「クレティアン・ド・トロワ『獅子の騎士』 フランスのアーサー王物語」菊池淑子

Catégories: / / /

 [amazon]
ポントコートの祝日にアーサー王が催していた宴の席で、騎士・キャログルナンが語ったのは、7年ほど前に冒険を探す旅に出た時のこと。旅の途中、不思議な泉の話を聞いたキャログルナンは、早速そこに向かいます。その泉の水は、大理石よりも冷たいのに煮え立っており、そこにある純金の盥で泉のそばの大きな石に水をかけると、たちまちひどい嵐が起こるというのです。そして話に聞いた以上の凄まじい嵐が起きた後、そこに現れたのは1人の騎士。キャログルナンは泉を守るその騎士と戦い、そして敗れることに。その話を聞いたキャログルナンの従弟の騎士・イヴァンは、翌朝早速その泉を目指すのですが...。

12世紀後半にフランスの詩人・クレティアン・ド・トロワによって書かれたという「獅子の騎士」の初の訳出、そしてその分析と解説をしたという本。
内容的には、以前読んだ「マビノギオン」(感想)の中のエピソードの1つとそっくりで、びっくりしました。中野節子訳「マビノギオン」では「ウリエンの息子オウァイスの物語、あるいは泉の貴婦人」、井辻朱美訳「シャーロットゲスト版 マビノギオン」では「泉の貴婦人」ですね。登場人物の名前は違うんですけど、本筋はあまりに似てるので、クレティアン・ド・トロワがマビノギオンのエピソードを書き直したのかと思ったほど。でもマビノギオンは、14世紀半ばに書き残されたルゼルフの白本とそれより後のヘルゲストの赤本が元になってるし、そもそも作られたのは早くても13世紀らしいんですよね。なのにクレティアン・ド・トロワがこの作品を書き上げたのは、12世紀後半のこと。どうやら直接的な相関関係はなさそうです。もちろん口承文学だし、根っこの部分は同じなんでしょうけどね。でもケルト色のとても強い「マビノギオン」に比べて、クレティアン・ド・トロワの作品は、ケルト色は濃いながらも、それ以上に「宮廷愛」の色の濃いものになっていました。さすがフランス宮廷のために書かれただけあって洗練されてますね。そして読んでいて面白いのは、この「獅子の騎士」の物語と平行して「荷車の騎士ランスロ」の出来事が起きているのが作中で分かること。いくつかの物語の存在が重なって、その世界が重層化していくなんて手法が、この時代の詩人によって使われていたというのがびっくりです。「荷車の騎士ランスロ」も読みたいなあ。(平凡社)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「クレティアン・ド・トロワ『獅子の騎士』 フランスのアーサー王物語」菊池淑子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

こんにちは。
クレティアン・ド・トロワ版読まれたんですねー。
羨ましい。
探しているんですけど,近所の図書館にもないようなのです。
勿論,絶版状態ですし……。

中野節子訳マビノギオンは入手出来ました。
なかなか素敵な装丁で満足しています。
読み応えがありそうで楽しみ。
読むのは少し先のことになりそうですけれども。

森山さん、こんにちは。
お近くの図書館にはありませんかー。
私も、市内の図書館にはなくて、大きな図書館から取り寄せてもらったんです。
こういう本って需要も少ないし、図書館側もなかなか購入しないのかもしれないですね。
まあ、「狂えるオルランド」よりは、ずっと買いやすいはずだけど。(笑)
(これも取り寄せでした)
「獅子の騎士」本文は全体の3分の1ほどで、あとの3分の2は解説でしたが
面白かったですよ。見つかるといいですね。
「マビノギオン」、いい感じでしょう? 私も結局そっちだけ購入したんです。
ぜひ楽しんでくださいね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.