「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎

Catégories: /

 [amazon]
大学の先輩だった河原崎と一緒に、夜の動物園に入らせてもらった時の話「動物園のエンジン」、人を捜す仕事で小暮村に行った黒澤は、その村に未だに残る風習に驚かされる「サクリファイス」、「僕の勇気が魚だとしたら」という文章で始まるある作品にまつわる、いくつかの物語「フィッシュストーリー」、プロ野球選手の家に泥棒に入っている間に、助けを求める若い女性からの電話が... という「ポテチ」の4編。

今回も他の作品とのリンクが結構あったんですが、個人的には「ラッシュライフ」の黒澤が登場するのが嬉しかったですね。なので、2作目の「サクリファイス」が一番好み。黒澤登場はもちろんのこと、すでにすっかり形骸化しているかのように思えた不気味な風習が、実は今でも生きていた?!という辺りが~。伊坂作品らしさという意味では、表題作「フィッシュストーリー」が一番かな。20数年前の父親の話、30年前のロックバンドの話、現在のハイジャック犯の話、そして10年後の話。全然関係ないように見える出来事が1つの細い糸でずっと繋がっていて。でも、一般的には「ポテチ」が一番人気かもしれないですね。これは味のある登場人物も多かったし。
でも、悪くはないんだけど... 私自身の気持ちが国内作品から離れ気味のせいもあると思うんですが、どうも物足りなかったです。伊坂作品らしさが、今回薄かったように思うんですよね。薄いとは言っても別路線を打ち出したわけではなくて、これまでの作品と同じようなパターン。比較的最近の作品では、私は「砂漠」や「魔王」が好きなんですけど... 特に「魔王」のインパクトは、今までにない伊坂色を見せてくれたという意味でも凄かったと思うのに...! でも結局また元に戻っちゃったのね、って感じ。うーん。(新潮社)


+既読の伊坂幸太郎作品の感想+
「死神の精度」伊坂幸太郎
「魔王」伊坂幸太郎
「砂漠」伊坂幸太郎
「終末のフール」伊坂幸太郎
「陽気なギャングが地球を回す」「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(6) | trackback(3)

Trackbacks(3)

「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』の感想をこちらに。相変わらず巧みな伊坂幸太郎。それは間違いないんだけれど…。ああ、なんだかさみしいなあ。  いつも一定の水... » Lire la suite

フィッシュストーリー オススメ! 「動物のエンジン」 10年前、僕と河原崎さんと、動物園職員の恩田は深夜の動物園にいた。 そこには、狼の檻の前で横たわっ... » Lire la suite

フィッシュストーリークチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2007/1/30) # ISBN-10: 4104596027 評価:89点 短編を4作品収... » Lire la suite

Commentaires(6)

なんだかあまりにも同じようなことを書いていて笑ってしまいました(苦笑)。
そうそう、わたしにとっても伊坂は『魔王』で転換期を迎えた!という気持があったんですよ。
でもやっぱりこれからも期待してしまいそう(笑)。
書いてくれるはず!という気持は捨てられないんですよね~。

わわっ、そうでしたか。
ちょろいもさんの感想は以前某所で拝見してるので、それが頭に残ってしまっていたのかも…
うわー、真似したつもりはなかったんですよ。ごめんなさい。
でも本当に、今回はちょっと。
「魔王」の後、「終末のフール」は時期設定に技アリだったので、そういうことは考えなかったし
次の「陽気なギャング」は、続編だからまあ良かったんですけど(最初のに比べるとかなり落ちたけど)
今回のは、もういいよ、って思ってしまいました…
実はこの本を手に取った時に、今回は読むのやめようかと思ったんです。やっぱり予感は大切にすべき?(笑)
次のは、ちょろいもさんの評価が高ければ読むことにしようかなあ。(笑)

いやいや、マネしたなんて思ってませんよ!
あんまり同じ感想の人が見あたらなかったので、
むしろ嬉しくなったくらいで(笑)。
確かに週末のフールは技ありでしたよね。
自作の感想は、責任重大ですね…(爆)。

あー、良かった♪
でも、その後この本の感想を検索して見てたんですが
好意的な意見が、ものすごく多いですねえ!
やっぱりこの路線が一番読者に喜ばれるのかあって思っちゃいました。
となると、本人の意思よりもそちらが優先される可能性もあるわけで…
なーんて、珍しく考えこんでしまう私なのでした。(笑)

こんばんわ。TBさせていただきました。
私も黒澤さんが好きなので、この作品は本当に嬉しかったです。
他にもいくつかリンクしている部分がありましたよね。
これが伊坂作品の醍醐味だと思います。
でも、伊坂節の物足りなさを感じたっているのは分かります。
私ももうちょっと何かがほしいって思いましたもん。

苗坊さん、こんにちは~。
苗坊さんも黒澤さんがお好きでしたか。お仲間ですね~♪
ほんと、普段なかなか出てきてくれないので嬉しかったです。
今回のリンクは、「オーデュポン」とか「重力ピエロ」とかでしたよね。大体分かったと思うんですけど
最初の頃に読んだ作品に関しては既に記憶があやふやで、ちょっとアヤシくなってます…^^;

苗坊さんも、もうちょっと何かがほしいと思われましたか。
評判はすごく良くても、そう思ってる方は案外いらっしゃるのかもしれないですね。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.