「童話の食卓へようこそ」

Catégories: /

 [amazon]
「ぐりとぐら」「ちいさいおうち」「ハイジ」「赤毛のアン」「若草物語」「おだんごぱん」「ちびくろ・さんぼ」など、22の童話や児童書の中に登場する食事の風景を再現した本。レシピ付。

先日図書館で書架整理をしてる時にふと目についた本。童話って、たとえばどんな童話?と思って開いてみると、開いたそのページに「ぐりとぐら」のカステラの写真が載ってるじゃないですか!
うわあ、あのカステラ、どうやって作ったのか、ずっと気になってたんですよぅ。大人になってからは、きっとちょっと甘めの玉子焼きだろうなと思ってたんですが、小麦粉も混ぜてますしね。(卵を拾ったぐりとぐらが材料として持参したのは、小麦粉、バター、牛乳、砂糖) そもそも、あれは何の卵? というところから、頭の中はいつもはてなマークでいっぱい。卵は1個しかないのに、あんなに沢山の動物に分けられるほどのカステラが作れちゃうし、しかも殻の中に野ねずみのぐりとぐらが2匹とも余裕で入れちゃうんですからねえ。ニワトリの卵じゃ絶対小さすぎるし。もっと大きな卵を生みそうといえば... やっぱりダチョウ?(笑)
ということで、それ以来私の中では、あれはダチョウの卵ということになってるんですが... いや、なぜダチョウの卵が森の中に落ちていたかについては、更に謎が増えちゃうんだけど。それ以前に、あの森の中でカステラを食べてるメンバーからしてあり得ないんだけど。(笑)

で、家に持って帰って、ワクワクしながら読み始めたんですが...
ちなみに、巻末についてるレシピによると、材料はぐりとぐらが持参したものとほぼ一緒。(卵は3つだけど)

1.フライパンに油を塗っておく
2.ボールに卵を割りほぐし、泡だて器で泡立てる。ある程度泡立ったら、砂糖を加え更に泡立てる
3.十分泡立ったら、牛乳を加え更に泡立てる
4.ふるった粉を加え、さっくりと混ぜ、粉が見えなくなったら、溶かしバターを加えて切るように混ぜ、フライパンに流し、表面に霧を吹きかけ...

ここまでは良かったんですが、次の1行で目をむきました。

150度のオーブンで50分ほど焼く

なんですとー!?!
ぐりとぐらのカステラは、焚き火で焼いてるんですよ! それを何ですか、オーブン?
フライパンに入れたのは、雰囲気を出すためだけだったんですか? ナニソレ!!(きーっっ)


読了本に入れるのはやめようかと思ったんですが、やっぱりネタになるのでアップします。(爆)(北方新社)

| | commentaire(6) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「童話の食卓へようこそ」 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(6)

四季さんが怒っておられる…。笑
あのフライパンもおっきかったですよね。
うんうん、オーブンには入らない!

わはは。四季さんがきーってなってる(笑)。
わたしは全然腹立ちませんがね。
だって材料がダチョウの卵じゃないし!(笑)

あの森のメンバーはホントにありえませんね。
きっと誰も気づいていないけど、
ぐりとぐらはホントはSFなんですよ(笑)。
あの森にはあちこちに次元の穴みたいなのが開いていて、世界中の森と繋がっているんです。あ、森じゃなくてサバンナとかも。森と言うよりはジャングルだよ、ってところも。

でもって、彼らがなぜお互い襲ったり襲われたりすることもなくなかよくカステラを食べているかというと、彼らの
主食は人間
だからなんですよ。

SFホラーぐりとぐら!

>つなさん
つなさんも読んでらっしゃいましたか。
もう、すっかり騙されましたよー!!
最初から、鉄のフライパンと大きなオーブンが必要って書いてくれなくちゃ。(笑)
あれね、コンロでなんとか焼けないですかねえ?
こうなると、意地でもコンロで焼いてみたくなってきちゃう…
でも、普通にホットケーキでも焼いて食べる方が(ホットケーキミックス使用)
ずっと美味しいかもしれないですね。
…あ、そうか、ホットケーキで良かったのか。(笑)

>ちょろいもさん
おおー、SFホラーぐりとぐら!(わはは)
いや、本当にそうなのかも。次元の穴、いいなあ。
ぐりとぐらのシリーズもそうですけど、中川李枝子さんの話って
読んでる時は面白いんだけど、ふと我に返ると「あり得ないー!」が結構ありますよね。
それもファンタジックなレベルじゃなくて、もっとさりげなくあり得ないから怖い。(笑)
そうか、あれはやっぱりSFホラーだったのか。

でも、どうも異世界物でもあるような気もします。
あの森はこの世界の森じゃなくて、「うたえみどりの島」なんかと繋がっていて(結構広い)
…こっちの世界に来る時は、人間の生贄を捕まえにくる時なのかも… 怖っ。(笑)

「ぐりとぐら」のカステラはおいしそうでしたよね~♪
子供心に憧れたのを覚えています。
卵は私もダチョウのイメージでした(笑)
初めて中華カステラをみたとき「これが、そうか!」と思ったんですが
違うんでしょうね~。

>ia.さん
そうか、中華カステラがありましたね!
今検索してみたら、ここに載ってるのと作り方はほとんど一緒みたいです。
違うのは、最後オーブンを使わずに、蒸し器を使うことだけ。
うーん、森の中では蒸し器というのも難しいけど…(笑)
でもあのふんわり感は、ぐりとぐらのカステラのイメージにぴったりですね。^^

ia.さんもダチョウの卵でしたか! やっぱりそうですよね。うふふ。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.