「シンデレラ」「不思議の国のアリス」「ウンディーネ」「リップ・ヴァン・ウィンクル」「ピーター・パン」アーサー・ラッカム

Catégories: / / / /

  [amazon] [amazon] 先日エロール・ル・カインの絵本をまとめ読みしてから(記事)、絵の美しい本を無性に読みたくなって、今度はアーサー・ラッカムの本を借りてきました。こちらは絵本というより、普通の児童書ですね。ラッカムの本は、以前ワーグナーの「ニーベルングの指環」全4巻を読んで以来。上に画像を出したのは「シンデレラ」(C.S.エヴァンス編)と「不思議の国のアリス」(ルイス・キャロル)だけですが、他にも「ウンディーネ」(M.フーケー)、「リップ・ヴァン・ウィンクル」(ワシントン・アーヴィング)、「ピーター・パン」(J.M.バリー)を読みました。

「リップ・ヴァン・ウィンクル」と「ピーター・パン」は、1冊の本に40~50枚ものカラーの挿絵が入っていて、それはそれでとても堪能できたんですが... 読んでいて面白かったり、本として好きだったのは「シンデレラ」「ウンディーネ」「不思議の国のアリス」の方かな。絵を見たいだけなら画集を見ればいいんですけど、本として読むからには、絵だけを求めてるというわけではないのでしょう、きっと。特に「ウンディーネ」は、フーケーの原作もとても美しくて哀しい異種族婚礼譚で大好きな話。(感想) ラッカムの絵がまた特別美しくて、その作品にとてもよく似合ってるように思いました。ものすごく素敵~。(右の絵は風に語りかけているウンディーネ)
「不思議の国のアリス」は、本当はジョン・テニエルの絵が有名ですが、ラッカムの絵もいいですねえ。このお話を読んだのも随分と久しぶり。ご存知の通りナンセンスたっぷりのお話なんですが、こまめに注釈がついているのもとても親切で良かったです。作中に変形されて出てくる詩の元の文章とか、駄洒落部分が原文ではどうなってるか、とかね。やっぱり面白いなあ。
そして「シンデレラ」は、上の表紙の画像にもある通りの影絵のような絵ばかり。ラッカムってこういう絵も描いてるんですねー。知らなかった。普段の絵もとても好きなんですが、こういうのも好き~。話はペロー版が元になってるようなんですが、C.S.エヴァンスによって近代的な演出がされていて(シンデレラが実母の死後に寄宿学校に入れられたり)、お話もとても面白かったです。(新書館)

そして絵の美しい本、次回はカイ・ニールセンの予定です。(笑)


+既読のアーサー・ラッカム作品の感想+
「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」リヒャルト・ワーグナー
「シンデレラ」「不思議の国のアリス」「ウンディーネ」「リップ・ヴァン・ウィンクル」「ピーター・パン」アーサー・ラッカム
「真夏の夜の夢」アーサー・ラッカム絵&「テンペスト」エドマンド・デュラック絵
 

 
  

左から「ウンディーネ」「不思議の国のアリス」「ピーター・パン」。
リンク先はamazon.co.jp じゃなくて、amazon.com のアートポスターのところです。

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「シンデレラ」「不思議の国のアリス」「ウンディーネ」「リップ・ヴァン・ウィンクル」「ピーター・パン」アーサー・ラッカム へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

本多 顕彰, ジェームズ・バリ 「ピーター・パン (1953年) (新潮文庫〈第588〉) 」 amazonでは出ませんが、美しい表紙は米倉斉加年... » Lire la suite

Commentaires(2)

絵の美しい本はいいですよね♪
でも、絵本ではなく、「挿絵」としてならば、確かにバランスがある程度必要なのかも。
しかし、自分とこにも書きましたが、話を邪魔するほどの絵って、それはそれで興味が出てきちゃいます。笑
「リップ・ヴァン・ウィンクル」は、英語のリーダーかなんかで、読んだ覚えがかすかにあります。
四季さんみたいに、挿絵繋がりで読むのも楽しそうですね~。

絵の美しい本は、見てるだけで癒されますね♪
でもそうなんですよ、絵本として読むなら、ある程度のバランスが必要かと…
まあ、単にページ構成がよくなかっただけかもしれないんですけどね。(ちょっと記憶があいまいになってます)
ラッカムの絵に字を載せたくないという気持ちも分かりますし。(笑)
つなさんのとこの図書館に蔵書がなくて残念です~。

あ、つなさんとこのレスを見て初めて気が付いたんですけど
アーサー・ランサムとアーサー・ラッカム、似てますね!(笑)
ランサムのシリーズも大好きで、子供の頃によく読んでたんですよ。
舞台となったイギリスの北部に行った時に、地元の人とその話で盛り上がっちゃいました。懐かしいです♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.