たらいまわし企画・第35回「おすすめ!子どもの本」

Catégories:

tarahon35.jpg今回のたらいまわしの主催は、前回主催をさせて頂いた私から「たらい」を受け取って下さったほんの保管所の高さんです。高さん、快くたらいを受け取って下さって、ありがとうございます~。今回のお題は、「おすすめ!子どもの本」です。

この企画に興味をもたれた方は、右上の「たら本」アイコンをクリック! 初めての方も大歓迎。どうぞお気軽に参加なさって下さいね。

本好きの皆さまのこと、きっと幼い頃もさまざまな本と親しんでこられたことと思います。
「ノンタン」シリーズの絵本、アンデルセンやディズニーのお話、日本昔話、教科書に載っていたお話、世界名作劇場、ライトノベル、まんが、児童文学、一般文芸・・・ 世の中には沢山の本があふれていて、一生のうちに出会える本は限られています。でも子どもの頃に出会ったお話って、その後の自分の読書傾向や、時には人生に臨む姿勢にまで影響を与えることがありますよね。
と、いうことで、ここでは皆さまがおすすめする子どもの本を紹介していただきたいと思います。
◎幼い頃に読んで今も大好きな本
◎大人になってから読んで "しまった。もっと早く子どものうちに読んでおけば" と思った本
◎自分の子ども、又は身近なかわいいあの子、幼い頃の自分に読ませたい本

 
ということで、「おすすめ! こどもの本」です。
「幼い頃に読んで今も大好きな本」は、何度となくブログに書いてる気がしますし、それ以前に多すぎて収拾がつかないので(笑)、それよりも、「大人になってから読んで "しまった。もっと早く子どものうちに読んでおけば" 」と思わないために、子どもの時期に読んでおくと幸せ~♪ と思う本を少し挙げてみようと思います。


まずは絵本。とは言っても絵本作家さんによる絵本ではなくて、ジャズ・ピアニストの山下洋輔さんと、モダンアートの元永定正さんによるコラボレーションという絵本です。
ストーリーは全然なくて、「もけら もけら でけでけ」「ぱたら ぺたら」「ずばらば」「ぴた ごら ぴた ごら」「じょわらん じょわらん」みたいな言葉と、それに合わせた絵だけ。でもこれが楽しいんですよー。音だけでもジャズが感じられてワクワクしてくるし、音を絵に表すのって難しいはずなのに、元永定正さんの絵がまたぴったりなんですよね。聞こえない音が聞こえる気がするし、動かない絵も動き出しそう。私は大人になってから読んで、それでも十分面白かったんですが、0歳の赤ちゃんからオススメしたい本です。世の中のお母様がた、ぜひどうぞ! 「感じる」ことが一番大切な本だからこそ、赤ちゃん~幼児の頃にぴったりなんじゃないかなと思います。


  

次はルース・スタイルス・ガネットのエルマーのシリーズ。「エルマーとりゅう」「エルマーのぼうけん」「エルマーと16ぴきのりゅう」です。
実際に、小さい頃にこれを読んで、今でも大好き!という方は多いでしょうね。この本に関しては、私は読む時期をちょっぴり逃して悔しい思いをしました。これは字の大きさから言って、幼稚園~小学校低学年の頃に読むといい本だと思うんですが、私はもう少し遅かったんです。字の小さな本を読むようになってから、字の大きい本を読むのってツラくないですか? ツラいんですよー。(少なくとも私の場合は) しかもひらがなが多い! ちゃんと大きい字の本を読んでる時期に読んでおくのがベストだと思います。まあ、時期がズレたとしても、大好きな本なんですけどねっ。最初の「エルマーのぼうけん」が一番好き♪


良質の児童書は、大人になってからでも十分楽しめるものですが、やっぱり子どもの頃に読むのがベストという本も多いと思います。そう考えた時に、どうしても真っ先に出てきてしまうのがケストナー。そして「飛ぶ教室」。既に何度も題名を出してるので、もういいよって言われそうですが。この作品は、小学校半ば~中学生ぐらいが一番かなあ。小学校ぐらいのあの集中力で夢中になって読み耽って欲しい気がしますね。もちろん大人になってから読んでも十分楽しめるとは思うんですが、子どもの頃に読んだ方が、得るものは遥かに大きいと思います。
ケストナーに関しては、私自身は高橋健二さんの訳しか受け付けないので、この「飛ぶ教室」も入っているケストナー少年文学全集全8巻がベストだと信じてます。ワルター・トリヤーの挿絵もいいですしね! でも自分の本の奥付を見てみたら、なんと昭和37年発行ですって。古ッ。(生まれる前ですよー! 元々は父の本なので) やっぱり今時の子どもが読むには、ちょっと古いのかなあ...。でもこの全集は、一生の宝物です♪


子どもの頃だからこそ純粋に夢中になって読めたという本もあれば、逆に大人になった今読んだからこそ、深く感動できる本もあるわけで、やっぱり本それぞれに読む適齢期というものがあると思ってます。もちろん大人になってからでも子どもの本を楽しむことは十分できますけど、子どもの時のような純粋な気持ちで夢中になれるかどうかといえば...。たとえば、「指輪物語」は大人になってからでも十分だけど、今回の主催者さんの高さんが書かれてるように、やっぱりナルニアは子どもの間に読みたい本なんですっ。(握りこぶし)
人生は基本的に大人になってからの方が長いんだから、子どもの頃はあんまり先を急がなくてもいいんじゃないかなって思うんですけどね... でも、自分のことを鑑みても、そうそう上手くいくものではないんですよね。(笑)

| | commentaire(18) | trackback(9)

Trackbacks(9)

たらいまわし企画・第35回「おすすめ!子どもの本」 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

たら本、35回目は、「ほんの保管所」の高さん主催、 「おすすめ! 子どもの本」 ... » Lire la suite

たらいまわしでお題が決められ、本を紹介していく「たらいまわし・本のTB企画」略して「たら本」。 今回のお題は、「ほんの保管所」の高さんからの出題です。 ... » Lire la suite

 主催者さまが決めたタイトルにTBしていく、本のたらいまわし、略して「たら本」  今回の主催は、ほんの保管所の高さん です。 さてさて、今回のお... » Lire la suite

たら本第35回はほんの保管所の 高さんです  そしてお題は「おすすめ!  子どもの本」と言うことで ◎幼い頃に読んで今も大好きな本 ◎大人になって... » Lire la suite

お題をたらいまわしにする企画。 今回は高さん。「おすすめ! 子どもの本」とのことです。 詳細はこちら。 子ども、というのは私の感覚だと小学生までです。... » Lire la suite

"たら本"という企画があるそうです。 たら、は、たらい、の、たら。 「たらいまわし本のトラックバック企画」とな。 仲の良い友人から、「これ... » Lire la suite

毎回交替する主催者が決めたお題に沿った本を紹介した記事を書いてTBしていくという「たらいまわし本のトラックバック企画」。略して、「たら本企画」。 前回の主催者... » Lire la suite

3回目の参加、たら本です。 今回は本の保管所高さんからです。 お題はこちら[:down:] さてさて、今回のお題は、「おすすめ! 子どもの本」であ... » Lire la suite

いつも憧れつつこっそりのぞいていた企画がありました。それは「たら本」。主催者の指示するテーマに沿って本についての記事を書き、トラックバックしていき、次々に次のテ... » Lire la suite

Commentaires(18)

四季さん、こんばんは。ご参加ありがとうございます。

そして、見事に未読だけど気になっていたものばかり!
「飛ぶ教室」も「エルマー」も読んでみたいけど・・・のままなんですよ。「飛ぶ教室」は映画にもなりましたっけ? こちらはそれでもいつか読みたいのですが、「エルマー」はもうあまりに年を重ねてしまったので、読まないかもしれません。

「もけらもけら」いいですね~(^-^)
1歳半になる姪っ子にプレゼントしてみようかと思いました。

>高さん
主催、お疲れさまです。^^
高さんが全部未読とは意外~。びっくりです。きっとどれもお好きだと思いますよ。
「もけらもけら」は、ぜひ姪っ子さんと一緒に読んでみて下さいね。
文字が少ないので読むのも楽ですし(笑)、多分一緒になって楽しめるのではないかと~♪
そういう意味では、「エルマー」も姪っ子さんがもう少し大きくなったら、一緒に楽しむのがいいかもしれないですね。

「飛ぶ教室」は、そうです、映画にもなってました。
映画もいいんですけど、話がどうしても少し変えられてるので(より現代的になってます)、原作をぜひオススメしたいです。
私がこれまで読んできた本の中で一番好きな台詞がこの本にあるので、機会があれば手に取ってみて下さいね。^^

「もけらもけら」おもろそうですね☆
山下洋輔さんは、めちゃめちゃ文才のある人で、
彼の音楽も、音楽というより言葉として聞くと面白いくらい(笑)
彼のピアノは、日本語の音がするんです。
そうだ、山下洋輔さんのことを書こう…今思いつきましたヽ(´ー`)ノ

本に適齢期があるっていうのは、ほんとにそうですね。
また、時代や場所もありそうで、私たちは19世紀の英国人のようにディケンズを読むことはけっしてできない。

それにしても、子どもの読書というのは、とびきり特別なもの。
高さんが取り上げておられたナルニアも、「かぎばあさん」やオズも、子どもが子どもだけで異世界・異人と出会うお話。

子どもって、その存在自体が、さみしいもの。
まだコトバが十分マスターできてなくて、自分の思いが何なのかさえ、わからないから。
自分にさえ、自分の思いを、伝えかねている。

子どもの文体というのがあって、「今日は~しました。楽しかったです」というスタイルで、
あれは見かけよりずっと深い。
ほんとは、いろんなコトバ、いろんな別世界につながっています。
それは、でも、本当に言語にしてしまえば、失われる「べつ世界」で、
コトバがまだ自由でない子どもにだけ、住むことのできる自由な世界。

この頃は、カタリのことをずっと考えてるので、
文字を読めない人のことからのつながりで、子どもの言語のこともよく思います。
文字がわからないと、音だけなので、同音異義語が同音同義語になるようです。
子どもも、昔の日本人も、ダジャレ(掛詞)が異常に好きですが、
それは文字がわからないせいらしい。
文字を知ってる人からすると、思いもかけない場所から、世界の意味を紡いできます。
てんで別々だと思っていたものが、子どもの心では、つながっていたりする。
音楽としてのコトバ。
山下洋輔が斬新に見えるのは、このへんのことと、関係してそうですね☆

>山下洋輔・元永定正「もけらもけら」
キターーーー! これ、猛烈に面白いですよね。
絵と言葉にリズムがあって、
色と形で音楽が出来ているみたいで。
ぱらりと頁をめくって、にやっ、くすっとなって、
それからしみじみ絵と言葉のバランスを見て、
言葉を口に出して楽しんで。
こういう本を楽しめるうちは、
まだまだ脳みそ元気だぞって思います。何となく。

>overQさん
わー、日本語の音がするんですか!
山下洋輔さんの演奏を最初見た時は、もうその天才っぷりにショックを受けたんですが
そうなんだ、日本語には全然気がつきませんでした。それはぜひ記事にしてください!
そしてその時に、オススメ盤も教えていただけると嬉しいです~。
でも本当に文才のある方ですね。>山下洋輔さん
私が読んだのは「ピアニストを笑え!」と「ドバラダ門」だけなんですが
特に「ピアニストを笑え!」の文章のキレの良さにはびっくりしました。こりゃもう、リズム感が違うなあ、と。
山下洋輔さんに文章を書くことを勧めたのは筒井康隆さんだそうですが… 見抜いてたんですね、きっと。(笑)

確かに、年齢だけじゃなくて、時代や場所というのもありますね。
しかも私が読みたがる類の本って、19世紀の英国人よりも遠いかも…
まあ、魂を飛ばして読んでますが。(無理矢理・笑)

子どもの読書って、本に入り込んで体験して、その物語を自分のものにする読書ですよね。
その場合の読書は、文学だけじゃなくて、知識の本なんかでもいいそうなんですけど
確かに異世界や異人の話は魅力的。私もそんな話が大好きでした。
はっきりとした異世界物じゃなくても、その話の舞台が日本でなければ、それも一種の異世界だったかも。
子どもの読書では、本を読んで体験したそういう冒険を、自分に刻み込むのが大切なんだそうです。
読んでも心が動かなければ、それは知識だけで体験にはならないけど
刻み込むことができればそれが自分の中に潜在的に残って、心を作り、豊かにしていくことに繋がる… と。
だからやっぱり異世界とか異人というのは、すごく重要なモチーフなんでしょう、きっと。

確かに文字を読めなかった人々と子どもはつながりますね!
文字が一般的になったのって、活字印刷ができてからですよね。だからここ600年ぐらい。
実際には、それ以降も文字を知らないままだった人も多いわけなんですが
文字を知ることによって、人間はそれまで持っていた能力とか感性を失ってしまったんでしょうね。
昔話を沢山知ってる老人とか、もう信じられないぐらいの数の話を全部覚えてたりするけど
あの能力は、文字を知らないこそなんだなあって思います。
文字を知ることによって失ったものって、実はものすごく大きいかもですね。

>菊花さん
わー、「もけらもけら」ご存知でしたか!
ほんと面白いですよね、コレ。
そうそう、見てるだけでも楽しいし、口に出してみるとまた楽しい。本で音楽を体験できちゃう。

>こういう本を楽しめるうちは、
>まだまだ脳みそ元気だぞって思います。何となく。

うふふ、分かります。そうそう、そうなんですよね。(嬉)

こんにちは
〈子どもの時期に読んでおくと幸せ~♪〉って思う本として挙げていらっしゃる
『飛ぶ教室』これは慧もまさしくそう思います
映画も観ましたが 特に本はもっと子どもの頃に出合っていたかった作品でした
頭で感じるのとダイレクトに染み渡るのでは やっぱり違いますね^^

>慧さん
やっぱり、子どもの頃ならではの読み方というのがありますよね。
気持ちとしては、子ども=小学生 なんですけど、思春期に分かれ目がありそうです。
思春期前と思春期後では、読み方が相当違ってくるかと…

「飛ぶ教室」は、講談社の全集に入ってなかったのですね~。それは残念!
でも大人になってから読んでも、素敵な作品ですよね。^^

こんばんは四季さん
明日はお会いできなくて残念です・・。

「エルマー」は子どもと読みましたね。ちょうど、「絵本」から「字の本」へ移行する最初の本だったと思います。
はじめは字ばっかりで引いていた子どもも、読んでいくうちに夢中になっていきましたね。いい思い出の本です。

「飛ぶ教室」は、四季さんも何度となく言及されているでしょうか。私は未読でありますので、いつか・・と思いますね。

四季さん、今晩は、サムです。
遅ればせのたら本企画の参加をさせていただきました。風邪をひいていたので気が付くのが遅れてしまって。
四季さんのお薦めの本、どれもいいですね。
「もけら もけら」は自分で読むのはいいのですが、声にするのがけっこう難しい絵本ですよね。テクニックがいる!昔、読み聞かせの時、はまると子供達がとても喜こんでました。
エルマーは私は好きなのに娘は好きではなくて親子で好みの分かれた本でした。
やっぱり親子でも個人差があって、今夜はどの本を読むかでよくもめたものです。
娘は、この本がいいー!
いや私は、今夜はこの本が読みたい気分なの!とかね。

>shosenさん
ほんと、お会いできなくて残念です~。
でもお隣の県ですし(って、どちらも「県」じゃないですね・笑)
また機会があれば、どうぞよろしくお願いいたします。^^

エルマーは楽しいですよね!
冒険はもちろん、地図がきちんとついているところがまたいいんですよね。私、ああいう地図に弱くて~。(笑)
息子さんたちはきっと自分たちが冒険してるような気になったのでは? 素敵な時間ですね。^^
「飛ぶ教室」は息子さんたちにオススメがてら、ぜひ便乗して一緒に読んでみて下さいませ。
適齢期まで、きっとあともう少しですよね♪

>サムさん
お風邪、大丈夫ですか~?
たら本はまだまだ始まったところなので、大丈夫ですよ。
主催者さんや他の参加者さんにもTBを送ってみてくださいね。もちろんコメントも大歓迎です。^^

わー、「もけらもけら」はテクニックが要りますか。
サムさんはどんな風に読まれてたんでしょう。ちょっと聞かせて頂きたかったかも~。
そして、親子でチャンネル争いならぬ本争いというのも、なんだか微笑ましいですね。
その時は「えーっ!?」って感じかもしれませんが、傍目にはとっても楽しそうです。^^

四季っちこんにちは~。
「もけらもけら」って知らなかったんですが、
音の絵本って面白そう!
文章にはリズムが大事だと、
普段の読書からも感じていたことでした。
リズムのいい文章は、流れるようにするする読めるから大好き。
翻訳ものが時々読みにくかったりするのは、
外国人のリズムで書かれたものを
日本人のリズムに直してしまうからなのかなぁ。

山下さんのピアノは、日本語の音がするという
overQさんのコメントが妙に気になります。
ぜひ記事に書いて欲しいですね♪
(「もけらもけら」のリンク先が「飛ぶ教室」になってましたよ)

四季さん、こんにちは。
>やっぱり子どもの頃に読むのがベストという本も多いと思います
この言葉に一票!!(笑)
子供の頃っていちいち文章で説明されなくても伝わっていることがいっぱいあると思うんですよね。
この間『クレヨン王国』を久しぶりに読んだんですが、もちろん面白かったんですが、「え!こんなにアッサリした話だったんだ!」と驚きました。
子供の時の想像力や感受性ってホントに素晴らしいなぁと思いました。
だから、小さい子には絵本や紙芝居をたくさん読んであげられたらなと思います。それは絶対ムダなことじゃありませんよね♪

>sa-kiっち
わあい、sa-kiっちも参加ですね~。^^
「もけらもけら」、面白いのでぜひぜひ。
お話も何もないので、読むという意味ではすぐに読めてしまうんですが、
意外とじっくり楽しめる絵本なのではないかと思います。
うんうん、リズム感って大切ですよね。
私もするすると流れるように読める文章が好きです。
日本人作家さんでも、リズム感が合わないと読みにくいですもん…
漠然とした苦手意識って、案外そんなとこが決め手かもしれませんね。
ねね、山下さんの日本語の音がするピアノ、気になりますよね!
ほんと記事にして頂きたいです~。楽しみ♪

きゃー、ほんとだ! リンク先、違ってますね。
早速直しました。ありがとうございます。

>tomekitiさん
子どもの頃好きだった本を大人になってから読み返すと、
思ってたのとは全然違っててびっくりすることってありますね!
「クレヨン王国」もそうでしたかー。
大人になって再読して新たな発見をする本もあると思うんですけど、
でもやっぱり、少なくとも最初の1回は子どものうちに読みたいものですね。
とは言っても、一度大人になってしまうと、もう子どもの頃には戻れないのですが…。

読み聞かせ、いいですね。それは絶対に無駄じゃないと思います!
それまで知らなかったお話にも幅広く触れることができるし、
実際、目だけじゃなくて、耳からも情報が入ってくるのってすごく重要だそうです。
という私は、ほとんど読み聞かせてもらえなかったので
お母さんに読んでもらってる小さい子を見ると、羨ましくなります。(笑)

初めましてこんにちは。
たら本にこそっと初参加し、いろんな人の好きな「子どもの本」を見て楽しませてもらっています。
こちらで『エルマーの冒険』と『飛ぶ教室』を見つけて、思わず「きゃー!」と叫んでしまいました。エルマー、懐かしいですね。小学校の頃よく読んでいました。
『もけらもけら』も面白そう。ジャズ好きの友だちに教えてあげたい…!

>ninnyさん
はじめまして、こんにちは!
ほんと今回のエントリは、懐かしい本のオンパレードですよね。
「エルマー」お好きでしたか♪ 「飛ぶ教室」もほんといい作品ですよね。
他にもいっぱい好きだった本があって、絞るのが大変だったんですけど
懐かしい気持ちになって頂けて良かったです。^^
「もけらもけら」もぜひぜひ。お友達にも教えてあげてくださいね!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.