「京都人だけが知っている」入江敦彦

Catégories: /

 [amazon]
「東京や大阪が基本的にそこで生まれ育った者たちによって紹介されるのに対し、京都は、なぜか京都人以外に語られることが多い」という京都について、京都人として語ってしまった、京都出身でロンドン在住のエッセイスト・入江敦彦さんの本。

先日読んだ吉野朔実さんの「犬は本よりも電信柱が好き」の「京都マニア」の章に紹介されていた本をくまなく読もう企画(なんやそれ)第1弾。入江さんの本、京都でバカ売れしてるらしいですねーと言う吉野朔実さんに対して、入江さんの答は「京都人は京都マニアですからね」というもの。これには思わずニヤリとしました。確かにその通りかもー。
京都人が書いた京都の本、確かに面白いです。「よそさん対策」のことを始めとして、京都人特有の論理にはなんとなく聞き知ってた部分も多いのだけど、愛憎相半ばするって感じながらも、そこここに京都人としてのプライドが見え隠れしてるのが面白かったし、もちろん知らなかった話もちょこちょこと。例えば、入江敦彦さんはお母さんに「平野さんに産んでしもうて私が悪かった」なんて言われたそうなんですが、その表現は全くの初耳! 平野さんというのは平野神社のことで、北野天満宮の先にあることから、「北野を越えて」=「汚のう肥えて」を掛けて不細工な人を意味する京言葉なんですって。これにはびっくり。
ただ、京都に関しての「憎」には屈折した(笑)愛情が感じられたからいいんですけど、その他の場所に対して、はっきり見下してるのが感じられてしまうのがちょっと... だったかな。別に私だって生粋の大阪人じゃないけど、その辺りには少々不愉快になりました。そんなこと今更強調されなくても、大阪が京都からも神戸からも「一緒にせんといて!」って思われてるっていうのは、前々から言われてることだし!
でもまあ、大阪と京都の仲の悪さについては、この本に書かれてる通りみたいですね。丁度近くにいた生粋の大阪人に、大阪人が京都人を嫌いって本当なのかと聞いてみたら、本当だと言ってました。「おー、ほんまやで。あいつら常識が通用せえへん。異国や異国。」ですって。えええ、そうなんだー。長年大阪に住んでるのに、全然知らなかった。まあ、全員が全員そう思ってるってわけでもないでしょうけど。まだまだ私も大阪人度が低いんだな。(笑)
ま、そんなこんなで色々思うところはあった本でした... が(笑)、全体的には面白かったです。そういえば、そろそろ千枚漬の季節ですね。食べたいなあ~。(洋泉社)


+既読の入り江敦彦作品の感想+
「京都人だけが知っている」入江敦彦
「京都人だけが食べている」「京味深々 京都人だけが食べている2」「京都な暮らし」入江敦彦

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「京都人だけが知っている」入江敦彦 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

四季さんごぶさたしてマス。

いちおう京都生まれで京都育ちなんですけど・・私はマニアではなさそうで・・。住んでるところにもよるのかな。
あ、あと私は大学のとき京都を出ちゃってるから、そのへん影響あるかも知れません。

あとね、きっと京都の中でも「格差」があって、それへの卑下とか見下しとかあるかも!
なんかいやーね(笑)
でもまあ、関東の友人たちに「京都? いいなぁ・・」と言われたら悪い気はしないですし、ヘンなプライドみたいなのもあるのかも知れませんね。なんてったって、千枚漬けすっごいおいしいデスから!

神戸人から見た京都人
男性「財布(※絶対的に、がま口)の中の1万円札を1センチ四方に畳んで、お金を支払う時にそれを丁寧に広げてから支払うのが至宝の時。」
女性「おっかねー。※色々な意味で…」

ですね(笑)。因みに京都人に「滋賀人です。」と言うのは、禁句らしい。。。そうそう、例のブツにようやく取り掛かりますデス。(^^♪

後、神戸の女は、見栄っ張りで、意地っぱり。神戸の男は、ええ『』しい。大阪の女は、情に厚く、大阪の男は、優しいけど両極端と言うのが、僕の京阪神観ですね。。<僕も含めて(笑)。

shosenさん、こんにちは~。お久しぶりです。^^

私みたいに非京都人から見れば、京都府の人はみんな京都人なんですけど(笑)
この本を読む限り、「京都」って実はものすごーく範囲が狭いみたいですね。
基本的には京都市内だけ。でもたとえば大原までいっちゃうと、もう京都とは思ってないようだし…
厳密には、北大路通り、東大路通り、西大路通り、九条通りで囲まれる範囲だけみたい。
入江さんご自身は西陣の出身だから、四条よりも南も京都とはあんまり思ってらっしゃらないようですが。
この辺りの生粋の京都人のプライドっていうのは、ちょっといやーんですね。(笑)
(でもこの表紙って、伏見稲荷ですよね…?? 笑)

どうやら全国で大阪人だけが、京都に対する憧れを持ってないようなんですが(笑)
その他の人にしてみたら、やっぱり京都って言ったら憧れの地ですよね~。
ほんと、千枚漬けはすっごく美味しいし! 毎年冬になると千枚漬け食べるのが楽しみなんです♪

>mkoさん
気が付いたらコメントが増えててびっくり!
あやうく見逃すところでした… あぶないあぶない。

京阪神観面白いですー。
大阪のおばちゃんは確かに情に厚いし(若い人も大阪のおばちゃんの予備軍だし)
神戸に関してはすごく納得!
京都に関しても、そんな話を聞いてしまうと本当にありそうな気がしてきます…
でもなんで「滋賀人」は禁句なんでしょう?
この本には、京都人を名乗りたがる人の代表として、滋賀と福井が挙げられてましたが…

例のブツ、どうぞよろしくお願いしますね。そろそろせっつかれ始めてます。(^^ゞ

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.