「イメージの魔術師 エロール・ル・カイン」

Catégories: / /

 [amazon]
先日「アーサー王の剣」を読んだ時に、日常&読んだ本logのつなさんに教えて頂いた本。エロール・ル・カインの画集とされていますが、むしろムックと言った方が相応しいと思います。エロール・ル・カインの紹介と共に絵が沢山収録されていて、未訳の絵本の絵も見られるのが嬉しいところ。時には純粋に西洋風だったり、時には東洋風のエキゾチシズムたっぷりだったり、その絵柄は自由自在。日本的な絵も描いてるんですよー。日本では出されてないんですが、「竹取物語」にはもうびっくり。まさに日本で描かれた絵本に見えます。まるで弁慶みたいな男性が欄干を上ろうとしている絵なんかもありました。(笑) 中国のお話の絵本は、もう中国の絵としか言いようがないし...。タッチも色使いもまさに、です。シンガポールで生まれ、インドに育ち、その後英国に渡ることになったというエロール・ル・カインの中には、あまり芸術的な国境は存在しなかったのかもしれないですね。
ヨーロッパ的色調の濃いハリウッド映画を見て育ち、そこから様々な影響を受けたというエロール・ル・カイン。「ニールセンやデュラック、ピアズリーの作品を初めて見たとき、それに影響されるというより僕はこう感じました。これは僕の世界だ。前から知っていた世界だと。」「僕はいいところだけをかすめとるカササギみたいなものです」という言葉が印象的でした。その構図の上手さも映画仕込みなのでしょうか。どの作品にも濃やかな気配りがされていて、文章以上に絵の方が雄弁だと言えそうなほどなのがすごいです。しかもこのユーモアセンス、好き♪

折りたたみ部分に並べたのは、今回一緒に読んだ絵本。これだけ画像を並べると壮観~。「サー・オルフェオ」と「キューピッドとプシケー」だけは神話絡みなので独立した記事にしましたが、この辺りも民間伝承がメインですね。「キャベツ姫」だけは、文章も絵もエロール・ル・カイン。
今まで読んだ絵本の中で、私が一番好きなのは「おどる12人のおひめさま」! これはグリム童話です。この話は子供の頃から好きだったんですけど、エロール・ル・カインの絵がまたとても素敵なんです。どれか1冊だけ手元に置いておく絵本を選ぶとしたら、私はこの本を選ぶなあ。あ、でも「キューピッドとプシケー」も素敵だし... どれも捨てがたいですけどね。(ほるぷ出版)


+エロール・ル・カイン作品の感想+
「アーサー王の剣」エロール・ル・カイン
「サー・オルフェオ」アンシア・デイビス再話 エロール・ル・カイン絵
「キューピッドとプシケー」エロール・ル・カイン
「イメージの魔術師 エロール・ル・カイン」
 

 
            

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「イメージの魔術師 エロール・ル・カイン」 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

四季さん、こんばんはー。
わーい、四季さんとこ、ル・カインがいっぱいですね♪ 美しい♪
さて、『12人の踊る姫君』。私は、ニールセン版を読みました(挿絵がニールセンのもの)。
他のお話も入って、「絵本」というには随分厚いのですが、こちらも良かったですよ~。
トラバをしたつもりなのですが、反映されてないですよね? URLに入れておきます~。

つなさん、こんにちは。
わあ、ニールセン版もあるんですね! それも素敵でしょうねえ。
調べてみたら、これは新書館から出てる本なんですね。
新書館って、アーサー・ラッカムの本も沢山出してるし
そういう本に力を入れてるところなんですね、きっと。
これはぜひ見てみたいです。探してみます。ありがとうございます!

トラバ、来てないようです… ごめんなさい。なんでだろう?
URLに入れてくださってありがとうございます。^^

そうそう、新書館です♪
おお、アーサー・ラッカムの絵も美しいですね。

そういえば、『12人の踊る姫君』は対になる本があって、そちらの方が前編になるようです(今度はそちらの本の感想記事のURLを入れました。本のタイトルの一部にNGワードが入ってしまっているため、こんな回りくどい書き方になってしまいました、すみません)。

わーい、四季さんの感想を楽しみにしています♪

わー、NGワードごめんなさい!
最近、何も考えずに適当にいっぱい入れちゃってたんです。
なんと「おしろいとスカート」で引っかかってしまうとは…^^;
外しました。うわーん、すみませんーっ。

で、対になる本があるとは、それは全然知りませんでした。
お話のタイトルを見てもどれも聞き覚えのないものばかり… 知らないお話っぽいです。ワクワク
パウダーとクリノリンについても、なるほどぉ! でした。
早速探してみますね。で、読んだらご報告に伺います。ありがとうございます。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.