「あかんべえ」上下 宮部みゆき

Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
太一郎と多恵が深川の海辺大工町に開いたのは、料理屋「ふね屋」。しかしふな屋に移ってきて間もなく、1人娘のおりんが高熱で寝付いてしまいます。おりん自身ですら、もう死ぬのかもしれないと思うほど酷い病状の中で、ある時冷たい手を感じておりんが目を開けると、目の前にいたのは、おりんに向かってあかんべえをしている女の子。夢の中でおりんが立っていたのは、三途の河原。そこには焚き火をしているおじいさんがいて、まだおりんの時ではないと言います。そして目が覚めると枕元には見知らぬ按摩がいて、おりんは体中を揉み解されて...。おりんの熱はようやく下がり、ふな屋は晴れて旗揚げの日を迎えることに。

なんと5人のお化けがいるというふな屋を舞台にした時代ファンタジー。時にはそのお化けが見える人もいるけれど、全部見えるのはおりんだけという設定。
おりんちゃんがとても健気で素直で、でも時々妙に大人っぽいことを言ったりして可愛らしい~。それに亡者たちが個性的でいいんですよね。若くて美形なお侍の玄之介、腕が確かな按摩の笑い坊、艶やかな色気のある女はおみつ、おりんを見るたびにあかんべえをする小さな女の子はお梅、大酒飲みで刀を持って暴れるおどろ髪のお侍... おりんとお化けたちの交流が楽しかったです。特に気に入ってたのは、おみつ。
最初は皆を早く成仏させてあげたいと考えるおりんなんですけど、みんな自分がどうやって死ぬことになったのか、肝心な部分の記憶を失っているので、なかなか上手くいきません。それでも生前持っていた黒い思いのおかげで、同じように黒い思いを持つ人間のことはよく理解できるし、諭してあげることはできるんですよね。こういうところが、宮部みゆきさんの時代物の特徴かも。救いがあって暖かくて、だから私は現代物より時代物の方が好きなのかもしれません。現代物だと、そういう風に人を救ってあげようと姿勢ってあまりないように思うんですよね。
なぜ亡者が見えるのか、という辺りもすごく好きでした!
ただ、お化け騒動がようやく片付いたところで、肝心のふね屋の商売はまだ軌道に乗ってないんですよね。それどころかまだまだどん底状態。これからきっとちゃんと立て直すんでしょうけど... 次はお化けは抜きでも仕方ないんですけど、お店の話をぜひとも書いて頂きたいものだなあ。(新潮文庫)


+既読の宮部みゆき作品の感想+
「ICO 霧の城」宮部みゆき
「あかんべえ」上下 宮部みゆき
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「あかんべえ」上下 宮部みゆき へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

【覚書】★★★★★★★★☆☆ 五人のお化けと、一人の女の子をめぐるファンタジー・ホラー小説。前半はともかくとして、最後の四分の一はさすがに宮部みゆきである。物... » Lire la suite

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.