「12歳からの読書案内 海外作品」金原瑞人監修

Catégories: /

 [amazon]
以前「12歳からの読書案内」を読んだんですが(右の本)、気がついたら海外編も出てたので読んでみました。そちらは国内作品しか載ってなくて、それが少し物足りなかったので、今回の海外作品編は素直に嬉しいです。まえがきがね、またいいんですよ。「『12歳からの読書案内』が好評なので、海外編を編まないかという話が編集者からきた。むちゃくちゃうれしい」... この一文で読むのを決めたようなものです。本に対する愛情が感じられるのって気持ちいい~。
監修の金原瑞人さんは第一線で活躍している翻訳家さん。前のメンバーも詩人や歌人、翻訳家さんや児童文学研究者、編集者、大学生といったバラエティ豊かなメンバーでしたが、今回の海外作品編には、あさのあつこさんや森絵都さん、豊崎由美さんなど、おおっと思う人たちが加わってました。19名が選んだ海外作品100冊。

 1章 「感動」して心がじんわりする本
 2章 「どう生きるのか」を真剣に考えたくなる本
 3章 「試練」を乗り越えるヒントになる本
 4章 「元気とガッツ」にあふれる本
 5章 「ファンタジーの面白さ」が凝縮されている本
 6章 発想がユニーク! 珠玉の「短編集」
 7章 危険なくらい「想像力」が刺激される本

絵本から大人の本まで、今回もバラエティ豊かな選書ぶりですね。その中で、特に気になったのは、以下6冊。

 「海の上のピアニスト」 アレッサンドロ・バリッコ(白水社)
 「シェイクスピアを盗め!」 ゲアリー・ブラックウッド(白水社)
 「ガンプ 魔法の島への扉」 エヴァ・イボットソン(偕成社)
 「500年のトンネル」 スーザン・プライス(創元推理文庫)
 「女帝 わが名は則天武后」 山颯(シャン・サ)(草思社)
 「インド式マリッジブルー」 バリ・ライ(東京創元社)

      

中学生になった頃、本は読みたいんだけど一体何を読んだら分からない、という時期があったんですよね。分からないので、手探りで海外文学系を読んでいたんですが... もちろん、そういう風に手探りで探すのも、自力で発見した喜びがあるからいいんですけど、でもそんな時にこういう本があったら参考になったのに、なんてやっぱり思ってしまうのです。今は面白い「本の本」がいっぱいあっていいなー。(すばる舎)


+シリーズ既刊の感想+
「12歳からの読書案内」金原瑞人監修
「12歳からの読書案内 海外作品」金原瑞人監修

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「12歳からの読書案内 海外作品」金原瑞人監修 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.