「鏡のなかの迷宮」1・2 カイ・マイヤー

Catégories: / /

   [amazon] [amazon] [amazon]
パラレルワールドのヴェネチアは、現在、歴史上最大・最強と言われるエジプト帝国軍に包囲されているのですが、30年前の侵入を水の女王が撃退して以来、その力に守られている状態。そんな町に育った14歳のメルレは、孤児院出身の女の子。同じく孤児院出身で目の見えない13歳のジュニパと共に、追放されし者の運河にあるアーチンボルトの魔法の鏡工房に弟子入りすることになるのですが...。

ええと、上には3つ画像を出してますが、読んだのは左の2冊です。全然ダメでした... 薄々感じてはいたんですけど、私、ドイツ系のファンタジーとは相性がイマイチなのかもしれません。「ドイツ系のファンタジー」なんて大きく括ってしまうのは、危険なんですけどね。それほどドイツのファンタジーを読んでるわけでもないですし。でもイギリスのファンタジーを楽しめるほどには、ドイツのファンタジーは楽しめないことが多いのです。もう読まなくてもいいや、というドイツ系のファンタジー作家さんが、これでまた1人。まだ試してないドイツ系有名ファンタジー作家さんといえば、コーネリアス・フンケぐらいかしら。

感覚的に合わないところはともかくとして、なんていうか、設定そのものは悪くないのに、このページ数にしては物事が忙しく展開しすぎだと思いますね。弟子入りしたかと思ったら、すぐに大きな展開があって、こっちの彼と知り合ったかと思えば、もう一緒に冒険。落ち着いて状況を味わう間もありません。小説を書くというのは、基本的にまず骨格となる部分があって、そこに血肉をつけていく作業じゃないかと思うんですが、この作品は、まるで骨を半分剥き出しにした状態で歩き回ってるような... もしくは梗概? 起きた出来事や会話を羅列してるだけで、それを登場人物がどう感じているのかがほとんど書き込まれてないので、どの出来事も上滑りのように感じられてしまうー。そもそも、登場人物たちの容姿ですら、ほとんど分からない状態なんです。主人公の女の子は黒髪で、その親友はプラチナブロンド。2人とも、どちらかというと細め。それだけ。...それで? 彼らはどんな性格で、何をどんな風に感じるの? ただ単に色が白いとか黒いとか、熱いとか冷たいとか、そんな言葉だけが並んでいても、こちらには実感として何も伝わって来ないです。同じ話でも、倍ぐらいのページでもっとじっくり書いてくれれば、まだ良かったのかもしれないんですけどね。(あすなろ書房)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「鏡のなかの迷宮」1・2 カイ・マイヤー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

ご無沙汰してます。ルフナです。
しばらく前からBBSが見られないので、久々にこちらに足跡を残しますね。
フンケの名前があったのでv

『鏡のなかの迷宮』、気になっている本ですが四季さんはダメだったんですね。
でも設定は悪くないみたいなので、やっぱり読んでみようと思います。
で、フンケですけど、私のオススメは『どろぼうの神さま』です。
これも舞台はヴェネツィアです。
本好きさんには『魔法の声』と『魔法の文字』もオススメしますが、
これはとにかく長いので、読むのに気合いが必要かもです(^^;)
四季さんもフンケの作品を気に入ってくれたら嬉しいな~。

それと、先日は村山早紀さんの本を読まれていましたよね。
『コンビニたそがれ堂』を書架で見かけて「あ、四季さんの読んだ本だ」と思いました。(笑)
『ささやかな魔法の物語』はsa-kiさんも読まれてて、これも気になっていました。
風早街を舞台にした本は他にもあったんですね。
こちらもますます読みたくなりました。

では、またお邪魔します(^^)

ルフナさん、こんにちは。こちらこそご無沙汰してます。
掲示板ね、ちょっと前にスパムが毎日来るようになったので
直接アクセスできないように設定したんです。
トップからでもいけないとしたら、その設定が何かに影響しちゃったんでしょうね。
申し訳ないです。

「鏡のなかの迷宮」、なんだか全然だめでした。
本当は1巻だけでやめようかと思ったんですけど
それだけで決めるのも早いかと、とりあえず2巻も読んでみたんですが…
3巻までいく元気はありませんでした。(^^ゞ
でも、この作品が好きとおっしゃる方は多いので、ルフナさんが気に入られる可能性は高いかも!
私の場合、イーザウもだめですしね。
エンデですら、「大好き!」とまでいかないので。
ドイツの児童文学はいいんですけど、ファンタジーになると何が違うのかしら。
フンケはどうでしょうね。読んでみたいような、読むのがこわいような…
手に取る時は、「どろぼうの神さま」にしてみますね~。

村山早紀さん、良かったですよ。
風早街を舞台にした本は、どうやら全部で8冊あるみたいです。だからあと2冊。
対象年齢が低い本が多いので、その辺りはちょっとツライものがあるんですが…
「ささやかな魔法の物語」や「コンビニたそがれ堂」は、とても良かったです。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.