「水底の仮面」「炎の聖少女」タニス・リー

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
海の都・ヴェヌスで始まった秋の謝肉祭。その日、フリアンは舟を雇って、夜中の3時から運河や淵を巡って、シャーキン医師のために死体を捜していました。謝肉祭には死人がつきもの。しかし1年前は一晩で5つも遺体を見つけたフリアンも、その日は1つも死体を見つけられなかったのです。ようやく見つけたのは、謝肉祭の間、全ての人々がつけることを義務付けられている仮面を1つだけ。それは半顔で、古代ギリシャやローマの神々の彫像や彫刻を思わせる端整な目鼻立ちをした上等なもの。しかしその仮面には、剥ぎ取ろうともがいたような傷や、仮面が血を流したような鈍い錆色の切り傷が走っていたのです... という「水底の仮面」と、炎を作り出す力を持つ奴隷の少女ヴォルパの物語「炎の聖少女」。

今年はなぜかタニス・リーの未訳作品がどんどん訳されてるんですが、これもその一つ。「ヴェヌスの秘録」という4部作の最初の2巻です。私はてっきり話が続いてるのかと思って、4冊全部出揃うまで読むのを待っていたんですが、どうやら同じ主人公の話が続いていくというより、ヴェネチアのパラレルワールド、ヴェヌスの都という場所そのものが主役の話だったみたい。
これまで産業編集センターから出版されたタニス・リー作品はことごとくイマイチで(失礼)、それに比べると、このシリーズはタニス・リーらしさが出てるとも言えるのだけど... そうなったらそうなったで、やっぱり浅羽莢子さんの訳で読みたかったなーとか今更のことを思ってしまうんですよねえ。この作品の訳は柿沼瑛子さんという方で、この方の訳も悪くないんですけど、タニス・リーですし! なんせ私が最初に読んだリー作品が「闇の公子」ですから!
...というのはともかく、ヴェヌスを舞台を舞台に繰り広げられる1作目は、やや浅く感じられる部分はあるものの、妖しい雰囲気はいい感じ。2作目は、聖少女という設定がなんだかジャンヌ・ダルクっぽくて、ヴェヌスの必然性はあるのかしら?って感じもあったんですが、まあまあ。3・4作目に期待しようと思います。(産業編集センター)


+シリーズ既刊の感想+
「水底の仮面」「炎の聖少女」タニス・リー
「土の褥に眠る者」「復活のヴェヌス」タニス・リー

+既読のタニス・リー作品の感想+
「闇の公子」タニス・リー
「死の王」タニス・リー
「タマスターラー」タニス・リー
「ドラゴン探索号の冒険」タニス・リー
「白馬の王子」タニス・リー
「惑乱の公子」タニス・リー
「熱夢の女王」上下 タニス・リー
「ゴルゴン 幻獣夜話」タニス・リー
「血のごとく赤く」タニス・リー
「バイティング・ザ・サン」タニス・リー
「鏡の森」タニス・リー
「黄金の魔獣」タニス・リー
「幻魔の虜囚」タニス・リー
「幻獣の書」「堕ちたる者の書」タニス・リー
「月と太陽の魔道師」タニス・リー
「冬物語」「闇の城」タニス・リー
「銀色の恋人」タニス・リー
「妖魔の戯れ」タニス・リー
留守中に読んだ本(18冊)(「ウルフタワー」の感想)
「影に歌えば」「死霊の都」タニス・リー
「パイレーティカ 女海賊アートの冒険」タニス・リー
「銀色の愛ふたたび」タニス・リー
「悪魔の薔薇」タニス・リー

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「水底の仮面」「炎の聖少女」タニス・リー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.