「蔵書票の美」樋田直人 「書物愛 蔵書票の世界」日本書票協会

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
蔵書票の本2冊。「蔵書票の美」の方は、蔵書票の由来に始まり、日本と西洋の違い、その歴史やデザインの変遷などを分かりやすく説明している本。実際の蔵書票の画像もたくさん収録されているし、巻末にはラテン語の金言・警句集なんかも入ってます。「書物愛 蔵書票の世界」の方にも、蔵書票の歴史なんかは書かれているのだけど、日本書評協会の本だけあって、日本人蔵書票作家の紹介にかなりのページが割かれていました。あと具体的な制作技法も。

蔵書票とは所蔵者を示す小票のこと。大抵は本の見返しなんかに貼って使います。日本でいえば、蔵書印みたいなものですね。日本のような和紙の柔らかい本には蔵書印を押すのが適していたんですけど、西洋の厚手の固い表紙をつけた本には蔵書票を貼る方が適していて、それで発展したのだそうです。本がとても高価だった時代には、必要に迫られて... だったんでしょうけど、この蔵書票のデザインが様々で、しかもとても素敵なので、今や本の所蔵を示すという本来の目的のためだけでなく、蔵書票を色々集めたいというコレクターを生んでるんですね~。あ、蔵書票に興味がある方には、長年仲良くして頂いてるいまむる嬢主催の蔵書票部というのもあります。→コチラ

子供の頃から蔵書印や蔵書票に憧れていた私。以前、高宮利行さんの「西洋書物学事始め」(感想)を読んだ時に蔵書票の章がとても面白くて、しばらく忘れていたその思いがふつふつと再燃してきてたんですよね。この本を読んでたらますますうずうずしてきて、画像ソフトでいくつか作ってみてしまいましたよー。本当は銅版画とか木版画とかで作った方が遥かに味が出るんでしょうけど、まあとりあえず。(右の画像です... クリックすると、ポップアップ画面で実物大となります)

そして今ものすごーく見て見たいのは、左の本。「黄金期の西洋蔵書票 Golden Age Exlibris ......Graphics of the Art Nouveau and Art Deco periods」です。アールヌーボーやアールデコは大好き。その時代の蔵書票をカラーで再現したという本は、いかにも素敵そうです。私好みかも。でもカラーだけあって、お値段は6300円! さすがに気楽にぽちっとしてしまうわけにはいきません~。(小学館ライブラリー・平凡社新書)

| | commentaire(6) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「蔵書票の美」樋田直人 「書物愛 蔵書票の世界」日本書票協会 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(6)

私も 蔵書評には 興味アリ!
少し 所持しているのに もったいなくて使えません。

検索したら どの本も図書館に所蔵。
こりゃぁ 借りなくっちゃ。

ぅおっ!
四季さんの蔵書票素敵!
そのうち、わたくすのヘッポコなんと交換してくださいましー。
蔵書票部も紹介してくださってありがとうございます!

黄金期の西洋蔵書票・・・うぅぅ、見たい!

>紅子さん
おおー、紅子さんもお好きでしたか。
紅子さん、製本用具も一式持ってらっしゃるって仰ってましたものね。
やっぱり蔵書票とは繋がる部分があるのでしょうね~♪

えっとね、新書の2冊では「蔵書票の美」の方が読み物として面白いです。^^

>いまむる嬢
わ、素敵だなんてありがとうございます。^^
とりあえず3つ画像を作って、これはそのうちの1つなんです。
でもこれをどうやって印刷するかが問題…
プリンターで印刷するだけだと味気ないし、刷り上ったら名前のハンコを押そうかな~
なんて思ってるんですが、いつになることやら…。(^^ゞ
いまむる嬢の蔵書票、見せていただくのが楽しみです!!

「黄金期の西洋蔵書票」、ソソりますよね。1冊いかがですか~?
(んで、買ったら見せてください ←果てしなく厚かましい・笑)

私は蔵書票というものの存在を知りませんでした(笑
ところが、うちの本を見ていると、蔵書票がついてるものが、いくつかありましたw

古本屋さんで、蔵書票を作ってるとこがあるんですね。
よく行く「萩書房」さんは、インド風でかわいいです。
蔵書票だとはがせるので、古本の売買には向いてるみたい。

その記事をアップしようと写真も撮ってあるのですが、たら本が始まったので、また後日書きますね。
じつは「過去カラ来タ未来」のとこでも、四季さんの記事にからめて、書きたい記事があるけど、思いのほか、難航していますw
もう今年もわずかしか残ってないので、来年になっちゃいそうです(汗

えー、overQさんにもご存知ないことが… それはびっくり。
でも、実際には見てらしても、特に注意を払ってらっしゃらなかっただけなんですね。
おうちの本に蔵書票がついてるなんて素敵~。
萩書房さん、恵文社さんの近くの本屋さんなんですね。
インド風というのもいいですねえ。インド風、大好きなんです。
検索してみたらサイトはあるのに、蔵書票は載ってなくて残念!
あ、恵文社さんにも蔵書票は置いてありますよん。サイトにも載ってました。

記事では萩書房さんの蔵書票も見れるのでしょうか?
overQさんのおうちの本に貼られてる蔵書票も、拝見するのが楽しみです!!

「過去カラ来タ未来」の記事も、楽しみにしてますね~。
私はあっさりとした本の感想ですけど、overQさんはどんな切り口から書かれるのかワクワク♪
のんびり首をなが~くしてお待ちしております。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.