「京都人だけが食べている」「京味深々 京都人だけが食べている2」「京都な暮らし」入江敦彦

Catégories: /

   [amazon] [amazon] [amazon]
吉野朔実さんの「犬は本よりも電信柱が好き」の「京都マニア」の章に紹介されていた本をくまなく読もう企画第2弾。「京都な暮らし」は、実際は紹介されてなかったんですけどね。これは京都の四季折々の慣習や何かの本。
ということで、「京都人だけが食べている」「京味深々 京都人だけが食べている2」がメインだったわけなんですが、ああー、美味しそうでした! 美味しそうなお店がいっぱい紹介されてました。特に行きたくなったのは、吉野朔実さんも絶賛のなかひがし(懐石)かな。つるやの丼はやっぱり美味しそうだし、西陣江戸川のうな重も。新福菜館本店の炒飯のこの色もそそる... あと、わざわざ京都で?って感じもしますけど、吉加寿のお好み焼きや蛸虎のたこ焼きもちょっと試してみたくなったし、冷麺大好きの私としては、年中冷麺が食べられるという中華のサカイ本店にも行ってみたーい。お菓子関係では、松屋藤兵衛(和菓子)、緑寿庵清水(金平糖)、濱長本店(ところてん)辺り。そして生麩餅や麩饅頭目当てで中村軒と麩嘉。生麩大好きなんです。
 
でも、肝心の桂離宮付近のお店は、中村軒と隆兵そばしか載ってなくてざんねーん。(一応事前リサーチの一環ですから) どちらもその日お店がお休みなんですよぅ。中村軒の生麩餅食べたかったな。で、嵐山まで範囲を広げてみても、新八茶屋とサガパーというところしか載ってない... しかもこれは2つともソフトクリームのお店。私はソフトクリームは食べられないし。これはやっぱり、嵐山には「よそさん」相手のお店が多いってことかもしれないな。(実際多いんだけど)
文章のはしばしに見え隠れしてる京都人のプライドも、第三者として読めば面白いです。これで時々ふっと引きずり寄せられることさえなければ良かったんですけどね。...こればっかりは、わざわざ他の地方を引き合いに出さなくても京都万歳だけでいいじゃないですかーって言いたくなっちゃう。でもとりあえず、今回読む入江敦彦さんの本はこれでオシマイです。ああ、おなかいっぱい。ごちそうさまでした。(光文社知恵の森文庫・幻冬舎文庫)


+既読の入り江敦彦作品の感想+
「京都人だけが知っている」入江敦彦
「京都人だけが食べている」「京味深々 京都人だけが食べている2」「京都な暮らし」入江敦彦

| | commentaire(8) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「京都人だけが食べている」「京味深々 京都人だけが食べている2」「京都な暮らし」入江敦彦 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(8)

この中で食べたことがあるのは新福菜館、松屋藤兵衛の「紫野味噌松風 」ぐらいでした。
生麩は好みじゃないので、全然押さえてません(笑)

たこ焼き好きとしては「蛸虎」に興味があるのですが、場所が不便ですねぇ…(^^;

わあ、行ったことがあるんですね。いいなあ。
松屋藤兵衛の「紫野味噌松風」、美味しかったですか~?
このお菓子の端っこの切り落としが袋詰めで「福耳」として売られてて
それがまた味噌味が凝縮していて美味しいらしいんですよー。
でも所詮は切り落としで、それを目的として作るわけじゃないので
出てもすぐ売り切れちゃうんですって。

大阪のお好み焼き・たこ焼きとどんな風に違うのか食べ比べもしてみたい~。

大徳寺の龍源院・大仙院が好きなので、松屋藤兵衛には何度かお邪魔してます。クセのあることで有名な大徳寺納豆入りということで警戒しましたけど、お菓子の中に入るとアクセントとして食べやすくなっていて美味しかったです。福耳はもちろん買えるわけもなく、ちゃんとした部分でしたけどね(笑)

24(土)に行って買ってこようかなぁ…。

わあー、今度連れて行ってくださーい。
松屋藤兵衛も、大徳寺の龍源院・大仙院も。石庭大好き♪
で、もし運よく福耳があったら、一緒に食べましょう。

今日は。
緑寿庵清水の店の前の通りはいつも、ものすごく良い甘い香りがして、
通るたびに誘惑されてしまいます…笑。

実際、上品な甘さで美味しいですよ。


生麩は良いですよね!私も大好きです。

慮柳涼さん、こんにちは~。
そっか、涼さんは頻繁にあの辺りを通られるんですね。
いいなあ、私も甘い香りに誘惑された~い。
緑寿庵清水のサイトを見てて、ああ、そういえば以前mixiで某Kさんがその話をされてたなあ、と思い出しました。
注文発送もしてもらえるみたいだけど、やっぱり現地に行きたいです。

あ、生麩も美味しいですよね! 嬉しいなあ。お仲間~♪

今晩は。受験勉強の合間にお邪魔しますです。
なかひがし、京都にいる間に一度は行きたい店の一つです。

一度、何も知らない頃に立ち寄って、
予約制だと断られた経験が……。
で、卒業祝いに家族と行こうかと思ったものの、
予約受付開始日に速攻で埋まっていました。
流石、京都で一番予約が取りにくい店の一つ。
果たして行ける日が来るのやら。

わあ、鴻唯さん、お久しぶりです! お元気でしたか~?
その後いかがですか… って、まだ受験勉強の最中でしたね。
やっぱり大変ですよねえ。うむむ。
でも、いい結果が出ますように。その時は、ぜひ教えてくださいね!

そしてなかひがし。
やっぱりそんなにすごい予約でしたか。予約受付開始日に速攻で埋まってしまうとは…
卒業シーズンでいつもより多かった、なんてこともあるのでしょうか。
今度は合格お祝いの時に、になるといいですね。^^

ああ、私も行きたいなー。
他の予定を立てる前に、まず予約を取らなくちゃダメですね。
あとは、なかひがしに合わせた1日を送るべし、かな。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.