「わたしのメルヘン散歩」矢川澄子

Catégories: /

 [amazon]
文化出版局の「すてきなお母さん」誌に連載されていたというエッセイを1冊の本にまとめたもの。I章「本の中の子供」、II章「夢を追う子ら」に分けて、様々な児作家たちをとりあげています。I章で取り上げられているのは、女性作家。ローラ・インガルス・ワイルダー、エリナー・ファージョン、ヨハンナ・シュピーリ、ケート・グリーナウェイ、ルイザ・メイ・オルコット、ルーマー・ゴッデン、ビアトリクス・ポター、ジョルジュ・サンド、イーディス・ネズビット、セルマ・ラーゲルレーヴ、メアリ・シェリィ、ベッティーナ・フォン・アルニムの12人。II章で取り上げられているのは男性作家で、マーク、トウェイン、ルイス・キャロル、オスカー・ワイルド、ジュール・ヴェルヌ、ジョナサン・スウィフト、宮沢賢治、巌谷小波の7人。

児童文学論というよりも、これは作家論なんですね。19人の作家たちの生い立ちや家族に迫って、それが作品に与えた影響を考えていくエッセイ。この作家のうち、全然読んだことのないのは巌谷小波だけだったんですが、私ったら今まで作家のことなんて本当に何も知らずに読んできたんだなあと、ちょっと愕然としました。この中でも、特にファージョンやオルコット、ジョルジュ・サンド、キャロル、ヴェルヌ辺りは、何度読んだか分からないほど読み返しているのに! もちろんローラ・インガルス・ワイルダーの作品はそのまま彼女の歴史でもあるわけだし、ファージョンのように、「ムギと王さま」のまえがきで「本の小部屋」のことに触れていることから、読書一家の中で相当本を読んで育った人なんだろうなと想像できていた作家もいるんですが。

男性作家と女性作家と章が分かれてるんですが、特に女性作家の章が興味深かったです。例えば、ローラ・インガルス・ワイルダーの章。ローラの生活は、全て手作りです。家も家具も服も日用品も食べ物も全部手作り。外は荒々しい自然そのままの世界だけど、一旦家の中に入ってしまえば、そこはお母さんの手によってきちんと整えられていて、手作りの暖かさと家族の愛情で満ち溢れていて... そこがこのシリーズの人気の1つでもあるはず。でもそこで矢川澄子さんは

手作りの味わいはたしかに捨てがたい。ただしそれはあくまでも現代、二十世紀後半のわたしたちにとっての話であって、フロンティアの開拓者たちはかならずしもそう考えてはいなかったことをよくよく顧みなければならぬ。

と書いてるんですね。実際、この作品は1950年代から邦訳されていたらしいんですが、まだ戦後の荒廃の記憶も生々しい50年代にはあまり読まれることもなく、注目を集めるようになったのは、ようやく70年代になってからだったのだそう。確かに、戦後の窮乏を知っている人間にとっては、かなりキツい作品だったのかもしれませんね...。手作りを趣味として楽しむことができるなんて、確かに今の時代ならではのことと言えますし。このシリーズを読んだ時はまだ小学生だったから仕方ないんだけど、そんなこと全然考えてなかったなあー。
でもあの一連の作品の中で、ローラのお父さんが初めて脱穀機を使った時の言葉は、今でも鮮明に覚えてます。

機械ってものはたいした発明だよなあ! 旧式なやりかたのほうがいい連中は、かってにそうするがいいが、わたしは進歩派だよ。われわれはすばらしい時代に生きているんだ。

決して手作り・手作業信奉者じゃないんですよね。
ここで様々な作品の背景を知ってみると、その作家たちの作品がまた別の視点で味わえそうです。そうでなくても、子供の時の視点とはまた違う目で読めるでしょうしね。改めて、子供時代好きだった色んな本を読み返してみたくなっちゃいました。 (ちくま文庫)


+既読の矢川澄子作品の感想+
「わたしのメルヘン散歩」矢川澄子
「兎とよばれた女」矢川澄子

+既読の矢川澄子翻訳作品の感想+
「七つの人形の恋物語」「スノーグース」ポール・ギャリコ
「トンデモネズミ大活躍」「ほんものの魔法使」ポール・ギャリコ
「小鳥たち」アナイス・ニン
「フィオリモンド姫の首かざり」ド・モーガン
「風の妖精たち」「針さしの物語」ド・モーガン
「ザ・ロンリー」ポール・ギャリコ
「「きよしこの夜」が生まれた日」ポール・ギャリコ
「ゴッケル物語」クレメンス・ブレンターノ
「妖精の国で」W.アリンガム&リチャード・ドイル
「クリスチナ・ロセッティ詩抄」クリスチナ・ロセッティ
「タイコたたきの夢」ライナー・チムニク

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「わたしのメルヘン散歩」矢川澄子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

なつかしい!!
私が20代のころ読んでた本です。
・・年前だわ。

わー、そうでしたか!
この本、最初は新潮かどこかから出てたのに、一度絶版になって
去年辺りに、ちくま文庫から復刊されたらしいんですよね。
こういう本を絶版にしちゃうなんて、もったいないですね。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.