「薄闇シルエット」角田光代

Catégories:

 [amazon]
恋人のタケダくんに突然プロポーズされ、何だか面白くない思いが残るハナ。共通の友人に向かって、「ちゃんとしてやんなきゃってやっぱ思うよね」と言ったタケダくんの得意げな様子に、ハナは違和感を感じていたのです。大学を卒業してから友人のチサトと始めた古着屋の経営も順調。ハナとチサトは37歳にして一国一城の主。同年代の男の子よりも稼いでいるのです。

やっぱり女性にとって結婚というのは1つの分岐点。でもって、この結婚からくるコンプレックスって、一番タチが悪いような気がします。結婚したらしたで、ハナの妹のナエみたいに、なんでも手作りが基本だったお母さんみたいにはきちんとできないっていうのがコンプレックスになって、ちょっとつつかれただけで爆発しそうになってるし、上条キリエのような成功した女性やその取り巻きになると、「結婚なんか興味ないわ」って既婚者を敵視しているところが、逆に「結婚したい」気持ちの裏返しに見えちゃう。どうやったって自分は自分でしかあり得ないんだから、他人と比べたってどうしようもないのにね。それが分かってても、止まらないのがコンプレックス。
そんな中で、ハナだけがマイペース。天下泰平の楽太郎で、周囲がこんな風でなかったら、彼女自身が自ら焦ることなんてきっとなかったんでしょうね。でも、一度自分には何もないと気づいてしまったら、取り残されていると気づいてしまったら。角田さんは、こういった微妙な女性の感情を描くのが上手い方なんでしょうね。ハナのことを自分のことのように読む人も多そうです。すごーく等身大で書かれてるって感じがしました。イタイ人には、これは相当イタイだろう...。

「ま、いっか。歩いてればどっかには着くさ」
これですね、これ。結局はそれでいいのよねー。(角川書店)


+既読の角田光代作品の感想+
「薄闇シルエット」角田光代
Livreに「キッドナップ・ツアー」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「薄闇シルエット」角田光代 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.