「アエネーイス」ウェルギリウス

Catégories: / / / /

 [amazon]
古代ローマの国民的詩人、ウェルギリウスによる英雄叙事詩。トロイアを脱出したアエネーアースがイタリアに辿り着いてローマを建国するまでの物語です。タイトルの「アエネーイス」は、「アエネーアスの歌」という意味。実はちょっと前に岩波文庫版を読もうとしたんですけど、七五調の訳に何とも眠くなって上巻だけで挫折... こちらのを借り直してリベンジです。とは言っても、こっちもあんまり読みやすくなかったんですが...。

本来、ローマという名前の起原になったのは、もう少し後の時代のロームルスという人物。軍神マルスが王女レアに産ませた息子です。怒った王によって、双子の兄弟レムスと共に川に流されちゃうんですが、そのロームルスが後に築いた都市がローマ。だからこちらの方が建国の祖としては正統派。でもその時起きたいさかいでロームルスがレムスを殺したという汚点があって... どうやら元々あまり到底品行方正とは言えなかったようだし、父が軍神マルスであることも粗野な印象を与えたのだそうです。
それに対して、アエネーアスは女神ウェヌス(ヴィーナス)の息子で、トロイア戦争ではへクトルに次ぐ勇士。落ち武者ではあるけれど、居ながらにしてギリシャの文化の香りを伝える洗練されたところが人気だったようです。(笑) しかも盲目の父・アンキーセスを背負い幼い息子イウールスの手を引いたアエネーアスには、ロームルスにはない美徳がたっぷり。ウェルギリウスの時の皇帝アウグストゥスがウェヌスの血統とされていたこともまた、ローマ建国の祖として相応しかったよう。...そこで解説を読んでて面白いと思ったのが、祖国を喪失したアエネーアスが新しいトロイアを再興したことは、いつかローマに存亡の危機がきても、偉大な指導者が現れて国を窮地から救うだろうという希望も入っていたらしいというところ。そりゃあ永遠に続く王国なんてなかなかないですけど、国力が充実してる時は、いつか滅亡する時のことなんて普通考えないでしょ...! その時のローマ人は「盛者必衰の理を表す」「驕れる者は久しからず」なんて本当に思っていたのでしょうか...?!(笑)

「アエネーイス」の前半は「オデュッセイア」、後半は「イリアス」を踏まえているのだそうで、そう言われてみると実際に前半は航海譚、後半は戦争物語でした。「オデュッセイア」ではポセイドンが怒ってたんですけど、こちらではユーノが怒っていて、難破したアエネーアスはオデュッセウスがナウシカアに助けられるように、カルターゴの女王・ディードに助けられるんですね。で、そしてオデュッセウスがカリュプソやキルケに誘惑されたようにディードと恋仲になって、同じように無理矢理逃げ出して...。他にも色々な共通点があって、比べてみるのは面白かったです。
とはいっても、作品自体は正直、あまり面白いとは思えなかったんですけどね... アエネーアスはトロイア戦争の中ではお気に入りの人物なのに、おかしいなあ。「イリアス」「オデュッセイア」の方が断然面白かったです。私自身、古代ギリシャは好きなんだけど、古代ローマとは今ひとつ相性が悪い、というのもあるかも。後のラテン文学に計り知れない影響を及ぼしてる作品なので、日本語にしてしまうと伝わらなくなってしまうという部分もあったりして... いや、それ以前にやっぱり私の読解力の問題か。(京都大学学術出版会西洋古典叢書)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「アエネーイス」ウェルギリウス へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.