「フランス中世文学集1 信仰と愛と」

Catégories: / /

[amazon]
先日ベディエ「トリスタン・イズー物語」を読んだ時(感想)に予告した本がコレ。
キリスト教的教訓詩(?)「聖アレクシス伝」や、フランス最古の武勲詩「ロランの歌」、中世の抒情詩、フランソワ・ヴィヨンの作品の抄訳なんかも入ってるんですが(一応全部読みましたが)、今回のお目当てはトリスタン物語群。この本の中にも、「トリスタン物語」(べルール)、「トリスタン物語」(トマ)、 「トリスタン佯狂」(オクスフォード本)、「トリスタン佯狂」(ベルン本)、「すいかずら」(マリ・ド・フランス)という5つのトリスタンの物語が入ってました。最後の「すいかずら」は、ごく短い詩なんですけど、ベルールとトマのは約3000行と結構長いです。でも断片ばかりなんです。ベルールのなんて、もうすっかり不倫がバレて、トリスタンが王宮への出入りを禁じられた後の場面からいきなり始まるし、トマのも似たような感じ。「トリスタン佯狂」2つと「すいずから」は、もっと後の方のエピソードだけを取り上げたもの。断片というのがすごく残念だったんですが、5つの作品はそれぞれに雰囲気が全然違っていて、読み比べるのが結構面白かった。特にトマの「トリスタン物語」に登場するトリスタンの悩みっぷりったら... アンタはハムレットか!(笑)
こういった断片や、ドイツのアイルハルト・フォン・オベルク、ゴットフリート・フォン・シュトラスブルクの写本を元に、1つの物語として書き上げられたのが、先日読んだベディエの「トリスタン・イズー物語」なんですね。でも当然の話なんですが、このは「フランス中世文学集」なので、ドイツのは入ってないんです。残念。これも合わせて読みたかったなあ。

媚薬を飲んでしまったトリスタンとイズーが恋に落ちるというのは共通の設定なんですけど、驚いたのはその媚薬に期限付きのものがあったこと! ベディエ版は「死が2人を分かとうとも」って感じだったし、私が今まで読んだのは他のも全部そうだったんじゃないかと思うんですけど、ベルールのはなんと3年の期限付きでした。3年間で効果の切れるものしか作れなかったのか、それとも3年も効けば十分だと思ったのか...。手に手を取って森に逃げ込んで、あんなにラブラブな生活を送っていた2人が、3年たった丁度その日に我に返っちゃうんです。で、お互い「あんなに綺麗だったイズーがこんなにヨレヨレになっちゃってー」「私さえいなければ、華やかな騎士でいられたものを...!」とか思って、相手のことを気遣ってるようなことを言って、イズーはすんなり王宮に戻ることになるんですよ。可笑しーい。これじゃあ、メロドラマからいきなりお笑いになってしまうじゃないですか。それでいいのか、トリスタンとイズー!


解説によると、トリスタン物語群には流布本系と騎士道物語系があって、流布本系の方が粗野で荒削り、年代的にも古いもの。騎士道物語本系の方は、洗練された技巧と当時の宮廷風恋愛から解釈し直されている作品なのだそうです。

流布本系...ベルール、ベルン、アイルハルト・フォン・オベルク
騎士道物語本系...トマ、オックスフォード本、修道士ロベール、ゴットフリート・フォン・シュトラスブルク

なるほど、それで雰囲気がこんなに違うわけですね。...でも、いきなり登場の「修道士ロベール」って誰よ...? 名前からしたらフランス人ですかね?
ええと、調べてみたところ、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」は、ゴットフリート・フォン・シュトラスブルクの「トリスタン」が元になってるみたいです。大筋は大体一緒だけど、細かい部分が結構違ってるみたい。そっちも今度読んでみよう。(白水社)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「フランス中世文学集1 信仰と愛と」 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.