「犬は本よりも電信柱が好き」吉野朔実

Catégories: /

 [amazon]
吉野朔実さんが「本の雑誌」に連載しているエッセイ漫画「吉野朔実劇場」の4冊目。これだけが市内の図書館の蔵書になくて読めなかったんですが、ようやく読めましたー。
これで既刊5冊全部読んだわけですが、今まで京都の話なんて出てましたっけ? 吉野朔実さんがそんなに京都がお好きとは知りませんでしたよぅ。東京から約2時間半、お一人でもお友達とでも気軽に行くし、もう何度行ったか分からないぐらいなんだとか。...でね、ここで吉野朔実さんは桂離宮に行くんです。本当は3ヶ月前から申し込まなくちゃいけないのに裏技で。いや、その裏技はどうでもいいんですけど! 私も今度桂離宮に行くんですよぅ、来月!紅葉の時期を狙って!(7月には修学院離宮に行きました... 来年は苔寺? 笑)
うわあ、なんていいタイミング。おかげで「京都マニア」の章を食い入るように読んでしまったじゃないですかー。えっ、「なかひがし」というお店は3ヶ月前から予約が必要って! 古伊万里好き好き♪ お店、行ってみたーい。桂離宮の近くにある和菓子のお店でお昼ご飯を食べたって、それは普通のお昼ご飯のメニューなんですか?! うぉー気になるぞーー。
そして、ここに紹介されてる京都の本は、全部読みます!読みますとも! と珍しくやる気を見せる私なのでありました。(笑)

えっと、今回ももちろん面白かったです。いつもよりも紹介本既読率が微妙に高かったかな? 「月下の一群」が無性に読みたくなっちゃった。田口俊樹氏がさりげに登場してるところに「きゃーっ」。そして今回は春日武彦さん、西田薫さん、山本充さんとの対談だったんですが、ニヤリとしてしまったのは、山本氏の

電車の中で何がいちばん読まれてるかはわかりませんが、僕の場合、おっ文学っぽいと思って覗くと村上春樹ということが多いですね。で、「やれやれ」と思う。(笑)

という言葉。で、本好きな人も村上春樹作品は読むけど、電車の中ではまず読まないとして、春日氏の言った理由が

恥じらってね。村上春樹を読むのが恥ずかしいんじゃなくて、それを覗いて「あ、村上春樹だ」ってわかるようなやつにいろいろ思われちゃうのが嫌なんだよ。

ってところに、さらにニマニマ。(笑)
あ、「ジャイアンツ・ハウス」の司書さんは、私は「すごくヤセてる」方に一票です♪(本の雑誌社)


+シリーズ既刊の感想+
「お父さんは時代小説(チャンバラ)が大好き」「お母さんは『赤毛のアン』が大好き」吉野朔実
「弟の家には本棚がない」「本を読む兄、読まぬ兄」吉野朔実
「犬は本よりも電信柱が好き」吉野朔実

| | commentaire(12) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「犬は本よりも電信柱が好き」吉野朔実 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(12)

秋の桂離宮とは羨ましいかぎりです。

>そして、ここに紹介されてる京都の本は、全部読みます!読みますとも!
>と珍しくやる気を見せる私なのでありました。(笑)

では、ツアコンは四季さんにお任せしますね♪
今回は私はのんびりとできそう(^^)

次のリクエストは、苔寺ですか(^^;
いろんなお寺を巡って煩悩を捨てて悟りを開いてきているはずなのに、欲望はつきませんね~。

こんにちは。コメント欄では「はじめまして」ですね。以前メールを頂戴したhachiro-86です。

桂離宮、いいですねー。苔寺も。でも私が一番気になるのはやっぱりその「お昼ごはん」ですが・・・・・・。煩悩丸出し・・・・・・。京都に行く前(3ヶ月前?)には要チェックの本ですね。

それにしても、
>本好きな人も村上春樹作品は読むけど、電車の中ではまず読まない

の春日ドクターの理由は納得ですが、電車=読書ルームの私としてはツライ指摘・・・・・・。「海辺のカフカ」なんて、ハードカバーの奴をカバーもつけずに読んでいた私の立場は? 京極夏彦の「弁当箱」本も別の意味で怪しかったかな? 綾辻行人の「殺人鬼」もやっぱりまずかったでしょうか・・・・・・? 

>それを覗いて「あ、村上春樹だ」ってわかるようなやつにいろいろ思われちゃうのが嫌なんだよ。

アハハ、すご-く面白いです^^
なんか心情は判るのですけどでも「いろいろ思われちゃう」って具体的にどう思われるように想像しているのかが気になります。センチメンタリストとか思われちゃうのでしょうか(笑
僕は電車で本を読んでいる人をみかけたら何読んでいるのかが気になりますが、ほかにも世にはそういう人がたくさんいるみたいなのでなるべくブックカバーをしないようにしています。
でも夏石鈴子の『バイブを買いに』をカバーなしで読むのはちょっと恥ずかしかったです^^

>あっこさん
もう、あっこさんてば~、何をおっしゃいますやら~。(笑)
でもいつもお任せしっ放しの私なので、今回は少し自分の頭も使いたいと思います。
いつもいつもすみませんっ。
まずは、ここに載ってた京都関係の本を読むぞー。
と言いつつも、実際に私がツアコンになると多分穴があきまくると思うので(←妙に自信が・笑)
その時はよろしくお願いしますね~♪

「なかひがし」は、銀閣寺近くのお店でした。調べたらお昼で5500円。
和菓子屋さんのお昼は、この時期は栗赤飯でした。
でもその2つより、前回行きそこなったおばんざいのお店が気になるんですが~。どうでした?

とりあえず調べてみますっ。

>hachiro-86さん
こちらでははじめまして。コメントを残してくださってありがとうございます。

いや、京都に行ったら、やっぱり美味しい京料理が食べたいですよね。煩悩丸出しでも何でも。(笑)
実際、美味しくて雰囲気も素敵なお店がとても多いですし~。
今からとっても楽しみ。あ、もちろん桂離宮も楽しみですよー!!(説得力まるでなし?)

電車=読書ルーム、分かります。私もずっとそうでしたもん。京極作品も、ノベルスが出るたびに電車で読んでたし…
その頃はあの分厚さの本はまだ他になかったので、分かる人には何を読んでるのか丸分かりだったはず。(笑)
今は電車じゃなくなっちゃったので、読書ルームがなくなってしまって残念… というか不便です。

村上春樹作品に関しては、私自身は特に特別な感情はなかったんですが(人が読むのも自分が読むのも)
色々思う人がいて面白いな~、と最近思ってたところなんです。
海辺のカフカ、文庫でなくハードカバーというところが、本当に読みたくて読んでるって感じでポイント高いです♪

>kyokyomさん
ねね、面白いでしょう?
「いろいろ」は、やっぱり「いろいろ」じゃないですか~?(笑)
私が最初に思ったのは、1つのスタイルとして春樹本を選んだって思われるのは癪だよな~
ってことでしたが、そういうのはどうでしょう?(笑)
日頃は本なんて読まない人でも村上春樹本は読んでたりするから
本当に春樹ファンの人が、「村上春樹読んでる」って言いにくくなっちゃうというのは大きいと思うんですよね。
今はどうか知らないですけど、一昔前はネコも杓子も村上春樹(龍も)って感じだったし。

kyokyomさんは、そういう理由でブックカバーをつけていないんですか。なんて親切な!
私は何の本か知られたくないというより、純粋に汚さないためにブックカバーをつけてるかな。
「バイブを買いに」は未読ですが、表紙を見るとこれは確かにちょっと躊躇っちゃいますね。(笑)

あれ? ツアコンって得意じゃないの??

「なかひがし」は銀閣寺の側のお店なんですねー。今度、別件で使わせてもらいますわ♪

おばんざいは嵐山の「ぎゃぁてぃ」ですね。夜のお味は美味しかったですが、ランチとなると"おばんざい"だからフツーなんじゃないかなぁ?
でも、あそこのランチタイムは混むよーー(^^;。しかも紅葉真っ盛りが予想されますからね。二人なら並ぶのもまた楽しからずや…ですが、夕方の桂離宮は時間が決まっているからねぇ。
和菓子のお店の方が場所的にも空いているかと。予約もできれば時間通りに動けますから。

別件… デート?(ニヤリ)

いや~、ツアコンは、前の仕事柄得意と言いたいところなんだけど…(笑)
うーん、そうですよね、お昼はやっぱり予約できた方がいいですね。
それほど時間に余裕があるというわけでもないんだし。
でね、和菓子屋さんは中村軒ってところなんだけど
http://www.nakamuraken.co.jp/
よくよく見てみたら、その日は定休日でした!(わはは)
なので、また別口で探してみまーす。またメールしますねっ。

わ~~、四季さん、こんばんは。
来月京都にいらっしゃるって、もう今月のことですよね。
桂離宮とはいいなぁ。ホント、なかなか予約がとれないですが、楽しんできて下さいね。
お茶される時、日時が合えばご一緒したいなぁ、、、って、あつかましすぎますよね。
以前お会いした時の 美しく優しげな四季さんが目に浮かびますーー

ワルツさん、こんにちは~。
そうなんですよ、桂離宮、今月です!
平日だけど紅葉の時期なので、結構な倍率だったみたいなんですが
なんとか取れました~。…とは言っても、一緒に行くお友達が取ってくれたんですけど。(^^ゞ

うわあ、お茶! それはぜひともお願いしたいところなんですが…!
今回は時間的に、前後ともちょっと慌しくなってしまいそうな感じなんですよね。
せっかくお会いするならゆっくりお話もしたいので、今回はごめんなさい… です。
でもほんとまたぜひお話させて頂きたいので(最近は暇さえあればピアノを弾いてるので、そのお話もしたくって)
次の機会には、どうぞよろしくお願いします。

でもでも、「美しく優しげな」は、ワルツさんにこそ相応しい言葉ですよ!
パールピンクの薔薇のイメージがぴったりですもの。^^

こちらこそ、突然の申し出に、丁寧なお返事下さって、どうも有り難うございます。
またお会い出来るのを楽しみにさせてもらいますね。(*^。^*)
桂離宮、素晴らしい美しさでしょうね。
私もまだ行った事がありません。
楽しんできて下さいね。

いえいえ、こちらこそせっかくだったのに…
ほんと、次回を楽しみにさせていただきますので♪
桂離宮は紅葉目当てなんですが、今年の紅葉はどうなんでしょうね。
近所でも、花水木だけは赤く色づいてるんですけど、普通の木はまだまだ…。
あ、でももちろん行けるだけでも嬉しいのですが~。
は~い、楽しんできますね♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.