「北欧神話」パードリック・コラム

Catégories: / / /

 [amazon]
昔々、今私たちが見ている太陽や月とはまた違う太陽や月があった頃。アースガルドにはオージンやトール、ローキ、フリッダやフレイヤ、その他にも沢山の神々がおり、世界には沢山の人間がいました。しかしある時、太陽や月が狼によって食い殺され神々が滅ぼされる、ラグナリョーク「神々の黄昏」と呼ばれる出来事が起きたのです...。

いわゆる北欧神話であるエッダやスノリのエッダを元に、アイルランドの詩人で劇作家のパードリック・コラムが再話したもの。これは随分前に一度読んでるので、久々の再読です。多少コラムの創作も入っているようですが、少年少女向けだけあって何といっても分かりやすい! アーサー王伝説に関しても、岩波少年文庫から出ていたR.L.グリーン版「アーサー王物語」が、結局のところ一番分かりやすくまとまってたんじゃないかと私は思ってるし、やっぱり岩波少年文庫は侮れません。もちろん、欠落してる部分はあるし、「神々の黄昏」の圧倒的な感じはあまり伝わってこないんですけどね。それぞれのエピソードの繋げ方も分かりやすくていい感じだし、物語冒頭でいきなり神々の黄昏後を語っている構成も面白いんです。
それにしても、神話の中でも北欧神話が特異だと思うのは、いつか来る「神々の黄昏」を皆が知っていたということ。自然に衰退していく神話は多いと思うのですが、これほどはっきりとある日予告通りの終末を迎えてしまう神話も珍しいですよね。 (岩波少年文庫)

| | commentaire(0)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.