「ケルト神話と中世騎士物語」田中仁彦

Catégories: / /

[amazon]
「フェヴァルの息子ブランの航海」、「百戦の王コンの息子、美貌のコンラの冒険」、「メルドゥーンの航海」など、「イムラヴァ」と総称される航海譚に見るケルトの「他界」。それらの物語に描かれる「他界」は、なぜ海の彼方にあるのか、そしてなぜ、いずれも女人国なのか。「常若の国(ティル・ナ・ノグ)「歓びの野(マグ・メル)」といったケルトの「他界」を現存する古伝承を通して探り、それらがキリスト教の中にどのように取り入れられていったのか、そしてどのようにアーサー王伝説に残っているのかを考察する本です。

まず、なぜ「他界」がいずれも女人国であるのかというのは、大地母神信仰から来ているもののようです。古代宗教には大地母神信仰が多いし、ケルトも例外ではなかったということですね。その大地母神は、ゴイデル族に破れて地下に去ったトゥアハ・デ・ダナン族(この人たちが妖精になったと言われる)の女神・ダナ。なので女人国にいるのは、ダナとその分身、もしくは臣下である女神たち。大地の母神には「豊穣と多産」「土地の主権者」「戦いと殺戮」「死者をあの世へ運ぶ」という顔があり、どうやらそれが何人もの女性に分かれているということのようです。生命を生み出す大地はまた、死者たちの帰っていくところ。それは「他界」そのもの。
そしてアイルランドの「他界」が海の彼方にあるのかというのは、ケルトでも独特の概念のようです。ウェールズやブルターニュの「他界」はこの世と地続きで、ドルメンや墳丘の下にあったり、泉や湖の底。大地母神が「他界」を支配しているのなら、地下世界にあるのが自然ですよね。でも田中氏は、「海の彼方」とは言っても一概にこの地上の海とは限らないと指摘していました。地下世界にあるあの世の海だなんて、考えたこともなかったなあ。

これらの「他界」を描く物語は徐々にキリスト教色を強めて、最終的にはすっかりキリスト教に染められてしまった「聖ブランダンの航海」「聖パトリックの煉獄」なんて物語が登場することになります。「聖ブランダンの航海」の「他界」は「天国」と「地上の楽園」と「地獄」に分化してるし、「聖パトリックの煉獄」ではさらに「煉獄」も。(そしてダンテの「神曲」となるんですね) でもここに描かれているのは、やっぱりケルトの「他界」だし、そこに行こうとする人たちも、イムラヴァの英雄たちの後継者。外側がどれだけ変化しても、中身はやっぱりケルト的世界なのだという指摘がとても興味深かったです。換骨奪胎して上手くキリスト教に取り入れたように見えて、実はキリスト教の方がケルトに取り入れられてたのか。(笑)

純粋な資料としてはなかなか読むことのできない伝承群が、ほとんどあらすじだけとはいえ、紹介されているのが嬉しいところ。航海譚に関しては、先日読んだ「ケルトの古歌『ブランの航海』序説」(松村賢一)にもあったし、そちらの方が詳しかったんですけど(感想)、こちらの方が読んでて面白かったし、こちらではアイルランド神話の創世記と言える「マー・トゥーラの合戦」や海に沈んでしまった「イスの都」の伝説についても触れられています。(中公新書)

| | commentaire(7) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「ケルト神話と中世騎士物語」田中仁彦 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

私は、汎京都主義者。 世界はすべて京都だと信じています。 京都から向こうは断崖絶... » Lire la suite

Commentaires(7)

面白そうなので、読んでみました☆
折口信夫の、「妣が国へ・常世へ」そっくりなテーマです。

そっくりなんじゃなくて、たぶん同じ伝説が、西と東の端で残ったものなんでしょう。
途中で出てくる、「こぶとり爺さん」は、日本のとまったく同じです。(宇治拾遺物語・第三話)

シイ(Sidhe)は、S+K(Y)ですね。海のシーとも同じ発音かもしれません。
石神で、塚で、安産伝説で、この世とあの世のサカイ。

ケルトの伝承は、文字なき世界での、口碑。口伝えの伝承。
これは日本の神話と同じです。

巨石文化を築いた謎の先住者―縄文
ケルト―弥生。鉄と農耕。
ローマ―中国大陸の文明
アングロサクソン―大和朝廷

というような、妙にキレイな対応をみてみることができるくらい、異様によく似てます、ふたつの島国。

日本の神話も、それを伝えた先住者は文字を持たず、漢字文化の薫陶を受けた人たちによって記述された。
ケルトの伝説を、キリスト教の僧が文字にするのと、同じ感じです。
そのとき、カタリ表現と文字表現の大きな葛藤があり、その緊張が「文学」を生じさせているようです。

キリスト教の文脈の中にケルトのコードをひそませていくように、
日本の先住者の伝承も、仏教説話(霊異記や今昔物語など)に姿を隠して、伝えられています。

なにもかも、異常なほど似てますね。

そうそう。四季さんにお願いがあるんです!

RSSってのがありますが、四季さんとこのRSSは、
最初の数十文字までで切り上げるような
設定になってるようなんです。

これを、できれば「全文」のRSSフィードを吐くように、
設定していただけると、ありがたいです。
すると、RSSリーダーでも、
全文を読めるようになるのです。

MTのテンプレートのRSSの設定の中に、全文表示にするか、
何十文字かで切り上げるかの設定があると思います。

わからないところがあったりしたら、
質問してくださいませ。
ごくたよりな~くサポートさせていただきます(;・∀・)

overQさん、こんにちは。
わあー、読まれたんですね。ありがとうございます。
記事をアップした日に読了報告とは、今までで最速です。(笑)

折口信夫に関しては、実はほとんど知らないのですが(ダメダメ)
ケルトの「シイ」がoverQさんの「サイ」みたいというのは、実はちょっぴり思ってたんです。
やっぱりそこで繋がりそうですね!
ほんと、異常なほど似てるし、綺麗に対応してるんですねー。

>巨石文化を築いた謎の先住者―縄文
>ケルト―弥生。鉄と農耕。
>ローマ―中国大陸の文明
>アングロサクソン―大和朝廷

特にこの辺りにはちょっと感動しちゃいますね。スゴイ!!
そして以前から、海の彼方の楽園伝説について、もっと突っ込んだところを
知りたいなあと思ってたんですが、もしかしたら海の「シー」がキーワードかもしれないですね。

そういえば先日、「ダイダラス」を「ダイダラボッチ」と読み間違えちゃいました。
やっぱりダイダロスがダイダラボッチじゃないですかねえ。
で、ダイダロスって実はかなりの大男だったとか… それはない?(笑)
「サイ」ならぬ「ダイ」は、巨人伝説の宝庫とか。(笑)

そしてRSSですが。
全文表示というのは、ウェブログの設定の「概要に載せる文字数」ではないですよね?
テンプレートということは、index.rdf や index.xml をいじるのでしょうか。

<description><$MTEntryExcerpt encode_xml="1"$></description>

この辺りで、何か変えればいいのでしょうか?
と思いつつ、よく分かりません…
申し訳ありませんが、サポートをよろしくお願いします。m(__)m

>四季さん
横からのレスで失礼します。

テンプレートの「MTEntryExcerpt」を「MTEntryBody」に変更すれば、
今回の目的は達成できますが、
それでは概要の意味がないという諸刃の剣。
<description><$MTEntryBody encode_xml="1"$></description>

あとは、フィード購読者にAtomフィードを読んでもらうように
お願いするとか。その場合でも下記の不具合は訂正する必要が
あるかもしれません。
http://www.sixapart.jp/movabletype/news/2006/12/04-1000.html

>ごとうさん
レスしたつもりが抜けてました… あぶないあぶない。
後になってしまってごめんなさい。

MTEntryExcerptを書き換えたら全文表示になるんですね。
ウェブログの設定の「概要に載せる文字数」がMTEntryExcerptみたいなので
この文字数を増やすという手がいけそうと思ったんですが
ここを増やすとTBの時に相手のブログに全文表示されそうな気も…
だからといって、TB用の概要を記事ごとに設定するのも面倒ですし。

Atomフィードは、元々概要だけでなく全文が表示されるんですか?
不具合は既に修正してるようなので、それでいけるのかも。
と書きつつよく分かってなかったりするのですが ^^;
教えて下さって、ありがとうございます!

>四季さん
MTのRSSテンプレートですが、3.0xまでは
description属性にはMTEntryExcerptが使われていました。
しかし、3.1前後から、そこはMTEntryBodyに変更となりました。
http://www.lucky-bag.com/archives/2005/02/mt315rss.html

たしか四季さんはMTを2.661か3.0xころからお使いになっていたと思います。
なので、そのころのテンプレートの中身が、焼鳥屋の秘伝のタレのように
残っているのでしょう。

ということで、今回のoverQさんの望みをRSS 2.0で叶えるとしたら、
現在のインストール先の lib/MT/default-templates.pl の中身のうち、
index.xmlのテンプレート部分を、MT 3.171に付属のものに注意深く
差し替えると解決すると思います。

>overQさん
読む側としては↓下記の記事が参考になるかもしれません。
http://hxxk.jp/2005/06/14/0035

おおー、秘伝の焼肉のたれ。(笑)
そうですね、私がMTを使い始めたのは3.0の頃だったので
その時のが残ってるということなのでしょう。
バージョンアップはしてても、その辺りは書き換えられてなかったんですね。
なんか不思議。でもそれでこそ秘伝のたれと言えるのか。(笑)

3.171のバージョンアップ用のがまだどこかに残ってるかもしれないので
まずは、それを探してみることにしますね。

色々教えて下さって、ありがとうございます。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.