「逆転世界」クリストファー・プリースト

Catégories: / /

 [amazon]
全長1500フィートで七層に区分された、要塞のような「地球市」は、常にレールを敷設して1年に36.5マイルずつ進み続ける都市。この都市に生まれたヘルワードは、この日都市で成人とされる650マイルの年を迎えて、ギルドの見習い員となる儀式に出席していました。ヘルワードは父と同じ未来測量員を希望して認められ、早速見習いギルド員として、様々なギルドの仕事を経験することになります。最初の仕事先は、鉄道敷設ギルド。ヘルワードは生まれて初めて外に出て、土の匂いを嗅ぎ、夜明けの太陽が昇るのを眺めることに。その太陽は、かつて教師に習ったような球形ではなく、円盤のような形をしていました...。

なぜ都市は移動し続けなければならないのか、なぜ都市の人々は外に出ることができないのか、なぜ限られた人々しか都市が動いていることを知らないのか。そもそもこの世界は何なのか。読み始めると同時にわからないことがいっぱい。ヘルワードのお父さんが同年代の人間よりも老けて見えるのは、きっと未来測量員という仕事のせいなんだろうなとは思うんですけど、そもそも未来測量員が何なのかも分からないんですよねえ。それでもその設定を受け入れて読んでるうちに... えっ、時間や距離が状況に応じて変化?! なーんてますます不思議な状況になってきてびっくり。一体この世界は何なんだー!!
結末は思いの他あっさりしてるなあと思ったんですが、これはまさに逆転世界ですね! 今まで信じて生きてきたものが、根底から覆されちゃう。完全に覆されたあとのヘルワードときたら... きゃー、お気の毒! (痛切なんだけど、ちょっと滑稽な感じもあるような・笑)
いやー、さすがプリーストでした。そしてやっぱりこの人はSF系の人なんだなあと実感しました。「奇術師」や「魔法」(感想)はハヤカワ文庫でもファンタジーのレーベルに入ってたし、あの2作品に関してはそれも良かったと思うんですけど、でも根っこのところは絶対SFだわ、この人は。もちろん「双生児」(感想)も然り、です。

SFはあんまり得意ではないので、読む前はちょっと心配してたんですけど、読んでみれば全然大丈夫でした。むしろ好きなタイプのSFだったので嬉しい♪ SFには好き嫌いがハッキリ分かれちゃうんですけど、自分が何が好きで何が苦手なのかきちんと分かっていないので、現在模索中なんです。どうやら宇宙戦争はダメらしい、というのは分かってるんですけどね。
それとこの都市、読んでる間はマーヴィン・ピークの作品に登場するゴーメンガーストという奇城を思い浮かべてたんです。さすがにあそこまでは歪んでないだろうとは思ったんですが。でも本の表紙を見てみたら意外とまともでびっくり。(本屋の紙カバーをつけっぱなしだったので、全然見てなかった) いや、普通に考えれば、こっちの方が本の内容には合ってるんですけどね。(笑)(創元SF文庫)


+既読のクリストファー・プリースト作品の感想+
「奇術師」「魔法」クリストファー・プリースト
「双生児」クリストファー・プリースト
「逆転世界」クリストファー・プリースト

| | commentaire(6) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「逆転世界」クリストファー・プリースト へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 クリストファー・プリースト『逆転世界』の感想をこちらに。いやー、『奇術師』、『魔法』ときて、きっとこの作品も素晴らしいに違いない、と読み始めたその予想は間違っ... » Lire la suite

Commentaires(6)

こんにちは~♪
逆転世界、気に入ってくださってとっても嬉しい♪
そうかー、四季さんってSFは好き嫌いがあるんですね~。わたしは最近自分が”SF好き”なんじゃないかって自覚し始めたところで(笑)、今はいろいろ試行錯誤中です~ってやってることは同じですね!(爆)
それじゃ宇宙戦争、読んでみようかなあ(笑)。

ゴーメンガースト、実はものすごーーく以前から気になりつつ読めていない作品なんですよね。
確か3部作でしたよねー?
四季さんの感想を読んだら俄然読みたい気分になってきちゃいましたわ~。

「逆転世界」、ものすごく面白かったです~。
「魔法」と「奇術師」をあっさり抜いてしまいました! 「双生児」とは、甲乙つけがたいかな。
いやあ、すごいですね。
これを読めたのは、ちょろいもさんのおかげです。ありがとうございます♪

そうそう、実はSFは好き嫌いが激しくて… おお、模索中仲間でしたか♪
ファンタジーは大好きなのにSFがダメって、なんか不思議ですよね。共通点がかなりあるはずなのに。(笑)
ハインラインの「夏への扉」は大好きだし、アシモフの「鋼鉄都市」なんかもすごく楽しめたので
SFが全部ダメってわけじゃないんですけどねえ。
あ、私が知ってる数少ないSF作品では、エドモンド・ハミルトンの「フェッセンデンの宇宙」も良いですよ。
短編集なんですが、表題作は実は子供の頃から好きだった作品なんです。

ゴーメンガーストは、すごいですよー。ああ、あれこそ、SF好きの人の方がいいかもしれません…
ジャンルとしては、SFではないと思うんですけどね。
私は3部作の2作目までで止まってるんです。
オススメかどうかは微妙なんですが(笑)、すごい作品なのは確か。
ちょろいもさんも、ぜひ試してみてくださーい。

プリーストは裏切りませんね。
楽しまれたようで何だか私もうれしいです。
うわこれはおもしろかった、つかれた、最高! となります。
国書刊行会のサイトに短編集の刊行予告があります。
楽しみです。今年中に読みたい……。

SFとミステリにおいて重要なのは、
何度も読めるかどうかです、私の場合。
なので一度は読んでみないと判断できないという非効率。

ゴーメンガーストはBBCのドラマで観ました。
きっちりと映画化したほうが良いのではと思いました。

映画「プレステージ」は、まるっきり駄目でした。

話は変わりますが「最後の晩餐の作り方」大好きです。
でも、程度は人それぞれですが四季さんと同様に、
どうやらあのしつこい文章が苦手な人のほうが多いということに、
最近になってようやく気づきました。

kotaさん、こんにちは!
ほんと、プリーストは裏切らないですね。
これだけコンスタントにやってくれるとは、びっくりです。
やられるのを警戒しつつ、慎重に読んでるはずなのに… 全く。(笑)
おおー、新刊ですか。プリーストの短編ってどんなんなんだろう。楽しみですね。

何度も読めるというのは、確かに1つの価値基準として重要なことですね。
私も、本を手元に置いておくかどうかは、それが基準となってます。
でもSFとミステリで、となると、ハードルが結構高くなりますね。
奇抜なトリックのアイディアに頼る作品ほど難しくなるわけだし…
kotaさんの書棚には、どんな作品があるんだろう? 拝見してみたいなあ。

あ、「プレステージ」はダメでしたか。それはまあ、予想通りですが…
ゴーメンガーストは、BBCも5年かけたそうですけど、それ以前に映像化に無理があるような気も。

「最後の晩餐」は、ひたすらグルメを語っているようでいて実は、な作品ですよね。
それなのに、あのしつこい文章にすっかり気を取られてしまって
楽しむところまでいかなかったんですよー。
いつか再読したいです!

私の書棚、入れ替わりが激しいですよー。
好きな本100冊というのを教えてほしいというリクエストをもらい、
半年くらい前から絞っている最中です。
でも100で区切るというのに必然性を感じず、難儀しています。
でもそのうちブログにリストという形でアップすると思います。
他人の本棚はおもしろいので、ねたにしてもらえれば幸いです。

わー、それは楽しみ!
ほかの人の本棚を眺めるのって大好きです。
その人の内面を覗き込むようで、いつもドキドキしちゃいます。
こんなにじーっと眺めたら失礼かしら、なんて考えてしまったり。(笑)
逆に自分の本棚を見られるのは、緊張ですが…(^^ゞ

100冊というのは、まあ1つの目安ということでいいんじゃないですか?
なんだかとっても濃密なリストが見られそうで、ワクワクしちゃいます。
ブログにアップされる日を楽しみにしてますね~!
(そして今後の指針にさせて頂く事になるのではないかと~)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.