「ジャイアンツ・ハウス」エリザベス・マクラッケン

Catégories: / /

 [amazon]
ペギーは町営図書館の司書。ペギーの勤める図書館にジェイムズが初めてやって来たのは、ペギーが25歳、ジェイムズが11歳の時。小学校のクラスメートたちと共に教師に引率されて図書館に入ってきた中にいたジェームズは、当時ですら185cmという長身で目立っていました。それからというもの、人間があまり好きではなく、恋愛にも縁遠かったペギーにとって、ジェイムズは特別な存在となります。

図書館司書をしている冴えない女性・ペギーと、巨人症の少年・ジェイムズの恋物語... でいいのかな。なんだかね、読み方によってはすごくスレた読み方ができる話なんです。ペギーのジェイムズに対する恋心は、ともすれば所有欲に近いものにも見えるんですよね。節度を守った行動ではあるけれど、気持ち的にはストーカー寄り... いわゆる世間一般の「女性らしい女性」の規範からはみ出してしまったペギーが、常に背の高さばかり注目されてしまう、「少年らしい少年」の規範からはみ出してしまったジェイムズに、同病相憐れむ感情を抱いたようにも見えます。家族愛を知らないペギーにとっては、ジェイムズの家の雰囲気も憧れだったのかも。...とは言っても。始まりがどんな感情であったにせよ、それだけを追い求めれば、いつかは本物になる...!? ペギーの最後の行動には、びっくり。そんなのばれないはずがないでしょう、と思いつつ...。
なーんて書いてますけど、素直な気持ちで読むと、とってもピュアな恋愛小説にもなるんです。恋愛に慣れていない2人が不器用ながらも着実に思いを育んでいった、というような。そうなると、最後は「ペギーもようやく自分の居場所を見つけられてよかったね」って、そうなるかな...? ふふふ、面白かったです♪

この作品の中で、図書館司書に対して手厳しい言葉がありました。「司書は(スチュワーデス、公認会計士、中古車のセールスマンとおなじく)、ある種ひねくれた人間を惹きよせる職業と思われている。さらには、手厳しい行き遅れの女ということになっている。寂しい頑固者。まずもって、刺々しい。罰金を愛し、静寂を愛する」ですって。ひいい。(笑)(新潮クレストブックス)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ジャイアンツ・ハウス」エリザベス・マクラッケン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.