「耳猫風信社」「月の船でゆく」長野まゆみ

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
「耳猫風信社」は、「綺羅星波止場」の中に入っている短編「耳猫風信社」を長編化したもの。
日記を買おうとして行き着けの店に行くものの、その日に限ってお店がお休み。仕方なくトアンは隣町に行き、そこで出会ったカシスという不思議な少年に日記帳を買える店を教えてもらい... という物語。短編の時もそうだったんですが、隣町のあの辺りにあるはず、という場所が見つからなくて、トアンとその友達のソラは何度も探し回ることになるんですよね。探していない時はふとした拍子に行けるし、カシスが一緒だったら何の苦労もなく行けるのに。そういう風に、いつでも行けるとは限らない場所という設定はそそります。先日読んだヒルダ・ルイスの「とぶ船」の中で、ピーターが船を買ったお店もそうでした。柏葉幸子さんの「霧のむこうのふしぎな町」に登場するお店にふとした拍子で入った人たちも、そんなことを思うんだろうなあ。あとこの作品は、やっぱり猫ですね。トアンとソラは全然分かってないけど、読者には明らかに分かるので、ニマニマしてしまいます。

で、「耳猫風信社」の中に「月の船でゆく」という映画が登場するので、何か関連があるのかなと思ったんですが、どうやら全然関係なかったようで... 「月の船でゆく」は、17歳の高校生ジャスと、ジャスの拾ったティコという少年の物語。「耳猫風信社」は面白かったし、好きな雰囲気だったんですが、こっちは微妙。最後にちょっとびっくりさせられるポイントがあって、それのおかげで、自分の中では「イマイチかも... → 案外悪くないかな」辺りまで復活したんですけど、どうやらこの辺りに長野まゆみさんの作風の変化の時期があるようですねえ。いずれにせよ、長野まゆみさんの書く女の子は、どうも好きになれないなー。(光文社文庫)


+既読の長野まゆみ作品の感想+
「螺子式少年」「夏至南風」「行ってみたいな、童話の国」長野まゆみ
「夏期休暇」「遊覧旅行」長野まゆみ
「夏至祭」「綺羅星波止場」長野まゆみ
「耳猫風信社」「月の船でゆく」長野まゆみ
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「耳猫風信社」「月の船でゆく」長野まゆみ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

こんばんわ~。
私、哲学科のくせに卒論のテーマが「長野まゆみ初期作品の考察」でした(笑)。
物語の筋が上手いことつながってなかったりするけど、初期のもわわ~んとしたあの湿気と薄明るさ(薄暗さではなしに)は独特ですよね^^。
最近はBLっぽい作風にもかかわらず教科書にも作品が載ったりしてて、おぉすげえなぁと思ったりしてます。

睡さん、こんにちは~。
わー、長野まゆみさんの作品をテーマに卒論ですか。しかも哲学科で!
どんなことを書かれたのか、拝見してみたくなっちゃいます。
うん、初期のあの雰囲気は独特ですよね。薄暗さではなしに「薄明るさ」とは、まさに!その通りですね。
私としては、あの雰囲気のまま保ち続けて欲しかったんですが…。(^^ゞ

えええ、今は教科書にも作品が載ってるんですか。今どきの教科書って楽しそう~。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.