ル・カイン」

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「キューピッドとプシケー」エロール・ル・カイン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.