「算法少女」遠藤寛子

Catégories: / /

 [amazon]
上方で算法を収めた町医者の父に幼い頃から手ほどきを受けたあきは、まだ13歳ながらも、算法の学力はかなりの水準。近所の娘たちと浅草の観音さまにお参りに行った時にも、奉納されようとしていた算額に誤りがあるのを見つけてしまいます。算額とは、表向きは勉学の進歩を神仏に感謝するものなのですが、その実態は、自分の学力を大勢の人の前で誇示するもの。奉納しようとしていたのは、江戸での算法の中心的な存在である関流の宗統・藤田貞資の直弟子で、しかも旗本の子弟だったため、町人の小娘のやっつけられた話は算法家の間ですぐに広まってしまいます。そして話は筑後久留米藩の有馬候にまで伝わり、算法好きの有馬候はあきを姫君の算法御指南役に迎えようと考え始めます。しかし、あきがやっつけた相手の師匠・藤田貞資から、横槍が入って...。

先日、掲示板でアッシュさんにオススメしていただいた本。この「算法少女」という題名は、作者の遠藤寛子さんがつけたものではなくて、安永4(1775)年に刊行された和算書「算法少女」からきたものなんだそうです。江戸時代の「算法少女」を書いたと言われているのが千葉桃三という町医者で、それを手伝ったのが娘のあき。遠藤寛子さんが、あきによる前書きを繰り返し読んで、内容を詳しく調べているうちに、徐々に心の中に育ってきた物語なんだとか。
日本古来の数学である「和算」の存在自体は知っていましたが、江戸時代に、これほど和算が庶民の間に広まっていたとは、全然知りませんでしたー。既に相当高いレベルに達していたようですね。正確な円周率の算出方法などもあって、流派の秘伝とされていたよう。そもそも、万葉集にも九九を使った句があるんだそうですよ! 「十六」と書いて「しし」と読ませたり、「八十一」と書いて「くく」と読ませたり。でもそれほどの和算も明治以降はすっかり影を潜め、西洋の数学が中心になってしまったんですって。勿体ないなー。
物語としては、詰めの甘さもあるんです。せっかくの有馬候の御前での算法対決の場面なんかは、もうちょっと盛り上げて欲しかったところ。でも元々は児童書だそうだし、この品の良い語り口には、この展開が合っているのかもしれないですね。いやあ、本当に可愛らしいお話でした。あとは、物語の中に登場する問題とその解き方が巻末にでも載っていれば、尚良かったのにな。これを読んで、数学の問題を解きたくなる人もきっといるはず!(笑)(ちくま文庫)

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「算法少女」遠藤寛子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

こんにちは。
これは楽しくてためになる一冊でした。
大人が読んでも全然問題ないですね。
我が家は一家で読みました。
こういう本を見つけて復刊してくれるのは、ありがたいです。

おぉ~。これはなかなか面白そうですね。
数学と言うよりは算数好きだったので、この本にもはまる自信があります。

でも、本文よりも解かれていない問題にはまりそうで怖い…(笑)。
中学・高校時代ならば解く自信あったんですけど、今はもう…(泣)

>木曽のあばら屋さん
わあ、一家で読まれただなんていいですね!
ほんと、大人から子供まで幅広く楽しめる作品ですものね~。
私が子供の頃にも、図書室とかにあったんじゃないかと思うんですけど、全然知らなかったのが惜しいです。
もし算数が苦手でも、この本を読んだら算数に興味がわきそうだし
算数が好きなら一層楽しく読めそうな作品ですね。^^

>あっこさん
可愛らしい話でしたよ~。
でもね、実際の問題に関しては、それほど出てこないんです。大きく出てきたのは2つだけかな。
定理を利用したり道具を使ったり、色んな解き方があるらしいんですけど、その辺りが今ひとつ分からなかったのが少し残念…
巻末に算法の基本的な問題をいくつかと、解き方サンプルみたいなのが欲しかったです。
…いや、私もこういうのに結構燃えるタイプなので。(笑)

算法って、ほんと中高の数学より小学校の算数に近そうだし、面白そうです。
あ、良かったらこの本、お貸ししますよ!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.