「聖杯の探索 作者不詳・中世フランス語散文物語」

Catégories: / /

[amazon]
聖霊降臨節の前日、カアマロ(キャメロット)に集まっていた円卓の騎士たちが宴の席についた時、そこに現れたのは美しい乙女。乙女は理由も言わずにランスロ(ランスロット)に一緒に来て欲しいと頼み、2人はすぐに馬で出立します。ランスロが連れて行かれたのは、とある女子修道院。そこでランスロは、ガラアドという若者を騎士に叙することに。そして翌日、ランスロがカアマロに帰り着いた時、円卓の「危険の座」には、その日その席に座る主が現れると書かれていました。それこそが、ガアラルの席だったのです。

1180年代初めにクレティアン・ド・トロワが書いた長編韻文物語「聖杯の物語」がきっかけとなり、それから膨大な聖杯物語が作られることになったのだそうですが、この本に収められている「聖杯探索」は1220年にフランスで書かれたという作品。作者不詳とあるんですが、キリスト教のシトー修道会の修道士やその教えを勉強した者によるものと考えられているようです。
聖杯というのは、元々はケルトの大釜。でも、キリストが最後の晩餐で使い、十字架上のイエスから血を受けた器とされるに従って、聖杯伝説もまた、とてもキリスト教色の濃いものへと変化しています。ものすごく教訓的だし、ものすごい禁欲思想なんですよね...。純潔がそんなに偉いのか!と思ってしまうほど。(それとも、そう言いたくなるほど、当時の風紀は乱れていたとか?) この聖杯探索を成し遂げる資格があると神によって認められたのは3人だけ。それ以外の騎士たちは、もう見事なまでに切って捨てられてます。特に気の毒なのは、当代随一の騎士だったはずのランスロ。もう会う人会う人に罪を指摘されて、普通の神経ならこれはうんざりするだろうなあ。信仰心の篤い(単純な)ランスロは、まさかうんざりなんてしないで、悔い改めようとするのですが。(笑)
この作品がシトー派関係者の作だと考えられたのは、この強烈な禁欲思想のためだそうなんですけど、ここまで排他的というか、選ばれたほんの一握りの人しか救われない思想だと、疲れるでしょうね! 大乗仏教みたいなおおらかさが欲しいなー。でもアーサー王伝説の聖杯関係は、多かれ少なかれこんな感じ。この本はとても面白かったんですけど、聖杯の話はちょっと苦手です、私。(人文書院)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「聖杯の探索 作者不詳・中世フランス語散文物語」 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.