「宮澤賢治のレストラン」中野由貴 「銀河鉄道の夜」宮沢賢治

Catégories: / / /

 [amazon]
日常&読んだ本logのつなさんが読んでらして、気になった本。(記事) 宮澤賢治作品といえば、本当に有名どころしか読んでないのに大丈夫かしら、という心配もあったんですが、結果的には全然問題ありませんでしたー。良かった。知らない本が沢山出てくると「読みたい、でも読めない」で妙に苦くなることがあるんですけど、この本はそれほど作品を知らないながらもとても楽しめたし、穏やかに「ああ、また今度改めて読んでみよう」という感じ。もちろん、紹介されてる本が読みたくてうずうずするようなのもいいんですけどねー。今の私の気分にはちょっとツラいので。で、この本の表紙を見た時に「迷宮レストラン」(感想)を思い出したんですけど、数々の料理が鮮やかな写真で紹介されていた「迷宮レストラン」(とても綺麗でした!)とは一味違って、こちらは表紙と同じ出口雄大さんの挿画がとても柔らかくて、これも素敵でした。
後に菜食主義で粗食になってしまう宮澤賢治ですが、意外とハイカラで贅沢で新し物好きだったんですね。育ったおうちもなかなか裕福だったようですし。言われてみたら、確かに裕福な生活を知らなければ書けないような部分も多かったなあと思うんですが、実際には「雨ニモマケズ」のイメージが強いのでちょっとびっくりでした。生前には作品は全然売れなかったと聞いてましたしね。今は当たり前のようにあっても、当時はきっと贅沢だったりハイカラだったりしたんだろうなあというものや、その頃の日本人はあまり好まなかったという食べ物がいっぱい登場します。食に対する冒険心があった人なんですね。例えば「ビフテキ」「サンドヰッチ」といった言葉からも、そんなハイカラな雰囲気が伝わってきますね。そして忘れちゃいけないのは、幻想的な食べ物や飲み物。「チュウリップの光の酒」、飲んでみたーい。

そしてこの本を読んでいて一番読みたくなった宮沢賢治作品は、「十力の金剛石」。角川文庫版「銀河鉄道の夜」に入ってたので、これだけは読んでみました。これは、王子が大臣の子と虹を追いかけるうちに一面の宝石の世界に迷い込む話。ここではトパァズやサファイアやダイアモンドの雨が降り、野原には天河石(アマゾンストン)の花に硅孔雀石(クリソコラ)の葉を持つりんどう、猫睛石(キャッツアイ)の草穂、かすかな虹を含む乳色の蛋白石のうめばちそう、碧玉の葉に紫水晶の蕾を持つとうやく。琥珀や霰石(アラゴナイト)の枝に真っ赤なルビーの実を持つ野ばら。それだけ美しい場所なのに、草も花も「十力の金剛石」がまだ来ないので「かなしい」と歌うんですね。みんなが待ち望む「十力の金剛石」とは一体何なのか...
宝石の場面もワクワクしますし(漢字で書く宝石名が、また好みなんです♪)、その後の優しい情景もとても素敵です。(平凡社・角川文庫)


+既読の宮澤賢治作品の感想+
「宮澤賢治のレストラン」中野由貴 「銀河鉄道の夜」宮沢賢治
「注文の多い料理店」「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」宮沢賢治
「ざしき童子のはなし」「よだかの星」「風の又三郎」「水仙月の四日」宮沢賢治・伊勢英子

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「宮澤賢治のレストラン」中野由貴 「銀河鉄道の夜」宮沢賢治 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

中野 由貴, 出口 雄大 「宮沢賢治のレストラン 」 宮沢賢治というと、ついつい「雨ニモ負ケズ」などとストイックな様を思い出すのだけれど、彼の童話や... » Lire la suite

Commentaires(2)

四季さん、こんばんは!
記事中のご紹介、ありがとうございました♪

これは「雨ニモマケズ」の頑ななイメージではなく、柔らかい方の賢治の世界が美しく表現されていましたよねー。
というか、「雨ニモマケズ」も実は、私が思っている程、頑ななものではなかったのでしょうか…。
(学校教育も、「雨ニモ~」の方をあまり強調しないで欲しいです。笑)

わー、そして、「十力の金剛石」!
私もこれ、読みたいと思いつつ、読んでないんですよねー。
賢治作品って、どこかで部分的に読んで、すっかり知ったつもりになってそのまま、ということも多いのです。
でも、四季さんが紹介されているように、とっても美しいお話なのですね。
う、これはやっぱり読もうかなぁ。

つなさん、こんにちは~。
こちらこそ、素敵な本を教えていただいて、ありがとうございました!

いや、私も結構頑ななイメージを持ってましたよ。>「雨ニモマケズ」
もしかしたら肩の力を抜いた、自分の思いを素直に表した詩なのかもしれないですけど…
…もし本当は頑なじゃないとしたら、これはもう学校教育のせいですよね。(笑)
いや、ほんとこちらの本は、あの出口雄大さんの柔らかくて美しい挿絵がぴったりの
とても居心地の良い世界でした~。

>どこかで部分的に読んで、すっかり知ったつもりになってそのまま

ああ、確かに!
たとえば「やまなし」とかね。「クラムボンは かぷかぷ笑ったよ。」のアレなんですけど(笑)
私の使っていた教科書に本当に載ってたのか、読んだ気になってるだけなのか、それとも?
と、よく分からない状態の作品が多いんです。いずれきちんと読んでみたいですが。

「十力の金剛石」は短い作品なので、すぐ読めますよー。ぜひぜひ!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.