「ケルトの木の知恵」ジェーン・ギフォード

Catégories: / /

 [amazon]
木の写真集。取り上げられているのは、シラカバ、ナナカマド、トネリコ、ハリエニシダ、ハンノキ、ヤナギ、サンザシ、ロイヤル・オーク、ヒース、ヒイラギ、ハシバミ、リンゴ、ポプラ、キヅタ、エニシダ、リンボク、ニワトコ、イチイ、マツ、ブナの20種類。生育場所や性質など木そのものの説明はもちろんのこと、オガム・アルファベットでの表記方法とその意味、神話や伝説での姿、その象徴性、伝統的な利用方法、現代の利用方法、薬効などが、美しい写真と共に説明されています。

北欧神話の世界樹ユグドラシルはトネリコだけど、ケルトのシャーマニズムではシラカバが宇宙樹だとか、でもケルト人にとってトネリコはは宇宙の真理の守護者で、ドルイドの杖に使われていたとか、全ての木の中で最も神聖なのはオークであり、アーサー王の円卓やマーリンの杖はオークだったとか、オークにヤドリギが宿るといよいよ神聖になるとか、ギリシャ・ケルト・北欧神話でリンゴは不死の象徴で、永遠の命を約束するものだとか、世界で最初の本は薄く切ったブナの木に文字を書いて束ねたもので、アングロ=サクソン語のブナ"boc"が"book"の語源だとか、そんなエピソードがいっぱい。植物図鑑のような説明だけではなく、様々な面からそれらの木々のことを紹介しているのが面白いです。
本の中に木の名前が出てくる時って、もちろん特に何の意味もない時もあるでしょうけど、何らかの意味が篭められてることが多いと思うんですよね。でも名前は知っててもどんな木か分からなかったり、普段身の回りではなかなか見られない木も結構あります。そんな木の写真集なので、写真を見てるだけでも楽しいです。(東京書籍)

| | commentaire(0) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「ケルトの木の知恵」ジェーン・ギフォード へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

色々な植物の写真を撮ってみる。結構面白い鐔ワ愁鐔ゴ冤嘴植物、食虫 植物、多肉 植物。色々な素材に挑戦中! » Lire la suite

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.