「木苺通信」竹下文子

Catégories: / /

[amazon]
満開の桜林の中でふるふると優しく鳴っている電話の音、夜になると赤・緑・紫・橙色と足元を淡く照らしてくれるランタン野菜、浅瀬で水浴びをしているオレンジ色のドラゴンたち、北の崖で見つけた白い貝から聞こえる音楽、銀河からじかに汲んだレモン・星ソーダ、夏の花の花びらの花火、雲のレストランの出す様々な雲の料理、家の中にいる人がすっぽりと夕焼けに包み込まれてしまう「夕焼け窓」... 木苺谷を舞台にした24の短編集。

sa-ki さんに教えていただいた本です。
とても短い話ばかりなんですけど、どれもとっても素敵! 年末のこの時期は何かとせわしなくなってきてるんですけど、読んでいるとそんな慌しい心がどんどん和らいでくるような気がします。舞台は木苺谷で、ちょっぴり不思議なことが起きたりもするので、これはきっと架空の世界なんでしょうけど... それでいて現実の世界の延長線上での話のようでもあって、なんだかどことなく懐かしいんですよね。不思議なことは起きるんだけど、それがとても淡いからなのかしら。読んでいると、びっくりするほどすんなりと受け入れられちゃう。
季節にそれぞれ「風の月」とか「氷の月」、「鳥の月」や「虹の月」、「芽の月」「葉の月」「花の月」「実の月」なんて名前がついてるところも素敵だし... たとえば風の月は3ヶ月ほども続く冬のことで、鳥の月はランタン野菜の季節を蒔く時期。星祭りや冬至祭、折り紙の船を飛ばす「船の日」なんていうのもあって、季節の移り変わりやその折々に感じられる色彩がとっても豊か。とっても静かなイメージなんだけど、柔らかくて美しいんです。どの話もとても良かったんだけど、今の季節がら、暖かみが感じられる話に特に惹かれたかな。とっても素敵な本なのに絶版だし、黒井健さんの絵を使った表紙の画像が出なくて本当に残念!(偕成社)


+既読の竹下文子作品の感想+
「風町通信」竹下文子
「木苺通信」竹下文子
「星とトランペット」竹下文子
「窓のそばで」「星占師のいた街」竹下文子
「むぎわらぼうし」竹下文子・いせひでこ

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「木苺通信」竹下文子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.