「漁師とドラウグ」ヨナス・リー

Catégories: / / / /

 [amazon]
ある日怪物のように大きな海豹に出くわした漁師は、重い銛を首のすぐ下に打ち込みます。しかし海豹は血走った目で漁師を禍々しく睨んだかと思うと、海に飛び込んで姿を消してしまったのです... という「漁師とドラウグ」他、全11編が収められた短編集。

先日ノルウェー民話の「太陽の東 月の西」を読んだ時に、日常&読んだ本logのつなさんに教えて頂いた本。(私の感想と、つなさんのこの本の記事はコチラ) ノルウェーといえば、それこそ「太陽の東 月の西」の編者アスビョルンセンぐらいしか知らなかったんですけど、ヨナス・リーはノルウェーの国民的作家なのだそう。海と漁師の現実の生活を描いたものや、民間伝承を元にした作品を多く書いているそうで、この本は後者の方ですね。ただ、民間伝承を元にしているとは言っても、ヨナス・リー自身の筆がかなり入っているようです。まさに民話といった素朴さが魅力の「太陽の東 月の西」に比べると、つなさんも書いてらっしゃいましたけど、こちらは物語としてかなり洗練されてる感じがしました。
ノルウェーの民話といえばトロルがいるんですけど、この作品に登場するのはドラウグという海の魔物。私は初耳だったんですが、これもノルウェーならではの存在なんだとか。姿は様々で、ある時は「漁師とドラウグ」で登場したように海豹そっくりの顔で、口が耳まで裂けていたり、別の時は船乗りの服を着ているのに頭がなくて、その代わりに海草の塊を載せていたり。頭がないせいか、帽子を深く被っていることも多いみたいです。なんとも気持ちの悪い存在のようですね... そして、姿は変わっても、「海でドラウグに出会った者は近いうちに溺れて死ぬ」というのが共通点。こういうのは、やっぱり北の海にこそ相応しい気がします。南の海にいたとしても怖いと思いますけどねー。雰囲気がまた全然違ってきちゃう。

幻想的だったり怪奇的だったりと、どの物語も北欧の雰囲気がたっぷりでそれぞれに面白かったですが、11編の中で特に気に入ったのは、ラップ人の少女といつも一緒にいた少年の物語、「ラップ人の血」。ラップ人の少女の家族は不思議な物語を沢山知っていて、少年は両親に禁じられてたにも関わらず、そこの家にいつも遊びに行くんですね。そうか、ラップ人って差別されていたのか... なんてところに無知な私なんですが、確かにラップ人といえば精霊信仰だし、キリスト教とは相容れないでしょうね。遊牧民族だから、尚更なかなか布教されないでしょうし。でも、キリスト教と異教が緩やかに混ざり合っている感覚もとても面白かったし、海の中の情景がとても美しかったです。(国書刊行会)

| | commentaire(4) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「漁師とドラウグ」ヨナス・リー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

? ヨナス リー, Jonas Lie, 中野 善夫 「漁師とドラウグ ?」 目次 漁師とドラウグ スヨーホルメンのヨー 綱引き... » Lire la suite

Commentaires(4)

お久しぶりです、サムです。
えーと、お忘れかも知れませんが・・・(^_^;)
なにやらバタバタしていてしばらくお邪魔をしていなかったら、またまた私好みのラインナップが沢山並んでいて、読みたい本が沢山あるーって感じです。
相変わらずの読書量ですね、四季さん!
この本、前から買おうと思いながら買ってなかったのですが、四季さんの文を読んでやっと購入決定しました。
ノルウェーの民話もおもしろそうですね。
国書刊の幻想文学系の本は少しずつ揃えたいのですが何せ高い!この魔法の本棚シリーズは全巻欲しいと思っているのですが、今のところはアレクサンドル・グリーンしか持っていません。(グリーンの本は全て欲しいのですが、翻訳がとても少ないが残念。)
それから「ケルト妖精民話集」他ですが私は小辻さんの訳の方が好きです。資料としてなら原書房の方かもしれませんけど、どうも訳が好みでないので。
最近、遅まきながら英語勉強をかねて洋書の多読を始めました。まだまだ絵本とかGraded Readersの入門レベルのものばかりです。洋書が読める四季さんがうらやましいです!
そんなわけで普通の本を読む量がかなり少なくなってきています。でも四季さんの部屋に来るとまたファンタジーが読みたくなってきました。ハリポタのハーマイオニーの時計が欲しいです!
なんだか久しぶりに来て、書きなぐってしまってすみません。またお邪魔させていただきますね。

サムさん、お久しぶりです~。
ちゃんと覚えてますよん。その後ブログの調子はいかがですか?
もしいい感じなら、たらいまわしにもご参加頂きたいところですが~。なんて。
…ええと、今回は私が主催者なので。(^^ゞ

この本、独特な雰囲気がとても素敵でしたよ。
ノルウェーの民話も、他の地方とは雰囲気がまた違っていて面白いです。
魔法の本棚シリーズがますます気になります。(これが最初の1冊目なんです)
このシリーズ、全部で6冊なんですよね? 買えば買える冊数だけど、確かに高い…
アレクサンドル・グリーンは、ハヤカワ文庫FTの「黄金の鎖」だけ読みました。
これ1冊だけではよく分からなかったので、もう少し読んでみたいところなんですが
でも入手からして難しい本が多そうですね。 

サムさんもケルト民話集は読んでらっしゃるんですね♪
小辻さんの訳の方がお好きでしたか。
私もあの3冊はとても読みやすかったです。優しい日本語が雰囲気にもぴったりで。
でも文脈が掴めない箇所があったので、原書房のもチェックしたいなと思ってたんです。
訳によって全然雰囲気が違ってるのかな? ちょっと楽しみかも。

洋書、頑張ってくださいね。
私もテニスンを読まねば… と思いつつ、ものすごく難しいです。どうしよう。(笑)
いや、元々そんなに読めるっていうわけじゃないんですよ。無謀だったかも。
でもゆっくり頑張ろうと思います。^^

「ラップ人の血」。
だんだん、思い出してきましたよ~(割と、忘れていたっぽいです・・・。笑)。
やっぱり、みなさんの感想をお聞きすると、自分が注意していなかった部分も含めて、またきっちり一冊の本を楽しめるように思います。
四季さんが、読んでくださって、(そして、楽しんでくださったようで)、良かった~。
これからも、よろしくお願いします♪
*記事中リンク、ご紹介いただき、ありがとうございました。でも、トラバもしちゃいました。

同じ本を読んでも、読む人それぞれに注目する場所が違っていたりして
そういうのもまた楽しいところですよね。
時には、それまで全然気づいてなかったことに改めて気づかされてびっくりしたり…
だから、同じ本を読まれた方の感想を拝見するのって大好きです♪ 
こちらこそ、素敵な本を教えて頂いて、ありがとうございました~。
この本もとても楽しめたし、魔法の本棚シリーズもますます気になっちゃってます。
本当は、そろそろ南條竹則さんの本も読み進めたいと思ってるのに…!
読みたい本が多すぎて、ほんと困っちゃいますね。でも幸せ。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.