「中二階」ニコルソン・ベイカー

Catégories: / /

 [amazon]
1時少し前、黒い表紙のペンギンのペーパーバックと、CVSファーマシーの白い小さな紙袋を手に、会社の入っているビルのロビーに入った「私」。エスカレーターで中二階にあがると、そこにオフィスがあるのです...

岸本佐知子さんの「気になる部分」(感想) を読んだ時から気になってたんですけど、ようやく読めました! 一読して思ったのは、この作品の(というより、ニコルソン・ベイカーの作品の?)翻訳を岸本佐知子さんに依頼した人はエライ!!ということ。ニコルソン・ベイカーの作品はこれが初めてなんですけど、びっくりしました。岸本さんのように一面のお花畑が火の海になってしまうことこそないんですが(笑)、この方の思考回路も相当念が入ってるんでしょうねえ。いや、すごいです。岸本さんは、まさに適材適所ですね。

ある会社員の靴紐がお昼前に切れて、彼は昼休みに新しい靴紐を買ってくるんです。実際にここに書かれているのは、その彼がオフィスビルに入ってきたところから、エスカレーターを降りるところまで。出来事としては、ぜーんぜん何も起きないんです。ひたすら彼がオフィスに向かう途中で頭の中でめぐらしていた考え事を書き綴っていくだけ。エスカレーターの美しさから、回転する物体の縁に当たる光の美しさを思い、自分の左手にある紙袋の中身を思い出そうとしながら、その日の昼食に半パイント入りの牛乳を買った時の店員の女の子とのやりとりを思い出し、「ストローはお使いになります?」と聞かれたことから、かつての紙ストローからプラスチック・ストローへの変換と"浮かぶストロー時代"の幕開け、その後の大手ファーストフードチェーン店のストローに関する対応へと思考は飛び、さらに様々な事柄へ...。両足の靴紐が同時期に切れるのはなぜなのか、自分の人生における8つの大きな進歩について、ミシン目に対する熱烈な賛美。どんなに瑣末な思考も疎かにされることなく滑らかに発展し続けますし、その発展した思考が新たな思考を呼んで、それぞれに詳細な注釈を呼んで、その注釈は本のページから溢れ出しちゃう。ありふれてるはずの日常のほんの数分間が、日常のありふれた瑣末なことに関する思考で、再現なく豊かに膨らんでいくんですよね。いや、もう、こんな作品を読んだのは初めて! いやー、ほんと変な話でした。でも面白かった。(笑)(白水uブックス)


+既読のニコルソン・ベイカー作品の感想+
「中二階」ニコルソン・ベイカー
「ノリーのおわらない物語」ニコルソン・ベイカー

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「中二階」ニコルソン・ベイカー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

何なんでしょう、この本。 「中二階」。 どうやら小説であるようですので純文学に... » Lire la suite

Commentaires(2)

わー、四季さん、早い!笑
そして、やっぱり気に入られたと。
うわーん、なんでわが図書館にはないのだ??涙

「フェルマータ」はほとんどポルノだったのですが、それでもやっぱり、日常の何でもないこと
に対する(ちょっと偏執的にも思える)愛が溢れている本でした。
「日常の瑣末」なことがポイントな作家さんなんですかねえ。あ、そして、もちろん妄想も!笑

つなさーん、読みましたよ!
いや、もうほんと変な小説でびっくりです。
これを読んで、岸本さんも小説家デビューをしたらいいのに、とますます思うようになりました。(笑)
つなさんのお近くの図書館に入ってなくて、本当に残念!
おおー、「フェルマータ」もやっぱり同じような傾向の作品なのですね。
でも、「中二階」+ポルノ… うーん?(笑)
今度はそちらを読んでみますね。
続けざまに読むのはしんどいので、もう少し時間を置いてからになりそうですが…(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.