「ギリシア悲劇II」ソポクレス

Catégories: / / / /

 [amazon]
ソポクレスは、アイスキュロス、エウリピデスと並ぶ3大悲劇詩人。生涯に作った123もの悲劇のうち、現存するのは本書に収められた7作、「アイアス」「トラキスの女たち」「アンティゴネ」「エレクトラ」「オイディプス王」「ピロクテテス」「コロノスのオイディプス」のみです。

いやあ、面白かった。やっぱりソフォクレス(この本の表記は「ソポクレス」ですが、どうも馴染めないので、こちらで失礼)はスゴイです。紀元前の作品でこんなに楽しめるとは思わなかった... ってエウリピデスを読んだ時も思ったんですけど(笑)、紅白の小林○子的に機械仕掛けの神で盛り上げるエウリピデスよりも、ソフォクレスの方がいかにもギリシャ悲劇という感じですね。ギリシャ悲劇と聞いて現代人が想像するような、まさにそういう作品を書いていると思います。
そんなソフォクレスの一番有名な作品といえばやっぱり「オイディプス王」。読んだことはなくても粗筋を知ってる方は多いでしょうね。フロイトのエディプス・コンプレックスという言葉の元になった作品でもあります。私がこの作品を読んだのは、確か中学の頃。筒井康隆さんの「エディプスの恋人」を読んで、その関連で読みました。でもその時はそれほど楽しめなかったんですよ。その時の私にはまだ早すぎたっていうのが一番大きいと思うんですが、必要以上に堅苦しく考えてたというのもあるのかも。
でもね、違うんです。「オイディプス王」は、実は紀元前に書かれたミステリ小説だったのです!

話としては、オイディプスが治めるテーバイの都に疫病が猛威をふるっているところから始まります。前王・ライオスを殺した犯人を挙げなくては、疫病がやむことはないというアポロンの神託が下り、オイディプスが探偵役として犯人探しを始めるんです。被害者はどんな人間だったのか、いつどこで殺されたのか、目撃者はいたのか。最初は断片的だった証言は、オイディプスを軸として徐々に繋がりを見せはじめます。迫り来る悪い予感。オイディプスを安心させようとした王妃・イオカステの証言は、逆にオイディプスを追い詰めることになります。そしてその証言に裏付けが取れた時に、見えた真実とは。
いや、実は安楽椅子探偵だったんですね、オイディプス王って。でも真相は、「探偵=犯人」。そして来る自己崩壊。

そうやって読むと、ギリシャ悲劇がちょっと身近な感じになりませんか? エドガー・アラン・ポーの「モルグ街の殺人」が世界最古の推理小説とされていますけど、こっちの方が断然古いですよー。エディプス・コンプレックスなんていうのは後付けに過ぎないなので、この作品を読む時には邪魔になる程度のものだと思います。

まあ、ミステリと言えるのは「オイディプス王」ぐらいなんですけど(笑)、7編ともすごく面白かったです。「オイディプス王」の他で好きだったのは、トロイア戦争物かな。「アイアス」「エレクトラ」「ピロクテテス」ですね。どの作品も、クライマックスに向けて緊迫感が高まっていくのがさすがの迫力。いや、いいですねえ。面白かった。
ミステリ好きで「オイディプス王」が未読の方は、ぜひ試してみて! 訳者さんは違いますが、岩波文庫からも出ています♪(ちくま文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「ギリシア悲劇I」アイスキュロス
「ギリシア悲劇II」ソポクレス
「ギリシア悲劇III」上 エウリピデス
「ギリシア悲劇IV」下 エウリピデス

| | commentaire(6) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「ギリシア悲劇II」ソポクレス へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

         「写真はポピーです!!」 {{{       愚者は自分の手の中に持っているものを       手放したと... » Lire la suite

Commentaires(6)

四季さん、こんにちは。
『オデュッセイア』がおもしろかったので
他のギリシア悲劇も読みたいなあと思ってました。
『アガメムノン』がいいかなあと思ってたんですが
四季さんの記事を拝見して『オイディプス王』に
気持ちが傾いています。
こんなにおもしろそうな話だったとは!
これで四季さんはギリシア悲劇は
全部、お読みになったということでしょうか?
すごい!

四季さん、こんにちは。
おお!なるほど、確かにオイディプス王ってミステリ小説ですね。運命の力がトリックの要というか、そしてそれ故の緊迫感がたまらないといいますか。
四季さんが取り上げて下さるギリシア悲劇や叙事詩の記事を読ませて頂くと顔がにやけてしまってしょうがないです。
楽しいです^^

>LINさん
ソフォクレス、オススメです!
エウリピデスは色物系なので好みが分かれると思うんですが、ソフォクレスなら絶対です。
今回久しぶりに読んで、こんなに面白かったんだーとびっくりしました。
やっぱり中学生ぐらいじゃダメですね。話の展開はともかく、面白みが全然分かってなかったです。
「オイディプス王」は、さすがアリストテレスも絶賛の作品と実感しました。

あ、でも「アガメムノン」も面白かったですよ。
こちらを読まれるのなら、ちくま文庫版より岩波文庫版をオススメしたいです。
岩波文庫は注釈が多いので、最初の1回目は大変なんですけどね。
もう一回本文だけ読み返すと、ぐんと面白くなります。^^

トロイア戦争関係の悲劇作品だけ拾い読みするのも楽しそうです♪

>kyokyomさん
ねー、ミステリ小説だったんですね、実は。気がついた時はびっくりでした。
しかも「探偵=犯人」なんて、今の時代でもいい作品はなかなか出ないのに。これは実に素晴らしい!

楽しんで頂けて、私も嬉しいです。^^
本当はギリシャ物をもっと読みたいんですけど、入手困難のものも多いんですよね。
まだ名作と呼ばれる作品を読み残してるので、頑張って探してみますね~。

こんにちは。トラバしました。
『オイディプス王』はラストの悔恨に駆られて
目をつぶす描写とかすごかったですね。

ryotaroさん、トラバありがとうございます。
ほんとすごいですよね。
「オイディプス王」は、掛け値なしの傑作だと思います♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.