「夜の言葉」アーシュラ・K・ル=グウィン

Catégories: /

 [amazon]
アーシュラ・K・ル=グウィンによる、ファンタジー・SF論。各地で行われた講演会やエッセイのために書かれた原稿を集めたものです。「夜の言葉」というタイトルは、「わたしたちは、人間は昼の光のなかで生きていると思いがちなものですが、世界の半分は常に闇のなかにあり、そしてファンタジーは詩と同様、夜の言葉を語るものなのです」という言葉からきたものなのだそう。

ル=グウィンの本は「ゲド戦記」以外あまり読んでいないし、SFに苦手意識を持つ私は、傑作と名高い「闇の左手」も今ひとつだったんですが、この本はとても面白かったです。でもファンタジーやSFファンにとっても、すごく興味深く読める本だと思うんですけど、どちらかといえば創作をする人にとって勉強になる本なのかも。
その創作という意味で一番印象に残ったのは、ファンタジー作品の持つべき文体に関して語っている「エルフランドからポキープシへ」という章。ほんの数箇所の言葉を変えるだけで、エルフランドの話のはずがワシントンDCを舞台にした現代小説に変わってしまう例や、E.R.エディスン、ケネス・モリス、J.R.R.トールキンの3人の文を例に出しての話で、この辺りは本当は原文で読まなくちゃきちんと理解できないだろうと思うんですが、すごく興味深かったです。あと、フリッツ・ライバーとロジャー・ゼラズニイの2人が口語体のアメリカ英語と古文体を場面に応じて使い分けてるとした上で、こんなことを書いていました。

シェイクスピアに深く精通し、きわめて広範なテクニックを展開しているライバーが、いかなるものであれ、雄弁にして優美なる一定の調子を保ちつづけられないはずがないのは百パーセント確かだというのに。ときどきわたしは考えこんでしまいます。この二人の作家は自らの才能を過小評価しているのではないか、自身に対する自信を欠いているのではないか、と。あるいは、ファンタジーがシリアスに取り上げられることがほとんどないこの国のこの特異な時代状況が原因で、二人ともファンタジーを真面目に考えることを恐れているのかもしれない。

確かにフリッツ・ライバーの作品の訳は時と場合に応じて変わっていたような覚えがありますが... 日本語訳だけしか読んでないとそんな風にすごい人だとは、なかなか分からないわけで。そうだったのか。ちょっとびっくり。
あとは、「善」と「悪」の二勢力の単純な対立と思われがちな「指輪物語」において、たとえばエルフにはオークが、アラゴルンには黒い騎手が、ガンダルフにはサルーマンが、フロドにはゴクリが、というように輝かしく見える人物もそれぞれに黒い影を伴っているという話は、「ゲド戦記」の第1巻を思い起こさせて興味深かったし、他にも色々と「ほおお」と思う部分がありました。この場ではちょっとまとめにくいんですけどね。(岩波現代文庫)


+既読のアーシュラ・K・ル=グウィン作品の感想+
「闇の左手」アーシュラ・K・ル・グイン
「ゲド戦記」アーシュラ・K・ル=グイン
「夜の言葉」アーシュラ・K・ル=グウィン

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「夜の言葉」アーシュラ・K・ル=グウィン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.